ジャガー、新デザインスタジオをオープン。約300人のデザイナーが一堂で働く大規模デザイン施設は史上初

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_アトリエイメージ

VRやデジタルウォールなどの最新設備が満載

 

ジャガーは研究開発の拠点、英国ゲイドンに新デザインセンターを開設した。デザインチーム全体を集約する大規模なクリエイティブスタジオを特設するのは、同社84年の歴史で初の試み。

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_室内イメージ

 

新デザインスタジオの設計を主導したのは、イアン・カラムの退任後、デザインディレクターを務めるジュリアン・トムソン。世界でもっとも先進的なデザインセンターを目指して建てられた。

 

スタジオの中心には「ハートスペース」と呼ぶハブ空間を設置。ここに280人強の様々な部門のデザイナーが集まり、次世代のジャガーのデザイン作業に取り組む拠点となる。「ハートスペース」を囲むように、内外装、カラー、マテリアルなど各チームのワーキングスペースを配置。CADデータに基づくCGを取り扱うデザイン・ビジュアライゼーション部門なども含まれる。

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_デジタルウォールイメージ

 

ジャガーのデザインは世界中からやってきた、多様なバックグラウンドをもつデザイナーらが形作っている。なかにはファッション、時計作り、スポーツやゲーム業界出身のスタッフも存在する。多種多様な個性をもつデザイナーが英国らしさを再解釈しジャガーを描き上げていく過程には、最新鋭の技術が用いられる。

 

20台分を一度で処理できるカスタムメイドのクレイ用モデリングマシンをはじめ、VR(仮想現実)システム、「ザ・エレクトリック」と呼ぶ14メートルの4Kデジタルウォールなどを完備した。フロア面積は合計すると1万2000平方メートルを超える。これまでの英ホイットリーのデザインスタジオに比較して、およそ2倍の広さとなった。

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_デザイナー_クレイモデルイメージ

 

スタジオの名前は栄光のル・マンに由来

 

デザインディレクターのジュリアン・トムソンは語る。「ジャガーにはデザインを重視するという伝統があり、それは我々のDNAの中心的柱といえます。創業者のサー・ウィリアム・ライオンズが創りあげたデザインの価値と哲学はいまも受け継がれていますし、この新しいスタジオのなかで我々はこれから先、もっとも素晴らしいクルマをお客様のためにデザインすることができるでしょう。デザインチームに属する我々は、自動車産業が直面している課題を理解しています。革新性と創造性をもって、我々なりの答えを出して参ります」

 

「新スタジオでは、広大なクリエイティブ空間で全デザインチームが一丸となって仕事へ取り組みます。相互作用と共同作業が刺激を生み出してくれると確信しています。最先端の技術を使った設備が整った新スタジオですが、大切なのは専門知識を持った多様性に富むスタッフたちの存在、そしてジャガーに対する情熱があってこそ、素晴らしいデザインが生まれるということです」

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_アトリエイメージ3

 

メインスタジオは「スタジオ3」「スタジオ4」と呼ばれる。これは1957年および1956年にル・マンを制したジャガーDタイプのゼッケンに由来するとともに、1985年以来ジャガー・デザインの拠点であり続けたホイットリーの「スタジオ1」「スタジオ2」にオマージュを捧げたネーミングでもある。

 

それぞれの会議室にも歴代ジャガーモデルの車名や、ジャガー史に関わりのある重要人物の名前を冠している。たとえばサー・ウィリアム・ライオンズや、デザイナーのジェフ・ローソン、スティーブ・マックイーンといった具合に。

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_デザイナーイメージ2

 

円形劇場でモデルを全方位から観察

 

スタジオ3と4にはクレイモデル用の定盤を10基設置。それぞれ全長が20メートルあり、耐荷重は4.5トン、2台分のクレイモデルを載せることができる。これにより、デザイナーたちは初めてエクステリアとインテリアのモックアップを隣り合わせにおいて観察することが可能になった。

 

各定盤にはマシン用レールを備え、クレイモデルの両面を5軸制御のKolb製CNC工作機械で加工することができる。また、46名強のモデラーの作業環境を整えるべく、すべてにリフトを設置し作業しやすい高さに調整できるようにした。

 

スタジオ4の北側には自然光を取り込む巨大なガラス製ドアがあり、モックアップを簡単に屋外へ出して太陽光のもとで様々な角度から確認することができる設計とした。新スタジオは合計で906平方メートルものガラス面積を誇り、アトリエ内に光をたっぷり取り込む天井いっぱいの天窓も設置している。

 

ジャガー_新デザインスタジオ_ゲイドン_屋外イメージ2

 

照明や太陽光と同様、様々な角度からモデルを確認するのはとても重要なプロセスのひとつ。そこで今回、スタジオ内に初めて円形劇場のようにステージと座席を用意し、中二階など様々な位置から作品を観察できるようにした。

 

VR(仮想現実)システムも重要な役割をもつ。開発初期の段階からCAS(Computer Aided Surfacing)部門がデザインスケッチをデジタル3Dモデルに変換し、社内のデザイン・ビジュアライゼーション部門やデータ部門などが協働して、スケッチや3Dモデルをアニメーション化する。

 

新デザインスタジオは、ジャガー・ランドローバー初の共同開発拠点として開所した「アドバンスド プロダクト クリエーション センター」内にある。英国の名門建築会社ベネッツ・アソシエイツが設計を担当した。