ハイブリッド時代に突入「ラ フェラーリ&SF90ストラダーレ」(2013-2019)【フェラーリ名鑑】

フェラーリ図鑑_ラ_フェラーリ_スタイリング_01

システム出力963psを実現した「ラ フェラーリ」

 

フェラーリの生産台数は年々増加の傾向にあるが、その一方で気になるのはいつ1万台を突破するかだろう。なぜならこの1万台という数字は、少量生産メーカーとしてみなされるかどうかのラインであり、それを超えた場合には、フェラーリもCO2排出規制を受けることになるからだ。かつて同社の会長職にあったルカ・ディ・モンテゼモロは、プレミアム・ブランドとしてのバリューを保つための生産台数の上限は7500台程度だろうと語っていたが、現在の数字はそれを超えて1万台を意識しなければならなくなっている。

 

フェラーリ図鑑_ラ_フェラーリ_スタイリング_06

 

この厳しいCO2規制を意識してか、フェラーリは最近、パワーユニットのハイブリッド化に積極的な姿勢を見せている。その先陣を切って2013年のジュネーブ・ショーで発表されたのが「ラ フェラーリ」である。軽量で高剛性なカーボン製モノコックを基本構造体に採用していることや、F140系のV型12気筒エンジンを搭載することなどは、限定生産を前提としたスペチアーレの前作、エンツォから変わらないが、ラ フェラーリではフェラーリ独自のハイブリッドシステム、HY-KERSが採用さされたことが大きなトピックスだった。

 

フェラーリ図鑑_ラ_フェラーリ_発表会_01

 

最高速度350km/h、0→100km/h加速3秒以下!

 

HY-KERSのシステムは2個のエレクトリックモーターで構成されており、ひとつはV型12気筒エンジンに組み合わされる7速DCTと一体設計され、必要時に直接エクストラパワーを伝達。またもうひとつのモーターはエンジンの前方にレイアウトされ、二次電池に接続されている。それによって減速時にはジェネレーターの役割を果たし、発生した電力をバッテリーに蓄える仕組みだ。エンツォ時代のサーキット専用モデル、FXXと同じ6262ccのV型12気筒エンジンが発揮する最高出力は800ps。さらに必要時にはモーターから163psの最高出力が加わり、トータルで963psのパワーが発揮される。フェラーリからの発表値によれば、0→100km/h加速は3秒以下、最高速度は350km/h以上に達するという。

 

フェラーリ図鑑_SF90_ストラダーレ_スタイリング_02

 

V8ツインターボに3モーターを組み合わせる「SF90ストラダーレ」

 

それから約6年の時間が流れ、フェラーリが2019年5月に発表した「SF90ストラダーレ」は、さらに進化したハイブリッドシステムをもつ。最大の特長は外部電源からの充電が可能なPHEVのシステムが採用されていることだろう。フェラーリとしては初のPHEVとなるSF90ストラダーレは、780psの最高出力を誇る4リッターV型8気筒ツインターボエンジンに、3個のエレクトリックモーターを組み合わせたパワーユニットをもつモデル。モーターの合計出力は220psで、前輪の左右各々、そしてエンジンと新開発の8速DCTの間にレイアウトされ、後者のパワーはもちろん後輪へと伝達される。その結果、システム出力は実に1000psに達している。

 

フェラーリ図鑑_SF90_ストラダーレ_コクピット_01

 

インテリアのフィニッシュは、いかにも現代のフェラーリといった印象だ。メーターパネルは16インチのフルデジタルスクリーンによるもので、ヘッドアップディスプレイも標準装備。ステアリングホイールにはエレクトロニック・ビークルダイナミクス・モードセレクター(eマネッティーノ)のスイッチがレイアウトされており、バッテリーがフルチャージの状態なら最大25kmのエレクトリック走行が可能な「eドライブ」のほかに「ハイブリッド」「パフォーマンス」「クオリファイ」の各モードを選択できる。

 

フェラーリ図鑑_SF90_ストラダーレ_発表会_04

 

スクーデリア・フェラーリ90周年記念モデル

 

フェラーリ・スタイリングセンターによるエクステリアデザインは、斬新かつ高性能なもの。走行中のダウンフォースは250km/h時に390kgと発表されている。また、SF90ストラダーレではスタンダード仕様と、スポーツ仕様となる「アセット・フィオラーノ」の選択が可能。後車はマルチマチック・ダンパーやチタン製のスプリング&エグゾーストシステムなどを採用。さらに運動性能を向上させるためのアイテムが標準装備される。

 

0→100km/h加速で2.5秒、最高速で340km/hを誇るSF90ストラダーレ。SF=スクーデリア・フェラーリの90周年を祝するには、十分すぎるほどの魅力を備えたモデルと言えるだろう。

 

 

【SPECIFICATION】

ラ フェラーリ

年式:2013年

エンジン:65度V型12気筒DOHC

排気量:6262cc

最大合計出力:963ps

最大合計トルク:900Nm以上

V12 最高出力:588kW(800ps)/9000rpm

V12 最大トルク:700Nm/6750rpm

電気モーター出力:120kW(163ps)

最高速度:350km/h以上

 

フェラーリ SF90 ストラダーレ

年式:2019年

エンジン:90度V型8気筒DOHCツインターボ

排気量:3990cc

最大合計出力:1000ps

V8 最高出力:574kW(780ps)/7500rpm

V12 最大トルク:800Nm/6000rpm

電気モーター出力:162kW(220ps)

最高速度:340km/h

 

※すべてメーカー公表値

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)