自然吸気からターボへ「フェラーリ458&488」シリーズ(2009-2018)【フェラーリ名鑑】

フェラーリ458イタリア_09

2009年9月「458イタリア」デビュー

 

それまでのF430に変わるニュージェネレーションの8気筒モデルとして、フェラーリが「458イタリア」をワールド・プレミアしたのは、2009年9月に開催されたジュネーブ・ショーでのこと。すでにそれ以前から、現在では定番ともなったティーザー戦略で、ジュネーブで何か大きなニュースがフェラーリから発信されることは明らかにされており、それはおそらくF430に続く8気筒ベルリネッタだろうということは、そのネーミングやスペックを除けば十分に予想できた。そのぶんデビュー時に感じた衝撃は、やや小さかったのかもしれない。

 

フェラーリ458イタリア_07

 

実際にジュネーブで初対面した458イタリアが非常に斬新で新しさを感じたモデルに見えたのは、やはり特徴的なヘッドランプで強い個性を発揮したフロントマスクによるところが大きかった。フロントグリルの両サイドに設けられるエアインテークは、ラジエーター等の冷却という機能をもつと同時に、それ自身が弾性ウイングレットとして機能し、高速走行時には変形してダウンフォースを発生させる仕組みだ。フェラーリによれば、200km/h走行時のダウンフォースは140kgとされる。

 

フェラーリ458イタリア_11

 

DCTに改められたトランスミッション

 

ミッドに縦置き搭載されるエンジンは、458という車名が示すとおり4497ccのV型8気筒DOHC(自然吸気式)。組み合わせられるトランスミッションは、前作のF430まではシングルクラッチ式だったが、この458イタリアに至り、ついに7速F1マチック=DCT(デュアルクラッチ・トランスミッション)に進化を遂げている。シングルクラッチでは、いかにクラッチの切断時間が短くなったとはいえ、それは厳密にはゼロでないから、例えばコーナリング中にパドルを引いてシフトするような場面には抵抗を感じることがあったのは事実。それがDCTを得た458イタリアでは、躊躇なくシフトできるようになったのだ。ちなみにミッドのV型8気筒エンジンの最高出力は570psを発揮した。

 

フェラーリ458スパイダー_04

 

リトラクタブル・ルーフを採用した「458スパイダー」

 

2011年のIAA(フランクフルト・ショー)では、新たにオートマチックのリトラクタブル・ルーフを採用した「458スパイダー」が発表された。ウエイトはクーペのイタリア比でプラス50kg、ボディの捻じり剛性は35%の低下を強いられるが、その優雅なスタイリングで販売は好調だった。

 

フェラーリ458スペチアーレ_08

 

また2013年には、この458世代のスペシャルモデルに相当する「458スペチアーレ」、2014年にはそのオープンモデルとなる「458スペチアーレ アペルタ」が誕生。後車は499台の限定車として発売された。

 

フェラーリ488GTB_04

 

本格的なターボ時代を実感させた「488 GTB」

 

348からF355へ、そして360からF430へ。この前例を考えれば、フェラーリが458イタリアにビッグマイナーチェンジを加え、ひとつの世代における驚異の進化を果たすだろうことは誰もが予想できた。そしてその予想は、2015年のジュネーブ・ショーにおいて「488GTB」として現実のものとなる。458のシルエットをそのまま継承しつつも、リアフェンダー周りのデザインは、かつての308世代のそれにインスピレーションを得て、大胆な造形に変化。また、フロントノーズにはF1マシンのウイングにインスピレーションを得たデザインが採用された。

 

ちなみに、このとき同時に注目されたのは、この488GTBが発表される直前に、長年にわたりフェラーリを成功へと導いた、ルカ・ディ・モンテゼモーロ氏が同社の会長を退いたこと。その影響にもメディアの興味は集中していた頃だった。

 

フェラーリ488GTB_09

 

670psを発揮するV型8気筒ツインターボ

 

488GTBのエンジンは、実に670psもの最高出力を発揮する3902ccのV型8気筒ツインターボ。前身の458イタリアでは総排気量+気筒数だった車名の数字は、この488では1気筒あたりの排気量へと再び改められた。ターボに使用されるコンプレッサーホイールを低比重のチタンアルミ合金製に、またボールベアリングの採用やツインスクロール化といった技術による優れたレスポンス性も、488GTBに展開されたターボ技術の特長だ。さらに2015年のフランクフルト・ショーでは「488スパイダー」がデビューした。

 

フェラーリ488ピスタ_02

 

その後、2018年にはスペシャルモデルの「488ピスタ」、「488ピスタ スパイダー」も台数を明らかにせず生産を開始。それらは今後、貴重なコレクターズアイテムとなることも間違いないだろう。

 

 

【SPECIFICATION】

フェラーリ 458 イタリア

年式:2009年

エンジン:90度V型8気筒DOHC(4バルブ)

排気量:4497cc

最高出力:419kW(570ps)/9000rpm

最大トルク:540Nm/6000rpm

乾燥重量:1380kg

最高速度:325km/h

 

フェラーリ 458 スパイダー

年式:2011年

エンジン:90度V型8気筒DOHC(4バルブ)

排気量:4497cc

最高出力:419kW(570ps)/9000rpm

最大トルク:540Nm/6000rpm

乾燥重量:1430kg

最高速度:320km/h

 

フェラーリ 458 スペチアーレ

年式:2013年

エンジン:90度V型8気筒DOHC(4バルブ)

排気量:4497cc

最高出力:445kW(605ps)/9000rpm

最大トルク:540Nm/6000rpm

乾燥重量:1290kg

最高速度:325km/h以上

 

フェラーリ 458 スペチアーレ A

年式:2014年

エンジン:90度V型8気筒DOHC(4バルブ)

排気量:4497cc

最高出力:445kW(605ps)/9000rpm

最大トルク:540Nm/6000rpm

乾燥重量:1340kg

最高速度:320km/h以上

 

フェラーリ 488 GTB

年式:2015年

エンジン:90度V型8気筒DOHCツインターボ

排気量:3902cc

最高出力:492kW(670ps)/8000rpm

最大トルク:760Nm/3000rpm

乾燥重量:1370kg

最高速度:330km/h

 

フェラーリ 488 スパイダー

年式:2015年

エンジン:90度V型8気筒DOHCツインターボ

排気量:3902cc

最高出力:492kW(670ps)/8000rpm

最大トルク:760Nm/3000rpm

乾燥重量:1420kg

最高速度:325km/h

 

フェラーリ 488 ピスタ

年式:2018年

エンジン:90度V型8気筒DOHCツインターボ

排気量:3902cc

最高出力:530kW(720ps)/8000rpm

最大トルク:770Nm/3000rpm

乾燥重量:1280kg

最高速度:340km/h

 

フェラーリ 488 ピスタ スパイダー

年式:2018年

エンジン:90度V型8気筒DOHCツインターボ

排気量:3902cc

最高出力:530kW(720ps)/8000rpm

最大トルク:770Nm/3000rpm

乾燥重量:1380kg

最高速度:340km/h

 

※すべてメーカー公表値

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)