新型マクラーレン「エルヴァ」デビュー! 815psのV8ターボを搭載する初のオープンコクピットカー

マクラーレン・エルバのフロントスタイル1

McLaren Elva

マクラーレン エルヴァ

 

 

399台を限定生産し、2020年後半からデリバリー

 

マクラーレン・オートモーティブは、アルティメットシリーズの新たなロードスター「マクラーレン エルヴァ(McLaren Elva)」を発表した。同社にとっては初のオープンコクピットカーとなる。これまでのアルティメットシリーズのP1、セナ、スピードテールと同様に限定的な生産となり、399台のみがデリバリーされる。

 

エルヴァのオーダーはすでにスタートしており、英国における価格は142万5000ポンド(税込)。マクラーレン・スペシャル・オペレーションズ(MSO)によるパーソナライゼーションにより、カスタマーの好みに合わせた仕様を自由に選ぶことができる。デリバリーは2020年後半からを予定。

 

“エルヴァ”の名称はブルース・マクラーレンが1960年代にデザインしたグループ7のレーシングカー、エルヴァ M1Aたちをオマージュした由緒あるもの。先進性や高いパフォーマンスなど共通項は多い

 

1960年代のマクラーレン-エルヴァへのオマージュ

 

エルヴァの名称は、マクラーレンの創設者でるブルース・マクラーレンが1960年代にデザインしたマクラーレン-エルヴァ M1A(Mk I)、 M1B(Mk II)、M1C(Mk III)へのオマージュとなる。当時、グループ7仕様のカスタマーレーシングカーとして製造されたマクラーレン-エルヴァは、現在のマクラーレン製スポーツカーと同じように先進的なデザインとメカニズムを備えていた。

 

マクラーレン・オートモーティブの最高経営責任者であるマイク・フルーウィットは、エルヴァの発表に喜びを隠さない。

 

「マクラーレンは、スーパーカーとハイパーカーの限界をさらに拡大し、これまでにないドライビングエクスペリエンスをお届けしようと追求し続けています。エルヴァはその先駆者としての精神を象徴していると言えるでしょう。マクラーレン-エルヴァ M1Aとその後継モデルは、多くの点において今日のマクラーレン製モデルの精神的な先駆け的な存在です」

 

「新たに誕生したエルヴァは、最高レベルのパフォーマンス、群を抜いたライトウェイト・ミッドエンジンモデルです。この新しいマクラーレン・アルティメット・シリーズのロードスターは、ドライバーとクルマに究極的な繋がりを提供します。かつてのM1Aの遺産を受け継ぎ、公道やサーキットでのドライビングプレジャーを新しい次元へと導くでしょう」

 

最大の特徴はフロントウインドウやルーフを廃したバルケッタスタイルのオープンコクピットカーであること。世界初の特許取得ずみシステム「AAMS」がエアフローを制御し、キャビンを空気のバブルで包み込むという

 

世界初のアクティブ・エア・マネジメント・システムを採用

 

エルヴァはオープンコクピットを採用し、カーボンファイバー製シャシーとボディを備えた2シータースタイル。ルーフ、フロントウィンドウ、サイドウィンドウは装着されない。低く構えたノーズとダイナミックに盛り上がったフロントフェンダー、さらにそこからリヤフェンダーへと流れるようなフォルムを実現した。アクシデント時に展開するロールオーバープロテクションシステムを採用したことで、ヘッドレストのサイズを最小限の高さにとどめている。

 

快適なオープンエアドライブを実現するために、マクラーレンは世界初の技術で特許も取得した「アクティブ・エア・マネジメント・システム(AAMS)」を採用。このAAMSはフロントスプリッター内からエアを吸入し、コクピット前方のクラムシェルからエアフローを流すことで、コクピット周辺を穏やかな“バブル”で包み込む。AAMSはカーボンファイバー製ディフレクターによって作動し、アクティブ状態では150mm上昇してベントに低圧ゾーンを作り出すという。

 

オープンコクピットカーの象徴とも言えるダブルバブルルーフ。安全性を確保するロールオーバープロテクションシステムを採用することでヘッドレストの高さは最低限に抑えられ、スポーティなシルエットに仕上げている

 

F1マシンのフォルムも採り入れたエクステリア

 

必要に応じてヘルメットを着用することも可能だが、上部キャビンの形状がドライバーとパッセンジャーを包み込むようにレイアウトされているので安全な居住スペースは確保されている。またオプションとして、固定式フロントウィンドスクリーンを取り付けることも可能だ。

 

マクラーレン・オートモーティブのデザインディレクターを務めるロブ・メルビルは、エルヴァのデザインについて、以下のようにコメントした。

 

「エルヴァをデザインする際に私たちに与えられた使命は、最もプリミティブなドライビング経験を提供するオープンコクピットの2シーターロードスターを作り上げることでした。F1マシンからインスパイアされたエクステリアは目を見張るほど印象的なフォルムを再現し、現行マクラーレンのデザインアイコンも込められています。妥協を許さないというマクラーレンの哲学に忠実でありながら、ドライバーの関与をさらに強めた1台です」

 

ピュアなドライビングプレジャーを提供するために生まれたエルヴァ。搭載する4.0リッターV型8気筒ツインターボは最高出力815ps/最大トルク800Nmを発生し、0-100km/h加速は3秒未満を計上。生産台数は僅か399台の限定となる

 

セナをも凌ぐ加速性能を実現したハイパワー&超軽量

 

パワーユニットは、セナ及びセナGTRと同じファミリーの4.0リッターV型8気筒ツインターボを搭載する。各コンポーネントの軽量化やエキゾーストシステムの改良などにより、最高出力815ps/最大トルク800Nmを発揮。7速シームレスシフトギヤボックスを介して後輪を駆動し、0-100km/加速は3秒未満、0-200km/h加速はセナをも凌ぐ6.7秒で駆け抜ける。

 

この軽量・パワフルなパワーユニットに、マクラーレンが製造するロードカー最軽量のボディ&シャシーを組み合わたことで、並外れた加速性能、安定性、ドライバーへのダイレクトなフィードバックを実現した。

 

マクラーレン・オートモーティブのビークルレーン・ディレクターを務めるアンディ・パーマーは、エルヴァの動力性能について以下のように説明した。

 

「マクラーレン・オートモーティブ史上最軽量のロードカーであるエルヴァは、とにかく機敏で猛烈にハイスピードです。815psを発揮するツインターボチャージドV8エンジンは、あらゆる感覚を高め息を飲むようなパフォーマンスを提供します」

 

「エルヴァは真の意味で究極のロードスターです。 純粋にドライブの喜びのために存在し、クルマとドライバー、それぞれの究極のつながりを実現しました。ステアリングを握れば非常に没入感のある体験を得られるでしょう」