アウディ、ロサンゼルショーで「e-tron スポーツバック」と「RS Q8」を世界初公開

公開日 : 2019/11/18 06:30 最終更新日 : 2019/11/18 06:30


アウディe-tronスポーツバックのフロントスタイル

Audi e-tron Sportback

アウディ e-tron スポーツバック

 

 

e-tronとパワートレインを共有するクーペSUV

 

11月19日に開幕する「ロサンゼルス・モーターショー2019」において、アウディは電気自動車「e-tron スポーツバック」の量産仕様を発表する。全長4.90mの4ドアモデルは、大型クーペのエレガントなスタイルと電気自動車の先進的なキャラクターを融合させた1台となる。

 

e-tron スポーツバックは、量産車では初採用の革新的なデジタルマトリクスヘッドライトを搭載。数百万個のマイクロミラーを使用することにより、かつてない高い精度で車両前方の路面を照射するデバイスだ。電動SUVのe-tronとパワートレインを共有し、同じベルギー・ブリュッセル工場で生産される。

 

2019年11月19日に開催されるプレビューイベントにて世界初公開されるe-tron スポーツバック。トレンドのクーペSUVスタイルに先進のデジタルマトリクスヘッドライトやe-tronと共通の電動パワートレインを搭載する

 

ニューモデルのワールドプレミアをライブ配信

 

また、Qモデルラインナップの頂点に君臨する「RS Q8」も世界初公開される。V8ツインターボエンジンを搭載したRS Q8は圧倒的なパフォーマンスを提供すると同時に、48Vマイルドハイブリッド(MHEV)システムによって実現した高い効率性も備えるラグジュアリーSUVとなる。

 

ベルト駆動式オルタネータースターターにより、RS Q8は最大12kWの電力を回生して搭載するリチウムイオンバッテリーに蓄電。この結果、55〜160km/hの範囲において、エンジンを停止させて最大40秒間コースティング(惰性走行)が可能となった。このエンジンは中間負荷領域でシリンダーを一部休止する機能も備えており、さらなる効率化を達成している。

 

ニューモデルは、現地時間の11月19日午後6時(日本時間:11月20日午前11時)から開催されるプレビューイベントで発表。Audi AGのソーシャルメディアチャンネルとAudi MediaTVでは、ワールドプレミアの模様をライブで配信予定。また、ワールドプレミア後、e-tron スポーツバックとRS Q8はロサンゼルス・モーターショー2019のアウディ・スタンドに展示される。

 

 

【関連リンク】

・Audi MediaTV

https://www.audi-mediacenter.com/de/audimediatv