ランボルギーニ、モントレーでアヴェンタドール SVJ 63 ロードスターなどを公開

公開日 : 2019/08/19 14:55 最終更新日 : 2019/08/19 14:55

ランボルギーニ_アヴェンタドールSVJ63ロードスター_フロントスタイリング

Lamborghini Aventador SVJ 63 Roadster

ランボルギーニ アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター

 

 

アヴェンタードールとウラカンに特別な限定モデル

 

ランボルギーニは、アメリカで行われたモントレーカーウィーク2019において、フラッグシップスポーツの限定仕様「アヴェンタドール SVJ 63 ロードスター」を公開した。ランボルギーニが設立された1963年にちなみ、アヴェンタドール SVJ 63 クーペに続き63台が限定生産される。

 

また、耐久レースシリーズにおける数々の勝利を記念した「ウラカンEVO GT セレブレーション」も発表。ウラカンGT3 EVOが2018年から2019年シーズンにかけて、デイトナ24時間レースとセブリング12時間レースというメジャーレースを含む、世界中のGTレースにおいて36勝を記録したことを受けて36台が限定で販売される。また、この“36”という数字はフロリダ36時間レースにも掛けられているという。

 

 

専用のカーボンファイバー製パーツを数多く採用

 

アヴェンタドール SVJ 63 ロードスターには、ランボルギーニの開発部門チェントロ・スティーレと、カスタマイズ製作部門のAdペルソナムによるコラボレーションにより、8種類の特別なカラーの組み合わせが用意された。

 

アヴェンタドール SVJ ロードスターをベースに、ルーフ、エンジンカバー、エンジンエアベント、ウインドスクリーンリム、ドアミラーに専用のカーボンファイバー製パーツを採用。カーボンはマット仕上げ・光沢仕上げからチョイス可能だ。足元にはマットチタニウム加工のレイリオン鍛造ホイールを履き、“1 of 63”と描かれた、シリアルナンバープレートも配されている。

 

インテリアは3色のアルカンターラに、ランボルギーニが特許を取得した軽量カーボンファイバー製パーツが組み合わせられた。ステアリングホイールとリヤバルクヘッドには、限定モデルであることを示す“63”のバッジが装着される。

 

 

限定台数を示す“63”のロゴを内外装に配置

 

今回、モントレーカーウィークで公開された仕様は、ペブルビーチの芝生に合わせて、マットグレーのボディカラーにカーボンファイバー製エレメントのコンビネーションをチョイス。ここに印象的なアランチョ・オレンジの“63”というナンバーがボンネット、左右ドアに描かれた。

 

一方、インテリアはジョルジョ・オクタンスとジョルジョ・クロヌスという2種類のグレーに、アランチョ・オレンジのアルカンターラを採用。ここでも印象的にカーボンファイバー製パーツが使用された。また、カーボンファイバー製スポーツシートには、印象的なホワイトのQ-Cituraダイヤモンドステッチ加工が施され、シート後方のバルクヘッドにも“63”のロゴが配されている。

 

 

すでに限定生産分の63台は完売

 

ベースとなったアヴェンタドール SVJロードスターは、SVJクーペの並外れたパフォーマンスやハンドリング、優れたエアロダイナミクス性能を受け継いだオープンモデル。クーペはニュルブルクリンク・ノルドシュライフェで生産モデル最高タイムを記録しており、その高い性能を証明している。

 

最高出力770ps(566kW)、最大トルク720Nmを発揮する6.5リッターV型12気筒エンジンを搭載。パワーウェイトレシオは2.05kg/psという抜群のスペックを誇る。0-100km/h加速は2.9秒、0-200km/h加速が8.8秒、最高速度は350km/h以上。100km/hから静止までの制動距離は31mとなっている。

 

アヴェンタドール SVJ 63 ロードスターは、すでに限定63台がソールドアウトしており、2020年中のデリバリーを予定している。

 

 

Lamborghini Huracan EVO GT Celebration

ランボルギーニ ウラカンEVO GT セレブレーション

 
36勝を記録したウラカンGT3 EVOをオマージュ

 

「ウラカンEVO GT セレブレーション」は、世界中の耐久レースやGTシリーズで活躍するウラカンGT3 EVOへのオマージュとして登場した。ウラカンGT3 EVOは、2年連続でデイトナ24時間レースとセブリング12時間レースで勝利。前述のように2018年から2019年にかけて世界各国で開催されているレースシリーズにおいて36勝を獲得した。

 

今回発表されたグリーンとオレンジのボディカラーの組み合わせは、ランボルギーニにGTレースにおけるいくつもの勝利をもたらしたGRTグラッサー・レーシング・チームのカラーリングを思わせるもの。今回、Adペルソナムとチェントロ・スティーレと共同で3つのニューカラーを開発。すでに用意されている3色との組み合わせにより、9種類のカラーリングから選ぶことができる。

 

 

デイトナ24時間とセブリング12時間での2連覇を記念

 

レーシングカーのナンバープレートにインスパイアされた、6角形に囲まれた“11”のナンバーをボンネットと左右ドアに配置。足元に奢られた20インチ・センターロックホイールとカラードブレーキキャリパーがレーシーな雰囲気を醸し出している。

 

ボディサイドには“Daytona 24”と“Sebring 12”のプレートが配置され、ドライバー側Bピラーには、“1 of 36”と刻印されたカーボンファイバープレートも装着される。また、リクエストに応じてランボルギーニのレース部門であるスクアドラ・コルセ製シールドのボディ装着や、ルーフにアメリカとイタリア国旗、リヤフェンダーに勝利を示す月桂冠のステッカーを入れることも可能だ。

 

この限定仕様のウラカンEVO GT セレブレーションは北米市場のみでの販売となり、2020年初頭のデリバリーを予定している。