グッドイヤーが未来を紡ぐ。超個性的なコンセプトタイヤを公開

グッドイヤーのコンセプトタイヤ、レクサスLF-30 Electrified用1

レクサスのコンセプトカー採用タイヤは“フィン”付き

 

グッドイヤーは、東京モーターショーで「“Freedom to Move” – モビリティの未来はもっと自由だ -」をテーマに3つのコンセプトタイヤを展示。そのひとつが同じく東京モーターショーで世界初公開されたレクサスのコンセプトカー「LF-30 Electrified」の足元に装着されたタイヤだ。

 

レクサスが発表したLF-30 Electrifiedはインホイールモーターによって走行する。そのホイールに採用されているのがグッドイヤーのコンセプトタイヤ

 

LF-30 Electrifiedはトヨタの電動化ビジョン「Lexus Electrified」を象徴するコンセプトカーであり、EVに期待される先進イメージを具現化した未来的な造形に加え、自動運転をはじめとする数々の先進技術を盛り込み未来のレクサスを示唆する重要なモデル。パフォーマンスにおいてはLexus Advanced Posture Controlと呼称する新テクノロジーが導入され、緻密なモーター制御による高度かつ自由度の高い姿勢制御を実現するという。

 

フクロウの羽のような形状をしたフィンがトレッド内側に備わり、空気の流れを制御してインホイールモーターを効果的に冷却する

 

動力を伝達するのは4輪全てに備わるインホイールモーター。モーターである以上、内燃機と同様にその冷却方法は重要なファクターとなるが、ここにグッドイヤーの空気力学解析技術が役立つ。

 

トレッドデザインとタイヤの断面形状はモーターの効率的な冷却効果を狙ったもので、車体側のトレッド部分にビロード状の微細な毛で覆われたフィンが設けられた。このフィンによって空気の流れをモーターの冷却に最適化し、インホイールモーターの冷却問題を解決してLF-30 Electrifiedのパフォーマンスを支える。グリップ性能や省燃費性能とは異なるタイヤ性能を具現化してみせたカタチだ。

 

未来の「空飛ぶクルマ」用に開発されたAeroは、スポーク部分が稼働してプロペラとしての機能を果たす。AIプロセッサーの搭載も見どころだ

 

タイヤは空を飛ぶプロペラにもなる

 

LF-30 Electrifiedに採用されたコンセプトタイヤと同様に、従来のタイヤに求められる性能以外に対してアプローチしているのが日本初披露となった「Aero」だ。

 

2019年のジュネーブ・モーターショーで発表されたAeroは、未来の空飛ぶクルマ用に設計されたコンセプトタイヤ。地上走行用タイヤとしても空中を飛ぶプロペラとしても機能するツーインワンタイヤを企図しており、さらにタイヤに備えられたセンサーからの情報と、車両間及び車両間とインフラ間で伝達される情報を統合するAIプロセッサーを搭載。飛行モードと走行モードのシームレスな切り替えをサポートする。

 

2018年のジュネーブ・モーターショーで発表された、ユニークな光合成タイヤOxygeneも日本初公開。クルマはCO2発生源から酸素供給源へと進化する

 

CO2を吸収し酸素を供給するタイヤ

 

さらにユニークなコンセプトタイヤが「Oxygene」。これはサイドウォール内に植物の苔を生息させ、走行中に苔がCO2を吸収して酸素を発生させる光合成を行うというもの。CO2発生源とされてきたクルマが逆にCO2削減に役立つという野心的なコンセプトだ。

 

Oxygeneは光合成を行う側面だけでなく、リサイクルタイヤのゴムパウダーを3Dプリントしたエアレス構造を採用している点も見逃せない。軽量かつ衝撃吸収に優れたこの構造は高い耐久性とパンクフリーソリューション、そして最小限のメンテナンスを実現する。苔による光合成は突飛で実現性には疑問もあるが、タイヤリサイクルとエアレス構造を転用したタイヤの市販化は期待できそう。グッドイヤーの挑戦は、未来のモビリティが明るいものであることを我々ユーザーに示している。