日本の凍結路面に効く! コンチネンタルの最新スタッドレス「ノースコンタクトNC6」上陸

コンチネンタルノースコンタクトNC6_全体

Continental NorthContact NC6

コンチネンタル ノースコンタクト NC6

 

 

凍結路面に対応した最新テクノロジー搭載

 

コンチネンタルタイヤは、過酷な日本の冬季凍結路面において安全性と操安性を確保する新製品、ニュースタンダードスタッドレスタイヤ「ノースコンタクトNC6」を、2019年9月より発売する。

 

ノースコンタクトNC6のサイズ展開は、15インチから22インチまで全39サイズ。今後さらにサイズ拡大を予定しており、価格はオープンプライス。同社従来製品のコンチバイキングコンタクト6から多くのタイヤ先進技術を引き継ぎ、燃費性能も大きく改善している。

 

 

ヤモリの足のように路面を掴むゲッコー・グラブ・パターン

 

左右のショルダーでオフセットになる「3D・トライアングル・エッジ」が雪柱せん断力を増大させて雪上でのグリップ性能を強化することに成功。

 

また、トレッド面にゲッコー(ヤモリ)の足の裏のように多数の溝とサイプを配置したゲッコー・グラブ・パターンを搭載。これは、氷上路面の液体層を破断・除去しアイスグリップを強化するためにショルダー部の内側に横長のサイプを採用したもので、ゲッコーが容易にガラス面を這うような強力なグリップ力を実現している。

 

シリカベースの低温耐性に優れたゴムと独自の柔軟剤「耐寒性ソフトジェル」を均一にミックスしたハイテク低温ソフトコンパウンド「ノルディック・コンパウンド+(プラス)」により、低温環境下でも優れた弾性を維持して路面の凹凸に密着。しかも経時劣化しにくい特性も備えており。本来のパフォーマンスを長期に渡って維持する。

 

 

高い静粛性を発揮する「千鳥トレッド・パターン」

 

ジグザグの千鳥状に溝を配置してノイズにお周波数を分散させる「千鳥トレッド・パターン」を備え、耳障りなノイズピークを抑制。また、ショルダーのブロック幅を変えることで路面と接触した際の打撃音の発生タイミングをずらし、乗員が不快に思う単一的で高音のパターンノイズを聴こえにくくする効果も発揮する。

 

発売サイズは、22インチ(275/40R22 XL)、21インチ(295/40R21 XL、275/45R21 XL)、20インチ(255/45R20 XL、235/55R20)、以下19インチが4サイズ、18インチが11サイズ、17インチが12サイズ、16インチが4サイズ、15インチが3サイズとなっている。

 

 

【関連リンク】

・コンチネンタルタイヤ公式サイト

https://www.continental-tire.jp/car