自動車業界で活躍する女性に贈られる賞に、ベントレーから4名を選出

ベントレーからInspiring Women in Automotive受賞者4名選出。集合写真

様々な分野でリーダーシップを発揮した4名の女性

 

ベントレーに勤める4名の女性が、「UK オートモーティブ 30%クラブ」が新たに立ち上げた「Inspiring Women in Automotive(自動車業界に感動を呼んだ女性)賞」を受賞した。

 

今回、賞を獲得したのはエンジニアリング・プロジェクトマネージャーのビクトリア・ウールリー、製造コーディネーターのフィービー・ジェイ、人事マネージャーのクレア・キース、そして人事・デジタル・ID部門取締役のアストリッド・フォンティーン博士。4名全員が英国・クルーのベントレー・モーターズ本社に勤務している。

 

4名に贈られた「Inspiring Women in Automotive賞」は、自動車業界に女性の活躍の場をさらに広げようという目標を掲げ、ジュリア・ミュールによって立ち上げられた団体「UK オートモーティブ 30%クラブ(UK Automotive 30% Club)」が主催する。ジュリア・ミュールCEOは、今回の賞設立に関して次のように説明した。

 

「自動車業界に初めて関わった時、一緒に働いていた女性たちの奮闘に私は大きな感銘を受けました。私たちの業界おける陽の当たらない英雄を称賛し、認める賞を立ち上げたかったのです。 多くの場合、彼女たちの貴重な貢献は、チーム内や顧客から高く評価され認められています。しかし、それを機会に前向きな職場環境を作ることが、その努力に値するという認識にはいたっていません。だからこそ、これらの素晴らしい女性を称え、そこに光を当てたいのです」

 

「今回の素晴らしい受賞者はすべて、彼女たちが自動車ビジネスに多大な貢献をしていることを証明しています。そして、周囲の女性に成長を促したり、女性が成長できる職場環境を作るよう上司に進言したり、自動車業界が女性にとって前向きな職業であることを示す活動に関与してきました」

 

人事・デジタル・ID部門取締役:アストリッド・フォンティーン博士

 

アストリッド・フォンティーン博士は、今回の受賞について以下のようにコメントした。

 

「この賞は、同僚からの評価があったからこそです。私たちはベントレーの素晴らしい職場環境を共有し、日々刺激を受けあっています。そして、ともに働くビクトリア、クレア、フィービーに、心からの『おめでとう』を贈ります。ここクルーにおいて私たちに与えられた役割は、自動車産業で働く女性にとって幅広いキャリアのチャンスがあることを示しています。 繰り返しになりますが、改めてすべての同僚に感謝したいと思います」

 

エンジニアリング・プロジェクトマネージャー:ビクトリア・ウールリー

 

ビクトリア・ウールリーも、受賞に喜びを隠さない。

 

「この賞を受賞できたことを心から光栄に思います。仲間からノミネートを知らされたことで、本当に特別な喜びとなりました。このような賞は女性が自動車産業に貢献していることを強調する素晴らしい機会となります。私たちがお互いにサポートし合うことは、将来の世代のためにもに不可欠なことです」