イギリスGPにアルファロメオのGPカー「ティーポ 159“アルフェッタ”」が凱旋

アルファロメオ・ティーポ159_メイン

Alfa Romeo Tipo 159 “Alfetta”

アルファロメオ ティーポ159“アルフェッタ”

 

 

ファンジオが乗った傑作がシルバーストーンを走る

 

今週末、由緒ある英国のシルバーストーン・サーキットでイギリスGPが開催される。

 

決勝前に行われるパレードランで、1950年の同グランプリで初優勝を飾ったアルファロメオが、その栄誉を祝して“アルフェッタ”の愛称で知られるティーポ159を走らせる。ドライバーを務めるのは、現在アルファロメオ・レーシング・チームに所属するキミ・ライコネン。

 

アルファロメオ・ティーポ159_エンジニア

アルファロメオ・ティーポ159

 

アルファにF1の栄光をもたらしたアルフェッタ

 

ティーポ158は、ジュゼッペ“ニーノ”ファリーナをドライバーに擁し、1950年5月13日にF1グランプリ初優勝を同社にもたらした傑作。1950年に11のレースを制し、ジュゼッペ・ファリーナをF1チャンピオンとして輝かせた。1.5リッターの直列8気筒スーパーチャージドユニットを搭載したティーポ158は、最高出力350hp/8500rpm、最高速181mphを記録した。

 

アルファロメオ・ティーポ159_ヒストリー

アルファロメオ・ティーポ158(1950年)

 

ファンジオの勝利を後押ししたティーポ159

 

翌1951年のシーズンに向けて、アルファロメオはティーポ158をさらに進化させたマシンを開発。それがティーポ159だった。最高出力は425hp(マックス450hp)/9300rpmにアップ、最高速は195mphを超えていた。同年、最終戦のスペインを含め3戦を制したファンジオの手により、世界チャンピオンを獲得。その年をもってアルファロメオはF1から撤退、“アルフェッタ”はついに不敗のまま歴史を終えている。

 

今回パレードに用いられるティーポ159は、普段はミラノ・アレーゼにあるアルファロメオ歴史博物館に展示されている。