ベントレー、戦前の名車を「コンティニュエーションシリーズ」として限定12台で復刻

ベントレー4_1/2リッター_チームブロワー限定12台で復刻_フロントスタイリング1

Bentley 4 1/2 litre “Team Blower”

ベントレー 4 1/2 リッター “チーム・ブロワー”

 

 

1929年製4 1/2リッター“チーム・ブロワー”が現代に蘇る

 

数々の歴史的名車を生み出してきたベントレーの中でも屈指の1台、1929年にティム・バーキン卿の依頼によって製造されたスーパーチャージャー付き「4 1/2 リッター “チーム・ブロワー”」が12台限定で蘇る。

 

この復刻モデルは、ベントレーのビスポークとコーチワークを担うマリナーのスペシャリストによって1台ずつ手作りで製造。戦前のレーシングカーを忠実に再現したモデルが“継続”の意を込めたコンティニュエーションシリーズとして登場するのは、これが世界初となる。

 

 

ティム・バーキン卿の依頼で4台のみが製造されたブロワー

 

1920年代後半、バーキン卿のレースチームのために製造されたオリジナルのチーム・ブロワーは4台のみ。4台ともヨーロッパ各地のサーキットで活躍したが、最も名を馳せたのはバーキン卿自身がステアリングを握った2号車の登録番号UU 5872だった。この2号車は1930年のル・マン24時間レースに参戦し、ベントレー・ワークスの「スピードシックス」優勝の立役者となっている。

 

今回、この1929年製チーム・ブロワーをベースに、何世代も受け継がれてきた職人技と最新デジタル技術を組み合わせ12台が忠実に復刻される。

 

 

1939年製コーニッシュの復元成功が足がかりに

 

「ベントレー ブロワー コンティニュエーションシリーズ」は、サロン・プリヴェ・コンクール・デレガンスにおいて、ベントレーのエイドリアン・ホールマーク会長兼CEOによって発表された。

 

「ベントレーが100周年を迎えた今年、過去を忠実になぞりつつ最新鋭のデジタル技術を用いて、非常に素晴らしい逸品を作り上げようとしています。4台のチーム・ブロワーは世界で最も価値あるベントレーです。そこでオリジナルを傷つけることなく実際に運転できて、大切に保管できる復刻モデルをお届けします」と、ホールマーク。

 

「12台の新しいブロワーは、ベントレーによる伝統へのオマージュであるだけでなく、マリナーの卓越した職人技の結晶でもあります。我々にとっては新たな挑戦となりますが、先頃1939年製コーニッシュの復元に成功したことを足掛かりとし、さらに一歩進んで何か特別なものを製作したいという想いがありました。まもなく12名の幸運なお客様に、ベントレーの歴史的モデルをお届けできることを嬉しく思います」

 

 

オリジナルのHB 3403を分解し、3Dスキャナーで測定

 

製造の工程として、まずベントレーが所有するチーム・ブロワー(シャシーナンバー:HB 3403)を分解。各パーツを一覧にまとめ、細心の注意を払って3Dスキャナーで測定し、完璧なデジタルモデルを作成する。

 

次に、オリジナルモデル製造時に使用された1920年代の金型と治具、伝統的な工具に加えて、最新の製造技術を使用して12台分のパーツを製作。そのパーツをベントレーの熟練工らが組み立て、新しいブロワーが誕生する。

 

12台の復刻モデルは、メカニカル面でも外観面でも、さらにオリジナルが持つ精神面でさえも可能な限り当時のままを引き継ぐという。ただ、安全性に関してのみ目立たない部分でわずかに現代のシーンに合わせた変更が加えられる。

 

 

パーツ製作後にオリジナルのブロワーは元の姿に再生

 

パーツ製作後、オリジナルモデルは名車担当チームによって詳細に点検され、必要に応じて丁寧にメンテナンスをされた上で元の姿に戻される。

 

誕生から90年を迎えるオリジナルモデルは現在も公道走行可能。今年のミッレミリアを完走したほか、グッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードではヒルクライムを疾走し、カリフォルニアのラグナセカ・サーキットではパレードにも参加した。

 

2019年のペブルビーチ・コンクール・デレガンスでは、他の2台のチーム・ブロワーと共に堂々たる姿を披露したのも記憶に新しいところだろう。

 

 

2年後に12台のコンティニュエーションシリーズが完成

 

この復刻モデルは、チーム・ブロワーへのオマージュを込めて製作した「コンチネンタルGT ナンバー9 エディション」に続き、マリナーが手掛ける最新プロジェクトとなる。100台のナンバー9 エディションは、ダッシュボードにオリジナルモデルのパーツの一片が埋め込まれているのが特徴で、発表直後にソールドアウトした。

 

復刻版となるコンティニュエーションシリーズには、4気筒16バルブエンジン、アルミニウム製クランクケース、鋳鉄製シリンダーライナー、取り外し不可能な鋳鉄製シリンダーヘッドを装備。スーパーチャージャーは、アムハースト・ヴィリヤース製ルーツ式Mk 4型スーパーチャージャーの精巧なレプリカとなる。このスーパーチャージャーによって4398ccエンジンの出力が向上、最高出力240bhpを実現している。

 

車体構造にはプレススチールフレームと半楕円形のリーフスプリング式サスペンション、そしてベントレー&ドレイパー製ダンパーのコピーが採用された。さらに、ベントレー・ペロー製40cmメカニカルドラムブレーキ、ウォーム&セクターステアリングを再現してシャシーが完成した。

 

マリナーにより、12台のコンティニュエーションシリーズが完成するのは約2年後を予定。価格は受注開始時に決定される。