テックアート、最新世代のポルシェ911(タイプ992)のチューニングプログラムをスタート

2019/10/05 11:55

テックアートの新型ポルシェ911用カスタムメニュー開始

TECHART Porsche 911(Type 992)

テックアート ポルシェ 911(タイプ992)

 

 

911が持つ“タイムレス”な魅力をより高めるカスタマイズ

 

ドイツをベースにポルシェのチューニングを手がけるテックアート(TECHART)が、ポルシェ911(タイプ992)のチューニングプログラムを発表した。展開されるテックアートのパーソナライゼーションプログラムは、歴代911が持つ“タイムレス”な精神をより強調する内容となっている。

 

今回発表されたパーソナライゼーションプログラムは、よりレーシーかつ空力性能を大幅にアップさせるエクステリア、ハンドメイドならではの魅力を放つインテリア、パワーを強化したエンジンチューン、エモーショナルなサウンドを楽しめるエキゾーストのアップグレードなど多岐に渡る。

 

エンジンチューンはまず911カレラ 4 S用が提示され、テックアート・テクトロニックをベースにしたパワーアップグレードキットにより、ノーマル比プラス60psの最高出力510ps、同じくプラス80Nmの最大トルク610Nmを実現する。

 

テックアート911の開発では風洞実験に注力された

 

風洞施設で徹底的に開発されたエアロダイナミクス

 

大型GTウイングを含むエアロダイナミクスは風洞施設で入念に開発が行われており、911の空力バランスは大幅に向上。前後のダウンフォースの増加により、コーナリング時に抜群の安定性をもたらすという。また、インテリアはこれまで使用されていなかった新素材を積極的に採用しており、カスタマーの好みに合わせた内装のカスタマイズにさらなる自由度が生まれることになった。

 

足元には911専用に設計されたフロント20インチ、リヤ21インチのテックアート製デイトナII(Daytona II)鍛造アルミホイールを採用。この新型ホイールにはテックアートが誇る鍛造技術が投入され、クラシカルでありながら非常にモダンなアピアランスを手に入れている。

 

リヤパートでは大型のGTウイングが目を惹く

 

チューニングプログラムもカバーされる保証プログラム

 

テックアートは、チューニングプログラムに対して、充実の保証プログラムを提供。エンジンとドライブトレインをカバーするテックアート・テクトロニック保証は、エンジンチューンのパッケージに含まれ世界中で有効となっている。

 

そして、オプションとして用意されたテックアート・プロテクト保証はすべての車両をカバー。こちらは欧州全域が保証範囲となり、新車と中古車のポルシェに対応。111カ所に及ぶ車両チェック、交通手段保証パッケージ、0%の自己負担・前払いが保証されている。