430hpを誇る「GR スープラ GT4」デビュー! 欧州は2020年3月、日本では同年10月から販売

GRスープラ GT4のフロントスタイル

GR Supra GT4

GR スープラ GT4

 

 

日本での販売は2020年10月以降の予定

 

TOYOTA GAZOO Racing初のグローバルモデルとしてデビューしたGRスープラをベースに、様々なチューニングを施してレース専用車両としてリリースされる「GR スープラ GT4」。開発及び製造はトヨタモータースポーツGmbH(TMG)が担い、欧州では2020年3月から販売を開始する。同年8月から北米、10月から日本・アジアと順次販売地域を拡大していく。

 

全長4460×全幅1855×全高1250mm、車両重量は1350kgを計上。リヤウイングとフロントスポイラーは天然繊維コンポジットを用いる。レース専用車両らしくエアジャッキも標準装備

 

430hpを発揮するレース専用GRスープラ

 

搭載する3.0リッター直列6気筒ターボは最高出力320kW(430hp)/最大トルク650Nmまでパワーアップされ、パドルシフト付の7速スポーツATと機械式リミテッドスリップデフを介して後輪を駆動する。出荷時にはラベノール製オイルを充填し、エキゾーストシステムはアクラポヴィッチ製を装着するなどサーキットに特化したチューニングが施される。

 

量産のGRスープラと同様にフロントサスペンションはマクファーソンストラット、リヤサスペンションはマルチリンクだが、前後共にKW製レース用調整式ダンパーを採用している。ブレーキシステムはフロントに6ポット、リヤに4ポットのそれぞれレース用ブレンボ製キャリパーを装着。タイヤはピレリ製でホイールはOZ製となる。

 

3.0リッター直列6気筒ターボは最高出力320kW(430hp)/最大トルク650Nmまで高められる。ECUはマニエッティ・マレリ製、排気システムはアクラポヴィッチ製を採用。ドライブシャフトはレース用のGKN製を装着する

 

レーシングバケットシートと6点式シートベルト、カーボン製インストルメントパネル、GT4車両に最適化されたステアリングホイールとディスプレイを装備。軽量スチールボディに高剛性ロールケージや消火器を装備するなど安全性を高める数々のアイテムやエアジャッキを備えながら、車重は1350kgまで軽量化された。これには天然繊維コンポジットを用いたフロントスポイラーとリヤウイングの採用も貢献している。

 

各地域でGT4車両の販売及びカスタマーサポート(スペアパーツの販売や技術サポートなど)を担当するのは、欧州ではTMG、北米はTRD USA、日本・アジアはトヨタカスタマイジング&ディベロップメント(TCD)が担う。なお、車両価格は17万5000ユーロ(邦貨約2100万円。税抜、輸送量等は別)を予定している。