プジョーの新型MPV“リフター”デビュー。ミニバンとSUVとワゴンがクロスオーバー

公開日 : 2019/10/18 14:00 最終更新日 : 2019/10/18 14:00


プジョー・リフター走行シーン1

Peugeot Rifter Debut Edition

プジョー リフター デビューエディション

 

 

まったく新しいトールワゴンスタイル

 

プジョー・シトロエン・ジャポンは、プジョーの新コンセプトMPV(マルチ・パーパス・ヴィークル)である「リフター」をラインナップに加え、そのデビューを記念して特別仕様を施した限定車「リフター デビューエディション」の先行販売を開始した。リフター デビューエディションは2020年の1月以降順次デリバリーされ、通常仕様のリフターは2020年第3四半期の販売開始を予定している。

 

プジョーCEOのジャン-フィリップ・アンパラトはリフターの市場投入について次のように述べている。

 

プジョーは革新し、プジョーは驚きをもたらします。私たちの願いは、ハイエンドな総合自動車マニュファクチュアラーとなることです。このリフターをもって、あらゆるカテゴリーにおいてプジョーらしいドライビングプレジャーと万能性、多様性を完璧なまでに両立させたブランドへと進化しました。強い個性と、いわば“上品な好奇心”ともいえるカタチを具現化したスタイリングを持つリフターは、“ここではないどこか”への自由な行動を具現化した1台なのです

 

ボディサイズは全長4403×全幅1848×全高1878mm、ホイールベースは2780mm。両側ともにスライド式のリヤドアは手動式

 

両サイドスライドドア、リヤガラスハッチを採用

 

ミニバンのような両側スライドドアと余裕ある1878mmの全高、サイドプロテクターとバンパープロテクターはSUV的でもあり、また長く伸びたルーフラインと洗練されたユーティリティはワゴンを彷彿とさせる。プジョー曰く「ミニバンとSUVとワゴンをクロスオーバー」させたリフター、その最大のアピールポイントは高いユーティリティにある。

 

リヤシートは6:4の分割可倒式。ラゲッジ床面はフルフラットが可能で、リヤシートを倒せば最大2126リットルの積載スペースが得られる

 

乗降時のストレスを和らげるリヤスライドドアからは、フルフラットになる6:4分割可倒式の2列目シートへ簡単にアクセス可能。後席スペースは5人乗り状態での奥行きが1m、2人乗り状態で1.88m、助手席を倒すと最長2.7mの長尺にも対応できる。

 

ラゲッジ容量は5名乗車時でトノカバー下に597リットル、2列目シートを倒した際の最大積載量は2126リットルに及ぶ。これは現行プジョー車で最大の積載容積をもつ5008の1862リットルをも上回るスペックだ。

 

ガラスハッチのみを開閉できるため、狭い場所での荷物積み下ろしに便利。また、トレイで上下を分割すれば荷室をセパレートで使うことができる

 

また、大きく上方に開閉するテールゲートはガラス部分のみを開閉可能なハッチを備え、ラゲッジスペースを上下に分割するトレイを用いれば、上部スペースはガラスハッチで、下部スペースはテールゲートにてと、それぞれ完全にセパレートした荷室として使いわけできる。もちろん、狭い駐車スペースでの荷物の積み下ろしにも大いに役立つ。

 

マルチパノラミックルーフへと進化し、ルーフ部分をラゲッジスペースとして活用できる。また電動サンシェードや調整式のムードライトを装備

 

パノラミックルーフに収納スペースを融合

 

ルーフの大半をガラスとして開放感を演出するプジョーならではの人気装備パノラミックルーフは、リフターではマルチパノラミックルーフへと進化。フロントルーフ部分に収納トレイを設け、中央部にはBag in Roof(バッグインルーフ)として最大14リットルまでのバッグが収納可能になった。リヤシート頭上後方には容量約60リットルのリヤシーリングボックスも配置できる。

 

助手席側エアバッグをダッシュボードからルーフ上に移動させ、ダッシュボード上下面に蓋付きのグローブボックスを配置するなど、フロントシート周りにも多彩な収納スペースを用意。物が車内にあふれがちなファミリーユースでは強い味方になるだろう。

 

最新プジョーのインテリアレイアウト、i-Cockpitの思想が反映されたインテリア。ユーティリティとセーフティを高次元で両立する

 

インテリアデザインはプジョーの革新的なレイアウト、i-Cockpitを踏襲。小径ステアリングホイール/大型タッチスクリーン/ヘッドアップインストゥルメントパネルを基幹とするi-Cockpitにより、優れた視認性や高度なドライビングエクスペリエンスがもたらされ、このUI/UXによってリフターはMPVセグメントにおける唯一無二の存在だと喧伝する。

 

1.5リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボを搭載。電子制御式TC・アドバンスドグリップコントロールは5つのモードで運転をサポート

 

搭載エンジンは1.5リッター直4ディーゼルターボ

 

リフター・デビューエディションが搭載するエンジンは、最高出力130ps/最大トルク300Nmを発揮する1.5リッター直列4気筒ディーゼルターボ“DV5”。この定評のあるクリーンディーゼルから生まれる出力は最新世代の電子制御8速AT“EAT8”を通じて路面に伝えられ、プジョーがラリーフィールドで培った駆動力及び車両運動制御を担うトラクションコントロール、アドバンスドグリップコントロールとの連携でハイレベルなドライビングプレジャーをカスタマーに提供する。

 

先進運転支援機能(ADAS)の充実ぶりもリフター・デビューエディションを語るうえで欠かせない。前車追随型でストップ機能付きのアクティブクルーズコントロール、自動ブレーキを備えるアクティブセーフティブレーキ、車載カメラが車線を検知し車線維持を後押しするレーンキープアシストを標準装備。その他にもブラインドスポットモニターシステム/インテリジェントハイビーム/トラフィックサインインフォメーション/フロント、バックソナー/ワイドバックアイカメラ/ドライバーアテンションアラートなど最新モデルにふさわしい装備を満載する。

 

車内エンターテインメントはApple CarPlayやAndroid Autoで構築できる。Qi(チー)規格に対応する端末ならワイヤレス充電も可能だ

 

Apple CarPlayやAndroid Autoに対応するスマートフォン接続機能、Peugeotミラースクリーンや、センターコンソールに備わるワイヤレススマートフォンチャージャーなど、今や生活の一部となった携帯端末への親和性も高い。

 

ボディカラーはメタリックコッパーとビアンカホワイト、ディープブルーをラインナップ。車両本体価格は336万円(税込)

 

販売はオンライン予約にて受付

 

リフター・デビューエディションのボディカラーは、ディープブルー/メタリックコッパー/ビアンカホワイトの3色を用意。1グレードのみで車両本体価格は税込336万円。

 

販売は2019年10月19日(土)9時より下記の予約サイトにて開始。サイトで希望色と希望ディーラーを選択し、商談の予約権を取得の上で各ディーラーにて契約する流れとなる。

 

 

【SPECIFICATIONS】

プジョー リフター デビューエディション

ボディサイズ:全長4403 全幅1848 全高1878mm

ホイールベース:2780mm

エンジン:1.5リッター直列4気筒DOHCディーゼルターボ

最高出力:96kW(130ps)/3750rpm

最大トルク:300Nm/1750rpm

トランスミッション:8速AT

車両本体価格(税込):336万円

 

 

【問い合わせ】

プジョーコール

TEL 0120-840-240

 

 

【関連リンク】

・予約サイト

https://web.peugeot.co.jp/rifter-booking/