新型ポルシェ 718 スパイダー初試乗! 抜群の軽快感で魅せるハードコアモデル

ポルシェ718スパイダー_レッド走り1

Porsche 718 Spyder

ポルシェ 718 スパイダー

 

 

原点回帰しハードコア志向の718スパイダー

 

2代目ボクスター、タイプ987の後期型の時代に最初のモデルが登場したボクスター スパイダーは、ソフトトップを簡素化した手動開閉式のものへと改め、エアコンレスを標準とするなどして軽量化を図ったプリミティヴなロードスターであった。

 

タイプ981前期型では、同時期に登場したケイマンGT4と同じ3.8リッターフラット6を搭載する一方、トップの開閉が幾分かは手間がかからなくなり、エアコンも標準装備とされるなどややマイルド化が図られていたが、新たにボクスターの名が外れ、718スパイダーと呼ばれるその後継車は、再びハードコア志向のモデルへと変身して、我々の前に姿を現した。

 

 

新開発のNAボクサーシックスは400psを発生

 

まずパワーユニットには、718ケイマンGT4と同じく新開発の水平対向6気筒4.0リッター自然吸気ユニットが与えられた。8000rpmまで回る高回転型の設計、そして最高出力420ps、最大トルク420Nmというスペックも共通。フラットエンジン初のアダプティブシリンダーコントロールと呼ばれる気筒休止システムも採用されている。

 

このエンジンとタイプ992用の3.0リッターツインターボは「9A2エヴォ」の型式名で呼ばれる。991用の「9A2」に対して、ピエゾインジェクターを使用した燃料系の採用が大きな違いとなる。ちなみにGT3用は「9A1」ファミリーということで、最新レベルの効率性、クリーン性を求めての新開発という側面もあるようだ。

 

トランスミッションは、こちらも6速MTのみ。向上したパワーとトルクに合わせてインナーパーツは新設計とされている。PDKは開発中。まずどちらを優先するかという段で、MTが先になったのだという。

 

 

シャシーのパーツは911GT3と多くが共通

 

従来と大きく異なるのがシャシーである。実は今回の718スパイダーから、その管轄がGTモデルラインへと移され、シャシーも718ケイマンGT4と共通化されたのだ。

 

具体的には、フロントサスペンションの多くのコンポーネンツを可能な限り911GT3から流用し、リヤサスペンションもサブフレームやアーム類に至るまで、この2車の専用設計としている。聞けば、前後のスプリングレートまで718ケイマンGT4と変わらないという。驚いたが確かに両車、実は車重は1420kgと変わらないのである。

 

マフラーサイレンサーを鞍型とすることで実現した、リヤバンパー下面への大型ディフューザーの搭載も、やはり共通だ。但し、リヤスポイラーは718ケイマンGT4のような固定式ではなく120km/hを境に自動で昇降する電動格納式とされる。この辺りは、スパイダーとしての美しいデザインが優先されたのだろう。

 

 

718ケイマンGT4とは異なるアピアランス

 

フロントまわりをよく見ると、これとバランスを取るためにリップスポイラーが718ケイマンGT4よりやや短くなっていることが解る。それでも、このディフューザーの採用により、ボクスター系モデルとして初めてリヤにダウンフォースがかかるようになったという。

 

現行718シリーズに倣った前後のライトまわり、新デザインのバンパーなどが与えられてはいるが、スパイダーとしての基本的なフォルムは従来と変わらない。ヘッドレスト後方パワーバルジのような盛り上がりがボクスターとの違いをアピールしていて、非常にスポーティ、そしてスタイリッシュだ。

 

 

クローズ時のソフトトップは後方に向けてテンショナーフィンが伸ばされたかたちで、ウインドスクリーンはビニール。いかにもシンプルで軽そうなデザインは閉じた姿も個性的に演出しているが、これはスパイダー。正装はやはりオープン状態と考えるべきだろう。

 

開閉はロック以外すべて手動。開けるにはロックを外したら車外に出て、テンショナーフィンの部分を折り畳んだら、リヤリッドを開けてソフトトップを収納し、リッドを閉める。ふたりでなら5分も見ておけばいいが、ひとりの時は雲行きには常に気を配っていた方がいいかもしれない。

 

 

ポルシェのGTモデルらしい剛性感に溢れた走り

 

エンジンを始動し、ゆっくりと走り出す。低速域ではエンジン音、排気音は控えめで、ヒュンヒュンという補機類の音がよく聞こえてくる。つい、空冷時代のフラット6を思い出した。

 

静かなのはガソリン微粒子フィルター付きということもあるが、2020年以降の騒音規制に対応した結果でもある。回せば、ヌケ感はそこそこながら低音が強調された悪くないサウンドが響いてくるから、回す意味は未だ十分にあると言っていい。

 

思い切りアクセルを踏み込み、カチッと確実な手応えの、そしてショートシフター入りで手首の返しで決まる6速MTを操作してシフトアップしていくのは理屈抜きの快感。但し、8000rpmまで回し切れる舞台は一般道ではそうそう無さそうだから、逆にストレスが溜まらないか心配になってしまう。

 

 

主に一般道を走っている際、時々その排気音が微妙に変化することがある。これは低負荷時に、水平対向エンジンには初採用の気筒休止システム、アダプティブシリンダーコントロールが作動している時で、インジケーターなどは無いが若干不協和音的な響きとなるので、作動したとすぐに解る。好みではないと感じたらアイドリングストップをオフにすればこちらもオフになる。

 

フットワークも素晴らしい出来栄えだ。ステアリングはいかにもポルシェのGTモデルらしく剛性感たっぷりの手応えを返し、操舵と同時に間髪入れずほぼロールを感じさせることもなく向きが変わる。軽快感は抜群だが、それでいてスタビリティも盤石で、様々な路面、天候、ペースで走り回ったが、不安になるような場面にはまったく遭遇しなかった。それどころか、どんどんペースが上がってしまったほどだ。

 

718ケイマンGT4とスプリングレートまで同じだということで不安だった乗り心地も、もちろんソフトとは言わないが、十分に快適と言えるものになっていた。前作ボクスター スパイダーとは異なり、PASM(ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム)が標準装備となったのも大きいに違いないが、ボディはミシリとも言わなかったのだから大したもの。十分、デイリーユースに供することができるだろう。

 

 

718ケイマンGT4と718スパイダーを比較すると・・・

 

718ケイマンGT4ともども、従来より価格は大幅に上昇しているが、特にこの718スパイダーについては、エンジンが変わっただけでなくシャシーがGTモデル用とされているだけに納得度は高い。個人的な話をすれば、事前には718ケイマンGT4に心惹かれていたのに、実際に両車を試したあとにはこの718スパイダーの方に大きく気持ちが傾いてしまった。自分のクルマでサーキットに行くことはないという人ならこの快感、試してみる価値はある。

 

911スピードスターは限定で価格も凄まじく高いが、とりあえずこの718スパイダーについては限定とはされず、のちにPDKが追加されるという話からも解るように、それなりの期間販売されそうな気配だ。限定ではないと書いたが、もちろん大量生産でもないだけに、人気が過熱するのは、やはり間違いないだろう。

 

REPORT/島下泰久(Yasuhisa SHIMASHITA)

 

 

【SPECIFICATIONS】

ポルシェ 718 スパイダー

ボディサイズ:全長4430 全幅1801 全高1258mm

ホイールベース:2484mm

トレッド:前1538 後1534mm

車両重量:1420kg

エンジン:水平対向6気筒DOHC

総排気量:3995cc

ボア×ストローク:102.0×81.5mm

最高出力:309kW(420hp)/7600rpm

最大トルク:420Nm/5000-6800rpm

圧縮比:13.0

トランスミッション:6速MT

駆動方式:RWD

サスペンション形式:前後ストラット

ブレーキディスク(ディスク径):前後ベンチレーテッドディスク(前380×34mm 後380×30mm)

ブレーキキャリパー:前後6ピストン

タイヤサイズ(リム径):前245/35ZR20(8.5J)後295/30ZR20(11J)

車両本体価格:1215万円(消費税8%込)

 

 

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ公式サイト

https://www.porsche.com/japan/