5万台目の「500」が日本上陸! スモール・フィアットの傑作は12年目も販売堅調

公開日 : 2019/11/15 14:55 最終更新日 : 2019/11/15 14:55


フィアット500/500C日本上陸5万台記念。記念写真イメージ

Fiat 500/500C

フィアット 500/500C

 

 

“12歳”でも過去最高販売に迫るロングセラー

 

FCAジャパンは、2019年11月15日に「フィアット 500」およびカブリオレの「500C」の日本輸入台数が累計5万台に達したと発表。愛知県豊橋港に陸揚げされた5万台目の「500」が同県豊橋市のFCAジャパン新車整備センター(Vehicle Preparation Center=VPC)へ搬入され、記録更新の式典を開催した。

 

フィアット500/500Cは、2008年3月より日本導入を開始。年間販売台数は10年連続で4000台を超えており、輸入開始から12年目を迎えた2019年現在も販売は好調で、2014年に記録した過去最高販売台数に迫る勢いを見せている。

 

フィアット500/500C日本上陸5万台記念。5万台目車両イメージ

2019年11月15日に豊橋港へ陸揚げされた5万台目のフィアット500。外板色がホワイトの「Lounge」仕様だった

 

過去と今をつなぐ「500」のアイコン

 

現行500/500Cの世界デビューは2007年で、以来100ヵ国以上で210万台超を販売してきた。1957年から1977年までという20年の長きにわたり愛された先代と合わせれば、500/500Cの累計販売数は600万台を超える。「500」はまさしく歴代フィアットにおけるベストセラーアイコンだ。

 

記念式典当日は、FCAジャパンが2011年からVPCを置く愛知県豊橋市の市役所産業部・稲田氏より祝辞も贈られた。「豊橋港は年間20万台を陸揚げする国内最大の自動車輸入港です。たくさんのフィアット500で、日本をファッショナブルでスマイルな国に塗り替えていっていただきたいと思います」

 

フィアット500/500C日本上陸5万台記念。VPC内イメージ

式典当日は報道陣向けに新車整備センター内のツアーも実施。内外装の厳しい品質チェックはもとより、日本専用部品の取り付けや搬送時のラップなど、カスタマーの元へ届く前の徹底した仕上げがここで行われる

 

過去最高を更新する勢いのFCAグループ

 

FCAジャパンのポンタス・ヘグストロム社長は語る。

 

「今年はフィアット創設120周年を祝う年であり、日本でフィアット500のお祝いが重なるのは喜ばしい限りです。日本のような小型車競争が特に激しい市場で、販売開始から12年目となる今年も好業績を維持できていることを本当に誇りに思います。これは、我々FCAジャパンと販売ディーラーの方々が共にブランドを育成し、日本の多くのお客様にフィアット500の魅力をお届けできていることの証です」

 

「乗用車市場の販売状況が小幅な伸びに留まるなか、FCAジャパンの2019年10月末までの4ブランド(ジープ、アルファロメオ、フィアット、アバルト)合計の累計販売台数は2万886台と、対前年比10.9%増を記録。FCAジャパン全体の2019年の販売台数は過去最高を更新すると確信しています」