メルセデス・ベンツ Sクラスに装備潤沢な特別仕様車「グランドエディション」を追加

メルセデス・ベンツ_Sクラス_グランド_エディション_2台

Mercedes-Benz S-Class Grand Edition

メルセデス・ベンツ Sクラス グランド エディション

 

 

“スポーツ リミテッド”はAMG系装備を標準化

 

メルセデス・ベンツ日本は、フラッグシップセダン「Sクラス」に特別仕様車「Grand Edition(グランド エディション)」を追加し、2019年10月2日より販売を開始した。

 

「Grand Edition」は、ノーマルボディはS 400 d、S 400 d 4マティック、S 450 エクスクルーシブ、ロングボディのS 560ロング、S 560 4マティック ロングがベースとなる。

 

メルセデス・ベンツ_Sクラス_グランド_エディション_2台置き2

 

S 400 d、S 400 d 4マティック、S 450 エクスクルーシブには「Sports Limited(スポーツ リミテッド)」を設定。AMGラインの装備に加え、パノラミック スライディングルーフ、エアバランス パッケージ(パフュームアトマイザー付き空気清浄機能)を含むパッケージオプション「ベーシックパッケージ」を標準装備している。また、20インチAMGマルチスポークホイール、AMGスポーツステアリング、ブラックポプラウッドトリムを採用し、スポーティな雰囲気を強調した。

 

メルセデス・ベンツ_Sクラス_グランド_エディション_ショーファー_エディション_外観イメージ

 

後席快適性をアップする“ショーファー リミテッド”

 

S 560ロングおよびS 560 4マティック ロングには、2つの仕様を追加。ノーマルボディに設定した「Sports Limited」に加え、エクステリアを豪華に仕立てた「Chauffeured Limited(ショーファー リミテッド)」をラインナップする。後席に特化したショーファーパッケージを標準装備し、リクライニング機能やリラクゼーションプログラムを備えたエグゼクティブリアシートを搭載する。さらに、置くだけでスマートフォンを充電できるワイヤレスチャージングを後席側にも備えた。ホイールにはエレガントな19インチのディッシュデザインを採用する。

 

メルセデス・ベンツ_Sクラス_グランド_エディション_ショーファー_エディション_後席イメージ

 

6世代目となる現行Sクラス(W222)は2013年5月に登場。ロールやピッチングを抑制するマジックボディコントロールや、ステアリングアシスト付きディストロニック・プラス、「世界初のホットストーン式マッサージ」などの先進機能で話題を呼んだ。Fセグメントのフルサイズ4シーターサルーンながら、30万台を超える累計販売台数を記録している。

 

 

【メーカー希望小売価格(消費税10%込)】

・S 400 d スポーツ リミテッド(右ハンドル) 1215万円

・S 400 d 4マティック スポーツ リミテッド(左ハンドル) 1260万円

・S 450 エクスクルーシブ スポーツ リミテッド(ISG搭載。左/右ハンドル) 1395万円

・S 560 ロング ショーファー リミテッド(右ハンドル) 1730万円

・S 560 ロング スポーツ リミテッド(右ハンドル) 1730万円

・S 560 4マティック ロング ショーファー リミテッド(左ハンドル) 1766万円

・S 560 4マティック ロング スポーツ リミテッド(左ハンドル) 1766万円

 

【問い合わせ先】

メルセデスコール

TEL 0120-190-610

 

【関連リンク】

・メルセデス・ベンツ公式サイト

https://www.mercedes-benz.co.jp/