BMWの人気SUV「 X5 & X6」に伝統のMを追加。ハイエンドの“コンペティション”もラインナップ

BMW新型X5 MおよびX6 M外観2台置き

BMW X5 M / X5 M Competition / X6 M / X6 M Competition

BMW X5 M/X5 M コンペティション/BMW X6 M/X6 M コンペティション

 

 

“M”は600hp、“Mコンペティション”は625hpを発揮

 

BMWはミドルクラスSUVのX5、およびミドルクラスSUVクーペのX6に高性能モデルの「M」と「M コンペティション」を追加すると欧州で発表した。

 

BMW新型X5 M外観フロント

4.4リッターV8ガソリンツインターボユニットに、8速AT、四輪駆動、電子制御LSDを搭載。X5 Mの0-100km/h加速は3.9秒を記録する

 

セグメント屈指のパフォーマンスを誇る原動力は、BMW M社が開発した“Mツインパワーターボ”搭載の高回転型直噴4.4リッターV型8気筒ユニットだ。対向するバンクの各気筒の排気ブランチをペアにし、それをVバンクの谷間でクロスさせるという独特のレイアウトをとる“クロスバンク型”エキゾースト・マニフォールドや可変バルブ制御システム“バルブトロニック”を採用。高精度ダイレクト・インジェクションシステムは、最大350barの圧力で燃料を噴射する。その結果、X5 M/X6 Mは600hp、コンペティションモデルは625hpの最高出力を実現した。

 

BMW新型X6 M外観走り

X6 Mおよびコンペティションモデルは、X5 Mに比較して約50mmほど全高を抑えたプロポーションで差別化を図る

 

X5 M/X6 Mは1800〜5600rpmで最大トルクの750Nmを、コンペティションモデルは1800〜5800rpmの帯域で750Nmを発生する。レブリミッドは7200rpm。エンジンマウントもそれぞれのモデルに合わせたものを採用し、振動や騒音を最小限に抑えている。

 

電子制御式フラップおよび100mm径のツインテールパイプを備えたエキゾーストシステムは、各走行モードに合わせて独特のサウンドを奏でる。エキゾーストサウンドは、センターコンソールに配したMサウンド コントロールボタンにより、ドライバーの好みに応じて強調したり最小限に抑えることも可能。音質を司るMスポーツ エキゾーストシステムは、X5 M/X6 Mにはオプション、コンペティションモデルには標準搭載する。

 

組み合わせるトランスミッションは、シフト特性を切り替えられるドライブロジック付き8速Mステップトロニック(トルクコンバーター付きAT)。各モデルに合わせてチューンした四輪駆動システム“M x Drive”と、電子制御式多板クラッチによるリミテッド・スリップ・ディファレンシャルを搭載する。

 

BMW新型X5 Mフェイシア

エキゾーストサウンドは、センターコンソールに配したMサウンド コントロールボタンにより、ドライバーの好みに応じて切り替えられる

 

4秒を優に切る0-100km/h加速

 

M独自のハイパフォーマンスに四輪駆動のトラクション性能を掛け合わせることで、X5 M/X6 Mの0-100km/h加速は3.9秒を実現。0-200km/hまではX5 MとX6 Mはともに13.5秒で達する。X5およびX6 M コンペティションの0-100km/h加速は3.8秒。0-200km/h加速はコンペティション同士でも、X5 Mが13.4秒、X6 Mが13.2秒と、X6 Mのほうが幾分加速の伸びが良い。すべてのモデルの最高速はリミッターで250km/hに制限されるが、「M ドライバーズ パッケージ」を選択すれば290km/hまで引き上げることができる。

 

ブレーキはフロントに395mmのドリルドベンチレーテッドディスクと6ピストン固定式キャリパーを備え、後ろに380mm径ディスクにシングルピストンのフローティングキャリパーを装着する。

 

Mならではの走りの質感を実現するために、すべてのモデルは南フランスのミラマスにあるBMWのテスト施設をはじめ、スウェーデン北部のアリエプローグ、そしてもちろんニュルブルクリンクのノルドシュライフェでテスト走行を重ねた。

 

BMW新型X6 Mシフトレバー

組み合わされるトランスミッションは、走行モードごとにシフト特性を切り替えられるドライブロジック付き8速Mステップトロニック

 

コンペティションにはサーキット向け「トラック」モードも

 

M8より採用されている走行特性切り替えシステムの「Mモード」も搭載。センターコンソールに配置されたボタンを操作すれば、エンジンやサスペンション、ステアリング、ブレーキ、四輪駆動の各特性をワンステップで切り替えることができる。同時にヘッドアップディスプレイやメーター、ドライバーアシスタンスシステムの設定も変更可能。

 

ロードやスポーツモードに加え、コンペティションモデルではサーキットに特化したトラックモードも用意。スポーツもしくはトラックを選択すると、ディスプレイ上の情報がミニマム表示になり、電子制御システムの介入も最小限に抑えられる。

 

BMW新型X5 Mメーター2

X5 M/X6 Mは1800〜5600rpmで最大トルクの750Nmを、コンペティションモデルは1800〜5800rpmの帯域で750Nmを発生する。レブリミッドは7200回転で刻まれている

 

エクステリアでは、大径エアインテークをはじめ、ブラックのダブルフィンを備えた専用のキドニーグリルや、フロントフェンダー後方で口を開ける“Mギル(gill=えら)”と呼ばれるエアダクト、空力性能に特化したドアミラーが「M」であることを声高に主張する。

 

BMW新型X6 M外観走りリヤ

フロントフェンダー後方で口を開ける“Mギル(gill=えら)”と呼ばれるエアダクト、空力性能に特化したドアミラー、左右両側に備えた大径テールパイプが「M」を主張する

 

内装では、12.3インチの高精細ディスプレイを備えたコントロールディスプレイおよびインストゥルメントクラスターを採用。照明機構つきスカッフプレートやヘッドレスト一体型のMマルチファンクションシートは全車に標準装備する。カーボンファイバートリムやBMWインディビジュアル専用トリムもオプションで選択可能。コンペティションモデルのルーフライナーはアルカンターラ仕立てとなる。

 

X5 M、X5 M コンペティション、X6 M、X6 M コンペティションの欧州発売は2020年4月を予定している。日本への導入時期は未定。

 

 

【SPECIFICATIONS】

BMW X5 M

ボディサイズ:全長4938 全幅2015 全高1747mm

ホイールベース:2972mm

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4395cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:441kW(600hp)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5600rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後5リンク

タイヤサイズ:前295/35ZR21 後315/35ZR21

 

BMW X5 M コンペティション

ボディサイズ:全長4938 全幅2015 全高1748mm

ホイールベース:2972mm

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4395cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:460kW(625hp)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5800rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後5リンク

タイヤサイズ:前295/35ZR21 後 315/30ZR22

 

BMW X6 M

ボディサイズ:全長4941 全幅2019 全高1692mm

ホイールベース:2972mm

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4395cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:441kW(600hp)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5600rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後5リンク

タイヤサイズ:前295/35ZR21 後315/35ZR21

 

BMW X6 M コンペティション

ボディサイズ:全長4941 全幅2019 全高1693mm

ホイールベース:2972mm

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量:4395cc

ボア×ストローク:89.0×88.3mm

最高出力:460kW(625hp)/6000rpm

最大トルク:750Nm/1800-5800rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:4WD

サスペンション:前ダブルウィッシュボーン 後5リンク

タイヤサイズ:295/35ZR21 後 315/30ZR22