BMW 2シリーズ初のグランクーペ、走行テストは最終段階へ突入

2019/07/25 06:30

BMW_2シリーズ・グランクーペ_テスト_走り_フロント

ライバルはメルセデス・ベンツCLA

 

BMWは上位車種で大きな成功を収めてきた4ドア・クーペのコンセプトを小型車にも展開する。

 

プレミアム・コンパクト分野へ新たに参入するBMW 2シリーズ・グランクーペが開発の最終フェーズに入った。“グランクーペ”を名乗るとおり4ドアのコンパクトクーペであり、メルセデス・ベンツCLAがライバルと想定される。

 

BMW_2シリーズ・グランクーペ_テスト_走り_サイド右

 

11月のLAショーで世界へお披露目

 

カモフラージュで偽装を施された車両は、現在ミュンヘン地区をテストドライブしながら最終調整を行っている。フロントドア部分には巨大なQRコードを掲げており、スマートフォンなどで読み取ると新型車の最新情報を掲載する公式サイトへつながる。プロモーションを兼ねたテストドライブなのだ。

 

ワールドプレミアは2019年11月に実施されるロサンゼルス・オートショーを予定。2020年春から各市場へ導入を開始するという。

 

BMW_2シリーズ・グランクーペ_テスト_置き_俯瞰

 

基本コンポーネントは新型1シリーズと共有

 

前輪駆動の2シリーズ・グランクーペは、先日発表されたばかりの新型1シリーズと技術的コンポーネントを共有する。

 

技術的ハイライトのひとつが、i3 Sから導入されたARB(near-actuator wheel slip limitation:アクチュエーター連動ホイールスリップ制限機構)の採用。FWD特有のアンダーステアを大幅に軽減して、BMWらしい挙動を生み出すのが目的だ。制御機構自体はエンジンコントロールユニットと直結し、横滑り防止装置DSCとは別の回路とすることで、より自然で素早い制御を可能とした。制御速度は従来の3倍、体感ではレスポンスが10倍は速く感じられるという。

 

さらに、ブレーキを用いるBMWパフォーマンス・コントロールと呼ぶヨーモーメント制御と併用することで、よりダイレクトな運動特性を生み出している。

 

306psを発揮する最強の直4ユニットを搭載する高性能グレードには、前輪側に新開発のトルセンLSDを装備し、さらにスポーティなハンドリングを実現したという。

 

BMW_2シリーズ・グランクーペ_テスト_走り_リア

 

新しい2シリーズ・グランクーペは、依然セダン人気の強い都市エリアなどを中心にグローバル展開を目指している。

 

 

【関連リンク】

・BMW 2シリーズ・グランクーペ公式ティザーサイト(英語)

https://www.bmw.com/en_CC/bmw-models/2-series-gran-coupe.html