ポルシェ カイエンターボに、680ps&900Nmを発揮するプラグインモデルが追加ラインナップ!

ポルシェ_カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペ_充電写真1

Porsche Cayenne Turbo SE Hybrid / Cayenne Turbo SE Hybrid Coupe 

ポルシェ カイエン ターボ SE ハイブリッド/SE ハイブリッドクーペ

 

 

カイエンシリーズ最強のパワースペック 

 

E-モビリティへの移行を積極的に推し進める欧州各メーカーにおいて、タイカンの開発やパナメーラシリーズへのPHEV実装を見てもわかるように、ポルシェもその高い技術力で電動化に邁進している。

 

そんなポルシェの最新E-モビリティとして、カイエンシリーズにプラグインハイブリッドが追加設定される。新ラインナップは「カイエンターボ SE ハイブリッド」と「カイエンターボ SE ハイブリッドクーペ」の2機種。

 

ポルシェ_カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペ_集合写真

 

4リッターV8ツインターボ+モーターで680psを計上

 

搭載システムはパナメーラ ターボ SEと同様の、4リッターV8ツインターボ+電気モーターの組み合わせ。550psを発生するV8に136psを発生する電気モーターが加わったシステム出力は実に680ps/900Nm。8速ティプトロニックSを介して路面にトラクションを伝える。

 

カイエンターボ SE ハイブリッドとカイエンターボ SE ハイブリッドクーペ共に、0-100km/h加速は3.8秒、最高速度は295km/hを計上。平均燃料消費量(NEDC)は3.9〜3.7リットル/100km、同様に平均消費電力は19.6〜18.7kWh/100kmとなり、ゼロエミッション走行は最大40kmを可能とする。

 

ポルシェ_カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペ_走行写真1

 

EV走行時の最高速度は135km/hに到達

 

電気モーターはV8ツインターボエンジンと8速ティプトロニックスSの間に備わり、2基のモーターがハイブリッドモジュール内の分離クラッチ・ECA(エレクトリッククラッチアクチュエータ)によって相互接続。Eパワードライビングモードでは電気モーターのみで最高速度135km/hを実現する。パワーブーストは標準のスポーツクロノパッケージを介して他のモードでも選択可能になっている。

 

動力に用いられる電気は、ラゲッジコンパートメントフロアに設置された容量14.1kWhのリチウムイオン電池にチャージされる。ポルシェ コミュニケーション マネジメント(PCM)またはポルシェ コネクト アプリ(スマートフォンおよびアップルウォッチ用)による充電計画に対応し、ハイブリッドモデルに標準装備となる補助エアコンをアプリ経由で遠隔操作できるのもトピックのひとつだ。

 

ポルシェ_カイエンターボSEハイブリッド/カイエンターボSEハイブリッドクーペ_走行写真2

 

SUVのトップエンドに相応しい装備を満載

 

PDCC(ポルシェ ダイナミック シャシー コントロールシステム)、PTV Plus(ポルシェ トルク ベクトリング プラス)、PCCB(ポルシェ セラミック コンポジット ブレーキ)は標準装備。その他にLEDヘッドライト、クルーズコントロール、カメラベースの歩行者保護、前後のパークアシストは標準装備とし、LEDマトリックスヘッドライトとヘッドアップディスプレイ、熱探知カメラ付ナイトアシスト、レーンキープアシストは追加オプションで選べる。

 

 

【問い合わせ】

ポルシェカスタマーケアセンター

TEL 0120-846-911

 

 

【関連リンク】

・ポルシェ公式サイト

https://www.porsche.com/japan/