メルセデス・ベンツ、GLC F-CELLを発表「燃料電池+プラグインハイブリッド」二本立て機構は世界初

メルセデス・ベンツGLC F-CELLの外観イメージ

Mercedes-Benz GLC F-CELL

メルセデス・ベンツ GLC F-CELL

 

 

水素とバッテリーの2系統から電力を

 

メルセデス・ベンツ日本は、燃料電池プラグインハイブリッド「GLC F-CELL」を発表した。水素を燃料にして発電し、その電気を燃料とする燃料電池と、プラグインハイブリッド機構を組み合わせた市販パワートレーンは世界初。

 

リヤシート下部とセンタートンネル部分に、合計約4.4kgの水素を充填できるタンクを搭載。世界標準である700気圧タンクを採用し、水素の補給に要する時間は3分と、ガソリンの給油とほぼ同程度に抑えられている。水素のみの航続距離は約336km。

 

メルセデス・ベンツGLC F-CELLの外観フロントイメージ

電動化モデル向けのサブブランド“EQ”シリーズの一員となる、GLC F-CELL。フロントグリルやホイールに配されたブルーのアクセントがその証

 

そこに、プラグを介して6.0kWまでの普通充電に対応し、回生ブレーキで発電した電力を車体後部に搭載した容量13.5kWhのリチウムイオンバッテリーへ充電できるプラグインハイブリッド機構を組み合わせる。モーター自体の最高出力は200ps、最大トルクは350Nm。

 

燃料電池からの電気、モーターからの電気という2つの電源を持つことで、たとえばゼロからの加速時には高電圧バッテリーからの発電分を、そのあとは燃料電池からの発電分を利用するなど、それぞれの特性を生かした電力の活用が可能という。

 

メルセデス・ベンツGLC F-CELLの水素充填イメージ

水素の充填に要する時間は約3分。給油と同程度の時間で“満タン”にできるのが燃料電池車の長所 。インフラ不足が弱点

 

EQシリーズの一員

 

走行モードには4種類の設定がある。「ハイブリッド」は燃料電池とバッテリー両方の電源を走行状況に合わせて利用。「F-CELL」はバッテリーの充電状態をキープするため、水素のみで走行し、「バッテリー」は逆に水素を使わず、100%電気で走るモード。「チャージ」ではバッテリーへの充電が最優先される。

 

メルセデス・ベンツGLC F-CELLの充電ポートイメージ

ボディサイドに水素充電ポートを、リヤバンパー部分に充電用ポートを設置する

 

GLC F-CELLはメルセデス・ベンツの電動化を象徴するサブブランド“EQ”シリーズの一員であり、フロントグリルやリヤバンパー、アルミホイールなどにブルーのアクセントを配する。20インチアルミホイールは、空気抵抗の低減にも配慮した10スポークデザインを採用。フロントバンパーも内燃機を積むGLCとは異なるデザインとした。

 

メルセデス・ベンツGLC F-CELLの外観リヤイメージ

衝突に関わる安全要件にはとくに重点を置いて開発。「現実に即した安全性」という基本思想に基づきながら、通常のテストをはるかに超えるシステムレベルにおける追加のコンポーネントテストを実施したという

 

GLC F-CELLの車両本体価格は1050万円。納車開始は2020年中頃を予定している。水素ステーションの整備状況を鑑み、販売は欧州および日本のみとなる模様。