ピレリ、5店舗目の旗艦店を豪メルボルンにオープン。世界展開を着実に推し進める

メルボルンにオープンしたP Zero Worldの店内イメージ

プレステージカー販売が伸びるオーストラリア

 

「タイヤのブティック」をコンセプトに、ピレリがフラッグシップストアとして世界展開している「P Zero World」。ロード用のP Zero Trofeo Rから、クラシックカー向けのPirelli Collezioneまで、全レンジを購入できるのみならず、スポーツカーやラグジュアリーカーの顧客向けに専用のサービスも提供する。

 

ピレリは、フラッグシップストア「P Zero World」の第一号店を2016年にロサンゼルスでオープン。続く2017年にミュンヘン、2018年にはモナコ、ドバイとHNWI(富裕層)の多いエリアへ着実に店舗展開を進めてきた。

 

今回「P Zero World」が進出したオーストラリアは、2019年だけで5000台以上のプレステージカーが登録されており、国内の公道上を走るプレステージカーの数は、じつに5万台を超える。自動車の販売成長率で見ると、「一般」セクターが3%、「プレミアム」セクターが6%、「プレステージ」セクターが最も高い8%になっている。

 

メルボルンにオープンしたP Zero Worldの外観イメージ

ピレリの旗艦ショップ「P Zero World」の5番目の拠点として選ばれた立地は、オーストラリアのメルボルン。メルボルンを州都に据えるビクトリア州は、プレステージカーの販売台数で国内随一を誇るエリア

 

バレーサービスや送迎のホスピタリティも

 

なかでもメルボルンを州都とするビクトリア州は、同国のプレステージカーセグメントにおいて最大の登録台数を誇るエリア。オーストラリアで販売されたスーパーカーの3台に1台は、ビクトリア州で登録されている。しかもメルボルンにはオーストリア在住イタリア人の36%以上が生活し、同州のイタリア人コミュニティはオーストラリア最大規模という。

 

メルボルンに開いた「P Zero World」は、同地をホームグラウンドとするMag Wheel & Tyreとのコラボレーションにより誕生。2000年に設立したMag Wheel & Tyreとピレリとの協業関係は数年にわたっており、1日約40台の車両へサービスを提供している。ちなみに現在の主流は18インチ以上のタイヤが占めているそうだ。

 

メルボルンにオープンしたP Zero Worldのファクトリーイメージ

店舗の敷地は1200平方メートル。5つのサービスランチの他、ホスピタリティエリアや車両展示エリアなどを設ける。バレーパーキングや送迎サービスも実施する

 

新店舗の面積は1200平方メートルで、5つのサービスランプを設置。店内では自動車用タイヤはもとより、二輪車用、自転車用のVelo、ピレリ デザイン アクセサリーの販売も行う。また、顧客へのホスピタリティとして、バレーパーキングや送迎車のサービスも用意。公道用もしくはサーキット用の最適なセットアップについて相談できるエキスパートも在籍する。

 

メルボルンにオープンしたP Zero Worldの店内イメージ

ピレリタイヤの全レンジを購入できる他、愛車のセットアップについて、公道向け、サーキット向けのいずれに関してもエキスパートからアドバイスを受けることもできる

 

オーストラリアGPの舞台で開店記念パレード

 

メルボルンの「P Zero World」のオープニングセレモニーに先駆けて、フェラーリやランボルギーニ、アストンマーティン、ベントレー、マセラティなどによるパレードも行われた。車列が走ったのは、オーストラリアGPの舞台として有名なアルバート・パーク周辺。ピレリは2011年以降、F1公式タイヤサプライヤーとして全チームへ単独供給を継続している。

 

アルバート・パーク周辺で行われたメルボルンのP Zero Worldのオープン記念パレード

F1オーストラリアGPの開催されるアルバート・パーク周辺の公道で、オープニングを祝うスーパーカーパレードを実施

 

オープニング当日には、ピレリのパートナーであるランボルギーニとともに、Moto GPの開催地のひとつであるフィリップ島のフィリップアイランド・グランプリ・サーキットでトラックイベントを開催。P Zeroを装着したアヴェンタドール Sとウラカン EVOがデモンストレーション走行を行なった。ピレリが専用に4種類のタイヤを開発した(P Zero/P Zero Corsa/Scorpion/Scorpion Winter)ウルスも、オンロード/オフロード両方でデモランを実施している。

 

フィリップアイランドで行われたメルボルンのP Zero Worldのオープン記念トラックイベント

オープン当日は、フィリップアイランドにてサーキットイベントも開催。ウラカンEVOやアヴェンタドール S、ウルスなどがデモランを行なった

 

ピレリはプレステージカーのタイヤ業界におけるマーケットリーダー的存在であり、同分野でのOE供給率は50%を超える。スーパーカーの2台に1台は同社製タイヤを装着しているという。また、プレミアムマーケットでのOE供給も20%以上を占めており、両セグメントをけん引するフロントランナーとしてグローバルにブランドをさらに強化していく。