パガーニ最新モデル「ウアイラ ロードスターBC」の世界観を伝える特別ムービー公開中【動画】

パガーニ_ウアイラ_ロードスター_BC_動画公開_ムービーイメージ1

Pagani Huayra Roadster BC

パガーニ ウアイラ ロードスター BC

 

 

ペブルビーチでのデビューを前に動画で伝える世界観

 

パガーニの最新モデル「ウアイラ ロードスター BC」は、ペブルビーチ・コンクールデレガンス2019の最終日、8月18日の日曜日に実車を一般に向けて初披露する。

 

そのデビューに先立ち、パガーニは同車の世界観を映像化したムービーを公開した。

 

パガーニ_ウアイラ_ロードスター_BC_動画公開_ムービーイメージ2

 

イタリア・モデナにあるパガーニ・アウトモビリの博物館と工場見学に訪れた少年が描いた1枚のスケッチをもとに繰り広げられる、1台のスーパーカーが生まれるまでの物語。「好奇心こそが我々を突き動かす」「情熱が創造性を刺激する」といった、パガーニのクルマづくりを裏付ける言葉がナレーションとして挿入される。

 

ムービーの最後は、アルゼンチンの思想家であるホセ・インヘニエロスの言葉で締めくくられる。

 

「心の矢を星へ向けて射ようとするとき、到達できそうにない高みを目指し、完璧を渇望し、そして平凡で月並みであることに反抗するために翼を広げるとき、あなた自身の中に究極ともいえる神秘的な活力が宿るだろう」

 

パガーニ_ウアイラ_ロードスター_BC_動画公開_フロント置きロケーションイメージ

 

最大500kgのダウンフォース

 

ウアイラ ロードスター BCは世界40台限定のパガーニ最新モデルで、価格は同社史上最高額の308万5000ユーロ(約3億6400万円)。6リッターV12ツインターボが800hp超のパワーと1050Nmのトルクを叩き出す。

 

新開発のフロントスポイラーや大型リヤウイング、リヤディフューザーなどを採用し、280km/h時点で最大500kgのダウンフォースを稼ぐなど、空力を徹底的に追及。カーボン&チタニウム製モノコックを採用し、乾燥重量のみの公表だが車重は1250kgと発表されている。