BMW 2 シリーズ グランクーペに早くもMパフォーマンスパーツが登場!

BMW2シリーズグランクーペにMパフォーマンスのパーツが登場

BMW 2 Series Gran Coupe

BMW 2 シリーズ グランクーペ

 

 

モータースポーツで培われた技術を積極投入

 

新型BMW 2シリーズ グランクーペのエクステリアとインテリアをスポーティにアップデートする「Mパフォーマンスパーツ」が早くも登場。BMWは現在、4シリーズ、6シリーズ、8シリーズにグランクーペを設定しており、2シリーズは4番目の4ドアクーペ。モータースポーツ参戦車両からフィードバックされた様々なアップグレードパーツは、2019年11月から販売される。

 

パーツ開発を手がけたBMW M GmbHは、長年にわたるモータースポーツ活動によって世界の名だたるレーシングトラックで数えきれないほどの勝利を記録。彼らの専門知識をふんだんに投入したアップグレードパーツは、高いパフォーマンスだけでなく極上の品質や抜群のデザイン性を備えている。

 

Mパフォーマンスパーツはベース車両に視覚的な魅力を加えることに加えて、大幅な軽量化も実現。すべてのコンポーネントが新型2シリーズ グランクーペに完璧にフィットするように設計された。

 

リヤビューを引き締めるMパフォーマンスリヤスポイラー。ハイグロスブラックカラーによりレーシーな印象を与える

 

リヤセクションを印象的に引き締めるグロスブラックのスポイラー

 

ハイグロスブラック仕上げの「Mリヤスポイラー」は、魅力的なリヤセクションを演出することに加えボディ周辺のエアフローを最適化し、リフト量を減らすことで運動性能の向上にも寄与する。さらにリヤを引き締める装備として、グロスブラックの刻印が入れられた「Mパフォーマンス・ステンレス・テールパイプ・フィニッシャー」も用意。こちらはチタン製アウターパイプとカーボンファイバー製ケーシングを備えている。

 

ハイグロスブラックに彩られたメッシュデザインのフロントグリルもMパフォーマンスのアイテム。2シリーズ グランクーペの表情を一変させる

 

フロントセクションをダイナミックにアップデートするグリル

 

ハイグロスブラック仕上げの「Mフロント・オーナメント・グリル」は、フロントセクションをダイナミックな印象にアップデート。また、カーボン製「Mパフォーマンス・エクステリア・ミラーキャップ」は、控えめな印象ながらもサイドビューのディテールを補完する。すべてのカーボンファイバー製コンポーネントはハンドメイドで製造されており、クリアフィニッシュにより印象的な深みのあるブラックを実現した。

 

BMW2シリーズグランクーペにMパフォーマンスパーツ登場。18インチホイール555M

19インチMパフォーマンス・ダブルスポークスタイリング「555 M」。ツートンカラーが繊細な造形を一層際出せる

 

18インチと19インチの鍛造アルミホイールをラインナップ

 

ホイールは、18インチMパフォーマンス・Yスポークスタイリング「554 M」と、19インチMパフォーマンス・ダブルスポークスタイリング「555 M」をラインナップ。554 Mは冬用スタッドレスタイヤにも装着可能だ。555 Mは非常に印象的なバイカラーとなっており、足元をグッと引き締める効果を持つ。

 

キャリパーが鮮やかなレッドにペイントされた「Mパフォーマンス・ブレーキシステム」は、軽量構造ブレーキディスクによりブレーキ応答性が向上。さらに、サーキット走行などの極限状態における制動性能も大幅にアップする。

 

カーボンとアルカンターラで構成されるMパフォーマンス・ステアリングホイール。シフトパドルもカーボン製が奢られる

 

抜群のフィット感を備えたステアリングホイール

 

インテリアにも様々なアップグレードパーツをラインナップ。最も特徴的な装備が「Mパフォーマンス・ステアリングホイール」だろう。アルカンターラ製ステアリングトリムはフィット感が高くて握りやすいだけではなく、ドライビング時に一体感のあるサポートを約束。ステアリングの12時位置にレッドのマーキングも施され、ステアリングの内側にはハンドメイドでシルバーグレーのクロスステッチも入れられている。

 

また、標準ではクローム製となるシフトパドルは、カーボンファイバー製「Mパフォーマンス仕様」に変更可能。レザーの縁取りが入った「Mパフォーマンス・フロアマット」は足元を滑りにくくするだけでなく、ここにも“M Performance”のロゴや“M”の3色が取り入れられている。