マルツァルからエスパーダへ。斬新なる4シーターモデル(1967-1975)【ランボルギーニ ヒストリー】

ランボルギーニ・マルツァルのフロントスタイル

Lamborghini Marzal / Espada

ランボルギーニ マルツァル / エスパーダ

 

 

ライバルには存在しないGTを求めて

 

350GT、400GTの直接の後継モデルたるイスレロの開発が進む中、フェルッチオはもうひとつのモデルの姿を、その胸中に描いていた。より豪華でラグジュアリーなフル4シーターのキャビンを持つGT・・・。それはライバルであるフェラーリにも存在しないプロダクトであったから、実際に生産が開始されれば、ランボルギーニにとって大きな成功を収めるだろうというのが、フェルッチオの考えだったのだ。フェルッチオは、そのプロトタイプの製作をカロッツェリア・ベルトーネに依頼。マルッチェロ・ガンディーニによってデザインされ、1967年に完成されたそのプロトタイプこそが「マルツァル」にほかならなかった。

 

ランボルギーニ・マルツァルのドア&前後カウルオープン

ミウラのシャシーをベースに製作されたマルツァル。ガンディーニらしい斬新なアイデアにより巨大なガルウイングドアをもつのが特徴だ。

 

V12の片バンクのみを使用した、直6エンジンを搭載

 

マルツァルはデザイン・プロトタイプであるがゆえに、きわめて斬新なメカニズムを採用していた。ベースとされたシャシーはミウラのもので、そのリアにはランボルギーニの4リッターV型12気筒エンジンを片バンクのみ使用した2リッター直列6気筒エンジンを横置き搭載。それによってフル4シーターのレイアウトを可能にするキャビンを実現してみせたのだ。左右のドアは巨大なガルウイング方式で、メーターパネルやリアウインドウのルーバーなどには六角形がモチーフとして採用されていた。

 

ランボルギーニ・マルツァルの発表時

1967年のジュネーブ・モーターショーにて発表されたマルツァル。これをヒントに実用性を持ち合わせたエスパーダが誕生する。

 

ガンディーニによる斬新なデザインをエスパーダに

 

マルツァルは1967年のジュネーブ・ショーに出品され、観衆の目を大いに刺激したが、フェルッチオにとってそれは、特に運動性能においては満足できるものではなかった。しかしながらその一方で、ガンディーニによるデザインが魅力的であったことは確かで、結果としてV型12気筒エンジンをフロントに搭載したフル4シーター車を、マルツァルをベースに開発することが指示された。マルツァルのデビューから1年後、1969年のジュネーブ・ショーで発表された「エスパーダ」がそれだ。

 

ランボルギーニ・エスパーダの記録写真

マルツァルのデザインをベースにしたとはいえ、その風格は実に同等たるもの。2650mmのホイールベースをもつこともあり居住性は高かった。

 

Lamborghini Espada

ランボルギーニ エスパーダ

 

V12エンジンを搭載した堂々たる風格をもつエスパーダ

 

丸型4灯式のヘッドランプと大型のグリルを持つエスパーダのエクステリアデザインは、実に堂々とした、そしてGTとしての優雅で高性能な走りを予感させるものだった。搭載されたエンジンは、320psを発揮した4リッターV型12気筒エンジン。そのほか組み合わされる5速MTやデファレンシャル、コイルスプリングを用いる4輪ダブルウイッシュボーンサスペンション、4輪ディスクブレーキ等々のメカニズムは、基本的には2+2 GTのイスレロのものと共通だった。ただし、装備内容はランボルギーニの最上級GTであることを物語るかのように一気に豪華なものとなり、エアコンやパワーウインドウなどは標準。さらには多彩なオプションが用意されていた。

 

ランボルギーニ・エスパーダのエンジンルーム

V12エンジンをフロントに搭載するエスパーダ。325psの最高出力を誇り、最高速度245km/hをマークした。

 

エスパーダが設計面で最も大きな特徴としているのは、セミモノコック構造を採用していることだろう。センターセクションの前後にはサブフレームが接続され、エンジンやサスペンションなどは、すべてここにマウントされる仕組みだ。当時ランボルギーニが発表したデータによれば、エスパーダの最高速度は245km/h。これは同時期のGTとしては世界の第一線に位置する運動性能といえる。

 

ランボルギーニ・エスパーダのフロントスタイル

丸形4灯ヘッドライトが印象的なエスパーダ。他に類を見ない個性的なエクステリアは今見ても斬新に感じる。

 

アメリカ市場へ進出したシリーズ2

 

1970年になると、ランボルギーニは早くもエスパーダにマイナーチェンジを実施する。一般的にはシリーズ2と呼ばれるこのモデルは(シリーズ2の誕生で、初期モデルは便宜的にシリーズ1とも呼ばれるようになった)、エクステリアではホイールやリアパネルのデザインなどが変更されたにすぎないが、インテリアではインストゥルメントパネルのデザインが一新されるなど、視認性と機能性がさらに高められたことが大きな違いだ。また搭載エンジンも、イスレロ Sと同様に10.7の高圧縮比を設定した350ps仕様となり、排出ガス規制でもアメリカのレギュレーションに適合したことから、ランボルギーニにとって最も魅力的な市場へと、ついにエスパーダは上陸を果たすことになった。

 

ランボルギーニ・エスパーダのサイドビュー

エスパーダのサイドビューは居住性の高さを象徴する部分だろう。実用的なラゲッジルームも備える。

 

市場に適合するために進化を繰り返す

 

さらに1973年にはエスパーダには再度マイナーチェンジが施され、シリーズ3へと進化を果たす。この時の改良策で最も大きなものは、ステアリング(エスパーダのステアリングはイスレロのウォーム・アンド・ナット式ではなく、ラック・アンド・ピニオン式だった)にZF製のパワーアシスト・システムが組み込まれたこと。そして3速のクライスラー製ATの選択が可能になったことだろう。これらはいずれもアメリカ市場からの強い要望によるもので、1975年にはアメリカの衝突安全基準に適合させるために5マイルバンパーを装着したエスパーダも生産されるようになり、これをシリーズ4と呼ぶこともある。

 

ランボルギーニ・エスパーダのリヤスタイル

グラスエリアの広さが際立つリヤスタイル。デザイン性の高さはもちろん、後方視界を確保する意味でも機能的であることが分かる。

 

エスパーダは、最終的には1978年まで生産が継続され、トータルで1217台がカスタマーのもとへと出荷されたという。これはランボルギーニにとっては、成功作のひとつというべきものなのだろうが、その後継モデルが現在に至るまで誕生しなかったのは残念なところだ。4シーターという意味ではSSUV(スーパースポーツ・ユーテリティー・ヴィークル)のウルスが現行ラインナップにはあるが、2ドア、あるいは4ドアの4シーターモデルの復活は噂こそあれ、なかなか実現しない。エスパーダの現代版、それに期待するのは私だけだろうか・・・。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ランボルギーニ マルツァル

発表:1967年

エンジン:直列6気筒DOHC

総排気量:1965cc

圧縮比:9.2

最高出力:128kW(175ps)/6800rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1200kg

 

ランボルギーニ エスパーダ

発表:1968年

エンジン:60度V型12気筒DOHC

総排気量:3939cc

圧縮比:9.5

最高出力:239kW(325ps)/6500rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1480kg

最高速度:245km/h

 

ランボルギーニ エスパーダ シリーズ2

発表:1970年

エンジン:60度V型12気筒DOHC

総排気量:3939cc

圧縮比:10.7

最高出力:257kW(350ps)/7500rpm

トランスミッション:5速MT

駆動方式:RWD

車両重量:1635kg

最高速度:250km/h

 

 

解説/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)