ベントレー EXP 100 GTを3Dで観察できるAR(拡張現実)アプリが登場

ベントレー_EXP_100_GT_AR_app_グラフィックイメージ外観2

Bentley EXP 100 GT

ベントレー EXP 100 GT

 

 

3Dを通してグランドツーリングの未来を体験

 

ベントレー・モーターズは、グランドツーリング・コンセプト「ベントレー EXP 100 GT」を“体感”できる拡張現実(AR)アプリを導入する。

 

ベントレー_EXP_100_GT_AR_app画面イメージ1

 

アプリはAppleの各種デバイスに対応し、EXP 100 GTを3D映像を通してあらゆる角度から見ることが可能。車内に乗りこみ、隅々までクラフトマンシップの行き渡ったベントレーならではの内装をじっくりと観察することもできる。

 

ベントレー_EXP_100_GT_AR_app_グラフィックイメージ内装2

 

また、限られた世界中の販売店にフルスケールモデルのEXP 100 GTをバーチャルビジョンで体験できるシステムを用意。映像にはベントレーのデザインチーム、JP グレゴリーとブレット・ボイデルによるナレーションが付き、EXP 100 GTが未来のグランドツアラーの姿をいかにして具現化したモデルかを解説する。

 

ベントレー_EXP_100_GT_リアイメージ

 

古代のウッドやもみ殻のペイントを活用

 

EXP 100 GTは、単なる移動手段の枠を超え、未来の豊かなグランドツーリングの世界をオーナーに提供することを主題に掲げるコンセプトカー。

 

「2035年のグランドツアラー」を標榜した電気自動車であり、内外装ではベントレーの伝統につながるモチーフを継承するとともに、未来のラグジュアリーを提案している。音声認識およびニーズの予測・分析を行い、車内の快適性を高める独自のAI(人工知能)「ベントレー パーソナル アシスタント」も搭載する。

 

ベントレー_EXP_100_GT_俯瞰イメージ

 

持続可能性を高めることも目的のひとつに据えており、イギリス東部に位置する海沿いの平地フェンランドで5000年前から深い泥炭の中で眠っていた古代のオークの供給を専門家から受けたり、もみ殻を用いた外板ペイント、ワインの製造過程から生まれる100%オーガニックのレザー調テキスタイル、イギリスの牧場から生まれるカーペット、刺繍入りのコットントリムなどを用いることで、将来のラグジュアリーを提唱する。

 

 

【関連リンク】

・ベントレー EXP 100 GT AR appダウンロードサイト(英語)

https://apps.apple.com/gb/app/bentley-100-ar/id1469201009