ポルシェ 911にスタンダード4WDモデル「カレラ4 クーペ/カレラ4 カブリオレ」を追加【フランクフルトショー 2019】

フランクフルトショー2019_ポルシェ911カレラ4クーペ&カレラ4カブリオレ発表_2台のスタイリング

Porsche 911 Carrera 4 Coupe / 911 Carrera 4 Cabriolet

ポルシェ 911カレラ4 クーペ/911カレラ4 カブリオレ

 

 

385psを発揮するフラット6に8速PDKの組み合わせ

 

ポルシェは、現在開催中のフランクフルト・モーターショーにおいて992型911シリーズのスタンダードモデル「911カレラ クーペ/911カレラ カブリオレ」に、新たに4WD仕様の「911カレラ4 クーペ/911カレラ4 カブリオレ」を追加した。

 

911カレラと同様に、911カレラ4 クーペと911カレラ4 カブリオレには3.0リッター水平対向6気筒ツインターボエンジンを搭載。最高出力は先代モデルから15ps向上した385ps(283kW)、最大トルクは440 Nmを発揮する。

 

トランスミッションは標準で8速PDKが組み合わせられ、0-100km/h加速はクーペが4.2秒。オプションのスポーツクロノパッケージを装着するとタイムは4.0秒に短縮される。一方カブリオレは、0-100km/h加速が4.4秒。こちらもスポーツクロノパッケージにより4.2秒にまでタイムが縮まる。最高速度はクーペが291km/h、カブリオレが289 km/hを実現した。

 

 

クラッチとディファレンシャルユニットが水冷式に

 

911カレラ4Sと同様に、911カレラ4も4WD化によるフロント駆動で大幅なパフォーマンスアップを果たした。今回、クラッチとディファレンシャルユニットが水冷式となり、耐久性と負荷容量が大幅に高められている。この結果、クラッチの調整精度が向上し、フロントアクスルの性能アップを実現している。

 

強化されたフロントアクスルとポルシェ・トラクション・マネージメント(PTM)を組み合わせたことで、路面ミューの低い雪上だけでなくウェットやドライコンディションでもトラクションが向上した。

 

また、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネージメント)を搭載。911カレラと同様に可変式電子制御ダンパーが標準装備されており、ノーマルとスポーツのふたつのモードからチョイスが可能で、乗り心地とハンドリングのセッティングを状況に合わせて変更できる。また、911カレラSと4Sに標準装備されているポルシェ・トルク・ベクタリング(PTV)を備えたフル電子制御LSDもオプションとしてオーダーできる。

 

 

専用設計されたスクエア形状のエキゾーストパイプ

 

足元にはフロントが235/40ZR19、リヤが295/35ZR20と前後異なるサイズのタイヤを装着。フロントに20インチ、リヤに21インチのホイール(911カレラ4Sモデルの標準仕様)をオプションで選ぶことも可能だ。ブレーキは前後とも標準で4ピストンのモノブロックキャリパーを装着。オプションでポルシェ・セラミック・コンポジット・ブレーキ(PCCB)も用意されている。

 

エクステリアは他のモデルと基本的に同じデザインだが、唯一エキゾーストパイプは911カレラ4 クーペ/911カレラ4 カブリオレの専用形状となり、スクエア形状の左右1本出しシングルチューブテールパイプを採用。オプションのスポーツ・エキゾースト・システムは、楕円形テールパイプの左右2本出しとなる。

 

 

992の技術的トピック「ウエットモード」を標準装備

 

インテリアは、911カレラ/911カレラSと同様のデザインを採用。タイプ992の技術的トピックであるポルシェ・ウェットモードは標準装備された。このシステムでは、フロントホイールハウジング内に設置されたセンサーが水しぶきを検知すると、ドライバーに手動でウェット・モードに切り替えるよう警告。ポルシェ・スタビリティ・マネジメント(PSM)とポルシェ・トラクション・マネジメント(PTM)、さらにオプションのポルシェ・トルク・ベクタリングなどのシステムが連携し、ウェット路面における安全性が大幅に向上する。