ABTスポーツライン、新型「S5 スポーツバック」のチューンプログラムを発表

ABT アウディ S5 スポーツバック フロントスタイル

ABT Audi S5 Sportback

ABT アウディ S5 スポーツバック

 

 

マイルドハイブリッド化にも対応したアップグレード

 

先日開催されたフランクフルト・モーターショーにおいて、アウディは「S5 スポーツバック」のフェイスリフト仕様を公開した。それに伴い、フォルクスワーゲンやアウディのカスタマイズを展開するドイツのチューニングブランド、ABTスポーツライン(ABT Sportsline)が新型S5 スポーツバックのチューニングプログラムを発表した。

 

新たなS5 スポーツバックに搭載される直噴式3.0リッターV型6気筒ターボディーゼル「TDI」は、最高出力347hp(255kW)&最大トルク700Nmを発揮し、マイルドハイブリッドシステムを搭載する。これを受けて、ABTスポーツラインのチューニングプログラムも電動化に対応した。このアップグレードプログラムに関しては、フィエスリスフト前のモデルも対象となる。

 

3.0リッターV6ターボディーゼルに、ABT パワーパフォーマンス アップグレードを装着することで、ノーマルの347hp(255kW)700Nm から384hp(282kW)&760Nmにまで向上する

 

AECの装着で最高出力は384hpまでパワーアップ

 

ベースモデルのS5 TDIは、0-100km/h加速4.9秒という性能を誇るが、新たに開発された「ABT パワーパフォーマンス アップグレード」により、大幅な性能アップが実現。アップグレードに含まれる「ABT エンジン コントロール(AEC)」を装着するとこで、最高出力384hp(282kW)、最大トルクは760Nmにまで向上する。

 

足まわりには「ABT 車高調整付きサスペンションスプリング」を装着することで15~40mmのローダウン化が可能となり、コーナーリング時における横方向の安定性が大幅にアップ。さらにオプションで用意されている「ABT アンチロールバー」と組み合わせることも可能だ。

 

足元には「ABT スポーツ GR」20インチアロイホイールを装着。シックなグロスブラック仕上げは、どのようなボディカラーにも完璧なマッチングを演出する。