世界に1台の“最新の空冷911”を作るシンガー社がモントレーで10周年を祝う

公開日 : 2019/08/08 06:30 最終更新日 : 2019/10/07 15:27


シンガー・ビークル・デザイン_10周年_モンテレー_イメージ4

Singer Vehicle Design

シンガー ビークル デザイン

 

 

クラシックカーの祭典で10周年を祝う

 

ポルシェのナローや964などのクラシカルな911ボディの中に、最新のメカニズムを組み合わせてビスポーク・ポルシェを作るカリフォルニアのデザインハウス「シンガー ビークル デザイン」。今年で創業10周年を迎えた同社は、8月9日〜18日に開催されるモンテレー・カー・ウィーク2019で節目を祝した記念展示を行う。

 

「シンガー・ビークル・デザイン」がモンテレーで初めてレストア車両を展示したのは、ちょうど10年前の2009年。これまでに150台の作品を世界中の顧客へ届けてきた。今年のモンテレーには、顧客のめいめいが自分好みに仕上げた20台超のシンガーが集合する。

 

シンガー・ビークル・デザイン_10周年_モンテレー_イメージ1

 

シンガーが手がけた最初の1台もオークションに

 

「シンガー ビークル デザイン」はカリフォルニア州サンバレーの一角にある小さな工房で、1台の空冷911のレストアをスタートしたことから始まった。彼らの信条は自動車界のアイコンともいえるデザインを21世紀にふさわしく最適化すること、伝統と最先端を本当の意味で繋ぎあわせること、そしてダイナミクスと美的観点のいずれにも妥協を許さないこと。

 

同社曰く、この10年で「Reimagination(別の視点から考え直す、の意から転じてリメイク、レストアの新しい表現として使われている)」という言葉がクルマの辞書に加わり、「Singerize(Singerにする)」という動詞さえ生まれたという。

 

シンガー・ビークル・デザイン_10周年_モンテレー_イメージ2

 

自動車産業界をぐるり見まわしてみると、確かにヘリテージカーに対する人々の関心は再燃しているようで、フェラーリ・クラシケやランボルギーニ・ポロストリコなど、メーカー自らレストア部門を立ち上げる例も増えている。

 

「シンガー・ビークル・デザイン」の創業者でありクリエイティブ・ディレクターも務めるロブ・ディキンソンは説明する。

 

「自動車産業全体は、いまReimaginationの時代に入っているように思います。これからの10年も、我々は過去と未来を讃えながら、新しいアイデアを生み出し、革新を起こし続けていくつもりです」

 

シンガー・ビークル・デザイン_10周年_モンテレー_イメージ3

 

また、8月16日に開催されるグッディング&カンパニー主催のオークションには、同社が初めて手がけたレストア車両が出品される。