アウディ Q8に600psを誇るRSモデル登場! 量産SUVのニュル最速記録を更新

アウディ RS Q8のフロントイメージ

Audi RS Q8

アウディ RS Q8

 

量産SUVとしてニュルを最速ラップ

 

アウディは、フラッグシップSUVクーペ「Q8」にハイパフォーマンスモデル「RS」を追加すると発表。2019年11月20日に米ロサンゼルス・モーターショーで初公開した。

 

アウディ RS Q8のフロント走行イメージ

RSファミリー中、最大級の体躯となる「RS Q8」。全長5mを超える巨大なボディを、0-60mph加速3.8秒で運ぶ

 

アウディが伝統的に最高峰のハイパフォーマンスモデルのみに与える「RS」のバッジがフルサイズSUVに装着される日がついに来た。最高出力600ps、最大トルク800Nmを叩き出す4リッターV8ツインターボを積んだ全長5mの巨艦は、0-60mph加速はピュアスポーツ並みの3.8秒。ニュルブルクリンク 北コースで量産SUV最速となる7分42秒2を記録している。

 

RS Q8の心臓、4リッターV型8気筒ツインターボ TFSIユニットは、48Vのマイルドハイブリッドシステムを採用。クランクシャフトに連結したベルト駆動のオルタネーター/スターターを用いて、減速時には最大12kWのエネルギーを回生し、小型のリチウムイオンバッテリーに充電する。

 

アウディ RS Q8のサイドビュー

アダプティブエアサスペンションの採用により、リフトアップ50mm、ローダウン50mm、合計90mmの車高調整幅を設けている

 

V8ツインターボ+マイルドハイブリッド

 

約55〜160km/hで走行時、ドライバーがスロットルをオフにすると、車両は状況に応じて、最大40秒間の回生、もしくはコースティングを行う。スタート&ストップ機能は最高約20km/hまで稼働。マイルドハイブリッドはカメラシステムとも連動しており、例えば先行車の発進を検知すると、ドライバーがブレーキペダルから足を離さなくてもエンジンが始動する。

 

マイルドハイブリッドの採用により、100kmあたりおよそ0.8リッター程度の燃料消費を抑えることが可能になったという。省燃費対策として、気筒休止システムももちろん活用。低負荷時は2、3、5、8番目のシリンダーを停止して4気筒として運用する。

 

強大なパワーは、8速ティプトロニック トランスミッションと、機械式センターデフを備える四輪駆動システム“クワトロ”を介して、路面へ伝達される。40:60の前後トルク配分を基本に、路面状況などに応じて70:30から15:85の間で随時可変する仕組みを取る。

 

アウディ RS Q8のエンジン

V8ツインターボ TFSIユニットは、マイルドハイブリッドと気筒休止システムの採用により、パワーだけでなく燃費性能の向上も図っている

 

電制操舵システムをフル装備

 

さらに、リヤには「クワトロ スポーツ ディファレンシャル」と呼ぶトルクベクタリング機構を標準装備し、コーナリング時のスタビリティやトラクションを最大限に高める。

 

サスペンションはRS専用の「アダプティブ エアサスペンション スポーツ」が標準となり、レーストラックからオフロードまで幅広い道路環境をカバーする。車高は最大90mmまで(上昇=90mm、下降=40mm)調整できる。48Vシステムの採用により、高速コーナリング時にボディの姿勢変化が最小限に抑えられる電子制御式アクティブロールスタビライザーも搭載可能となった。

 

アウディ RS Q8のホイールイメージ

RS特有のワイドフェンダーと大径ホイールにより、腰の座ったスタンスを演出。ドアミラーカバーは、アルミニウム仕様が標準となる(写真はカーボン)

 

後輪操舵システムも標準搭載。低速時には最大5度まで逆位相に、高速域では最大1.5度まで同位相に後輪を操舵する。

 

タイヤ&ホイールは295/40R22インチが標準。オプションで23インチまでをラインナップする。ブレーキは、フロントに420mm径、リヤに370mm径のディスクを装着している。

 

アウディ RS Q8のフェイシアイメージ

アウディの“バーチャル・コクピット”もRS仕様に。タイヤ空気圧やエンジンの出力/トルク、ラップタイム、Gフォースなどが表示できる

 

受注開始は2020年第1四半期から

 

RSモデルの特徴として、ハイグロスブラックのシングルフレームグリルに、グロスブラックのハニカム構造を組み入れたフロントマスクを採用。「クワトロブリスター」と呼ぶRS専用のワイドフェンダーにより、ボディ幅がノーマル比でフロントが10mm、リヤが5mm拡大している。RS独特のグラフィックを用いたマトリクスLEDヘッドランプも備えた。

 

アウディ RS Q8のリヤビュー

ニュルブルクリンク ノルドシュライフェで量産SUV最速の7分42秒2をマークしたRS Q8。0-200km/h加速は13.7秒を記録している

 

アウディ・スポーツGmbHのマネージング・ディレクター、オリバー・ホフマンは説明する。

 

「25年わたるRSモデル史において、我々は初めて大型SUVクーペを投入しました。V8ツインターボガソリンエンジンを搭載したRS Q8は、RSファミリー全体を突き動かす原動力になるでしょう」

 

RS Q8の受注開始は、欧州および北米で2020年第1四半期を予定している。日本への導入時期および価格は未定。

 

 

【SPECIFICATIONS】

アウディ RS Q8

ボディサイズ:全長5012 全幅1998 全高1694mm

ホイールベース:2998mm

トレッド:前1692 後1696mm

エンジン:V型8気筒DOHCツインターボ

総排気量: 3996cc

最高出力:441kW(600ps)/ 6000rpm

最大トルク:800Nm/2200–4500rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

サスペンション形式:前後5リンク

ブレーキ:前後ベンチレーテッドディスク

タイヤサイズ:前後295/40R22