ポルシェ 718 ケイマン GT4に限定仕様登場! ドイツ クラブマンシリーズ15周年記念

公開日 : 2019/10/16 17:55 最終更新日 : 2019/10/16 17:55


ポルシェ718ケイマンGT4スポーツカップの発表会場

Porsche 718 Cayman GT4 Sports Cup Edition

ポルシェ 718 ケイマン GT4 スポーツカップ エディション

 

 

10月12日のスポーツカー トゥギャザー デイで初公開

 

カスタマー向けクラブマンレースシリーズ「ポルシェ スポーツカップ ジャーマニー(Porsche Sports Cup Germany)」が今年で15周年を迎えたことを受けて、ポルシェはモータースポーツの雰囲気を纏った特別仕様車「718 ケイマン GT4 スポーツカップ エディション」を発表した。

 

ポルシェは10月12日にドイツ・ホッケンハイムリンクに世界で7番目となるポルシェ エクスペリエンス センター(PEC)をオープン。オープンを記念したファン向けイベント「スポーツカー トゥギャザー デイ(Sportscar Together Day)」において、718 ケイマン GT4 スポーツカップ エディションが初公開された。このスペシャルエディションは、10月14日からドイツに88ヵ所あるポルシェ センターで販売される。

 

エクステリアに与えられた鮮やかなガーズレッドのラインが印象的。ドアミラーやリヤウイングのステーもガーズレッドで彩られる

 

718 ケイマン GT4をベースにレーシーな外観を演出

 

最高出力309kW(420ps)を発揮する水平対向6気筒自然吸気ユニットを搭載する718 ケイマン GT4をベースに、ボディカラーはブラックとホワイトを用意。ボディ上部、そして両サイドにガーズレッドのレーシングラインがハイライトとして採用された。リヤウィングには“PORSCHE”のロゴが配され、サイドラインには15周年を意味する“15”のナンバーが入れられている。

 

ポルシェのパーソナリゼーション&クラシック部門の責任者、アレクサンダー・ファビクは今回の限定仕様について以下のように説明した。

 

「ファクトリー仕上げによる高品質なカスタマイズは、ポルシェ エクスクルーシブ マニュファクチュアによるものです。このスポーツカップ エディションでは、クラフトマンシップによる高い技術とディテールへの拘りが組み合わせられています」

 

インテリアにもガーズレッドが効果的に配され、スポーティかつ高級感を演出するアルカンターラと絶妙なマッチングをみせる

 

ブラックをベースに各部にレッドを配したインテリア

 

ブラックレザーとアルカンターラのインテリアにも、モータースポーツを意識したレッドのコントラストが加えられた。

 

ダッシュボードとドアパネルのステッチ、そしてシートベルトとドアオープナーループはガーズレッド。アルカンターラ・ステアリングには、12時の位置にレッドのマーキングが入れられた。ドア、ダッシュボード、センターコンソールのトリム要素は、ブラック・ブラッシュド・アルミニウムで仕上げらている。

 

助手席側の装飾トリムとカーボン製ドアエントリガードには“718 Cayman GT4 Sports Cup Edition”の文字が入る。 センターコンソールのアームレストはアルカンターラ製で、“Porsche 15 Jahre Sports Cup Deutschland”のロゴが、エンボス加工で加えられた。