レクサスブランド初の市販EV「UX300e」をワールドプレミア

公開日 : 2019/11/23 06:30 最終更新日 : 2019/11/23 06:30


レクサスUX300eフロントスタイリング1

LEXUS UX300e

レクサス UX300e

 

 

個性的なデザインを踏襲したEVクロスオーバー

 

レクサスは、2019年11月22日〜12月1日まで開催中の中国・広州モーターショーにおいて、ブランド初の市販EVモデル「UX300e」をワールドプレミアした。

 

搭載するリチウムイオン電池は54.3kWhの大容量を誇り、航続距離は400kmに達するという。

 

UX300eは、EVのポテンシャルを活かしてクルマの根源的な価値を磨き上げるべく開発を進めたとし、コンパクトなクロスオーバー・UXが持ち味とする個性や利便性、使い勝手はそのままに、レクサス製EVらしい上質で「すっきりと奥深い走り」を追求。

 

2019年の東京モーターショーで発表した電動化ビジョン「Lexus Electrified」のもと、EVとしての価値を最大化しながら運動性能と日常の使い勝手との“二律双生”を目指し、ドライバーの運転感覚に寄り添った自然な加減速フィールを実現すると共に最新のコネクティッド技術も採用した。

 

モーターと電池は床下に配備し低重心化と静粛性を確保。モーターは最高出力204ps/最大トルク300Nmを発生

 

ハイブリッドで培った電動化技術を投入

 

2005年にリリースされたRX400h以降、レクサスは電動化技術のブラッシュアップを続けており、UX300eは満を持してのフルEVモデルとなる。搭載するリチウムイオン電池は54.3kWhの大容量を誇り、NEDCモードでの航続距離は400km。低温/高温下でも正常に作動するよう温度調整機能を備えるほか、過充電防止システムや多重監視のセーフネットにより高い信頼性を約束する。

 

バッテリーは車体床下に搭載して低重心化を促し、前後重量配分や慣性モーメントを最適化してハイレベルな運動性能をみせる。さらにバッテリーの床下収納はバッテリー自身に遮音壁としての機能をもたせることに繋がり、レクサスの伝統である優れた遮音性能にも貢献している。

 

駆動用モーター(型式:4KM)はフロントアクスルに装備され、最高出力204ps/最大トルク300Nmをアウトプット。ドライブモードセレクトによりEVらしい瞬時に立ち上がる加速フィールを享受することが可能で、4段階に減速度を選択できるパドルシフトの操作によって内燃機のエンジンブレーキと同様の減速操作も実現している。

 

電動車両では常識となった使い勝手に優れたコネクティビティはUX300eでも採用。スマートフォン経由で様々な操作ができる

 

スマートフォンと連携したコネクティビティ

 

最新のコネクティッドテクノロジーにより、スマートフォンの専用アプリと連携した様々な機能をワイヤレスで実現。バッテリー残量や走行可能距離表示はもちろん、出発時刻に合わせて充電を完了するようにタイマーを設定したり、エアコンやシートヒーター、デフロスターを車外から稼働させることもできる。

 

シフトバイワイヤの採用によって自由度の高いデザインを施したインテリアや、予防安全パッケージのLexus Safety System +の採用などによってドライバーの負担軽減を実現するなど、レクサスらしい“ドライバーファースト”が追求された。

 

UX300eは中国や欧州などを皮切りに順次発売範囲を広げ、日本での発売は2021年前半を予定している。