306psを誇るメルセデスAMG A35にセダンを追加! Bセグ・セダン最強を狙う

メルセデスAMG A35のフロントスタイル

Mercedes-AMG A 35 4MATIC セダン

メルセデス AMG A 35 4マティック セダン

 

 

400Nm+4WDで武装するBセグ・セダン

 

メルセデス・ベンツ日本は、Aクラスセダンにハイパフォーマンスバージョンの「メルセデス AMG A 35 4MATIC セダン」を追加した。2019年10月23日より予約受注を開始し、2019年12月以降に納車をスタートする。

 

「メルセデスAMG 35」シリーズは、現行Aクラスから導入をスタートしたAMGファミリーのエントリーグレード。従来の「45」シリーズよりもリーズナブルな価格設定とすることで、AMGユーザーの裾野を拡大する狙いだ。

 

メルセデスAMG A35のリヤスタイル

2019年7月に登場したAクラスセダンに、はやくもAMG仕様が登場。3BOXならではの剛性感の高さは、ハイパフォーマンス仕様にとっての美点

 

A 35 4MATIC セダンは、2019年7月に日本発売したAクラス初のセダンモデルをベースに、306ps/400Nmの2リッター直列4気筒ターボ(M260型)を搭載。C200などに縦置きで搭載されるM264型と同系列のユニットで、ツインスクロールターボや可変バルブリフトシステム「CAMTRONIC」を採用する。“AMGスピードシフト”と呼ぶ7速デュアル・クラッチ・トランスミッションと4輪駆動システム“4マティック”を介して路面にパワーを伝える。

 

メルセデスAMG A35 4マティックセダンのエンジンイメージ

直噴の2リッター直列4気筒ガソリンターボユニット、M260型を搭載。2ステージ式のターボはボルグワーナー製

 

ボディ剛性やブレーキ性能も強化

 

エンジンの高出力化に伴い、ボディ剛性も高めている。アルミニウム製プレートをエンジンルーム下部に設置するとともに、アンダーボディ前部に2本のブレースを追加。フロントにマクファーソンストラット、リヤがマルチリンクサスペンションで、リヤには先代A 45 4 MATICで実績と定評のあるハブキャリアとベアリングを引き続き採用している。

 

また、減衰力を電子制御で連続可変するダンパーを備えたAMG RIDE CONTROLサスペンションもオプションに設定。コンフォート/スポーツ/スポーツプラスの3段階に減衰力特性を切り替えることができる。

 

メルセデスAMG A35 4マティックセダンのAMGライド・コントロールサスペンションイメージ

減衰特性を3段階に切り替えることができるAMGライド コントロールサスペンションをオプションで選ぶことも可能

 

加速性能にあわせてもちろん制動力も強化。前350mm径、後330mm径のディスクサイズは先代A45 4マティックと同一ながら、フロントには新型モノブロック対向4キャリパー、リヤには1ピストンフローティングキャリパーを配した。ディスクはドリルドベンチレーテッドタイプで、キャリパーはAMGロゴ入りのシルバー塗装仕上げとなる。

 

最大限のトラクションを確保するのは、前後へのトルクを100:0から50:50の範囲で可変する4輪駆動システム“4マティック”。リヤに電気機械制御式の多板クラッチを備え、車速や横・前後方向の加速度、舵角、各輪回転速度差、選択ギヤ、アクセルポジションなどに応じてトルクの前後可変配分を行う。

 

ESPがONの場合、4マティックは「コンフォート」固定になり、ESPをスポーツハンドリングモード、もしくはオフにすると「スポーツ」モードに切り替わり、後輪寄りの制御となる。

 

メルセデスAMG A35 4マティックセダンの4マティックイメージ

前後トルク配分を100:0から50:50の間で可変する4輪駆動システムは全車に標準。ESPの設定に応じてトルク配分特性も変化する

 

サーキット走行向けの“データロガー”も標準

 

エクステリアは、AMG特有のツインブレードを備えたフロントグリルに、シルバークロームを施したフロントスプリッターとエアインテーク内のフィン、トランクリッドスポイラー、リアディフューザー、クローム仕上げの2本出しエクゾーストエンドなどが特徴。

 

内装では、ヘッドレストとバックレストを一体化したセミバケットシートを標準で装備。AMGパフォーマンスパッケージを選択すると、メルセデスAMGのトップモデルにも搭載されるAMGパフォーマンスシート仕様に。同時に、ステアリングホイールもナッパレザーと人工スウェードのコンビ仕様のフラットボトム型に変更される。「AMGドライブコントロールスイッチ」も備わり、右側にAMG ダイナミック・セレクトのスイッチ、左側には事前に設定したサスペンションやマニュアルモード、ESPなどの切り替え用スイッチを装備するので、手を離すことなく任意のモードへ移行できる。

 

メルセデスAMG A35 4マティックセダンのインストゥルメントパネルイメージ

写真は標準仕様だが、オプションでAMGパフォーマンスパッケージを選択すると、フラットボトム型のステアリングホイールに変わり、AMGドライブコントロールスイッチも装備される

 

サーキット走行時に80件以上の車両データ(車速、加速度など)を常時記録できるAMGトラックペースも標準搭載。ラップタイムや区間タイムや、基準タイムからの差を表示することもできる。GPSに加え各種車載センサー(加速度、ジャイロスコープ、舵角、車輪速)を使用した新開発アルゴリズムの使用により、コース短縮などの変更にも対応可能。加減速の値(0-100km/h、1/4マイル、100-0km/h)の測定と保存にも活用できる。

 

メルセデスAMG A35 4マティックセダンの外観リヤイメージ

エクゾーストシステムには自動制御のフラップを装備。走行モードに応じてノーマルから獰猛なサウンドまで種々の音色を響かせる

 

Aクラスは現在ボディタイプにハッチバックとセダンをラインナップしている。2ボックスよりも剛性面で有利な3BOXの仕様にAMGが設定されたとあり、コンパクトセグメント界に登場した注目株といえる。

 

 

【SPECIFICATIONS】

メルセデスAMG A 35 4マティック セダン

ボディサイズ:全長4560 全幅1800 全高1410mm

ホイールベース:2730mm

車両重量:1570kg

エンジン:直列4気筒DOHCターボ

総排気量:1991cc

ボア×ストローク: 83.0×92.0mm

最高出力:225kW(306ps)/5800 – 6100rpm

最大トルク:400Nm/3000 – 4000rpm

 

トランスミッション:7速DCT

駆動方式:4WD

タイヤサイズ:前後 235/40R18

 

車両本体価格:638万円(税込)

 

 

【問い合わせ先】

メルセデス・コール

TEL 0120-190-610

 

【関連リンク】

・メルセデス・ベンツ公式サイト

https://www.mercedes-benz.co.jp/