ランボルギーニ、eスポーツ専用車「ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモ」を公開

公開日 : 2019/11/27 06:30 最終更新日 : 2019/11/27 06:30


Lamborghini Lambo V12 Vision Gran Turismo

ランボルギーニ ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモ

 

 

PS4用グランツーリスモSportでドライブが可能

 

FIA(国際自動車連盟)とプレイステーション用ゲーム「グランツーリスモ」による新たなEモータースポーツとして2018年にスタートした、FIA グランツーリスモ チャンピオンシップ(FIA Gran Turismo Championships)。その最終戦、ワールドファイナルがモナコのモンテカルロにて開催され、アウトモビリ・ランボルギーニが新たなコンセプトカー「ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモ」を公開した。

 

ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモは、将来を見据えたコンセプトカーであり、プレイステーション4用ゲーム「グランツーリスモSport」内で2020年春から使用が可能になる。これまでも様々なメーカーやレースコンストラクターがグランツーリスモ内で独自のコンセプトカーを発表しており、今回ランボルギーニが登場した形だ。

 

プレイステーション4用ゲーム「グランツーリスモsport」内に登場する「ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモ」。その発表会では、1/1スケールモデルも展示された。

 

若い世代のゲームファンが楽しめるクールなデザイン

 

アウトモビリ・ランボルギーニの会長兼CEOのステファノ・ドメニカリは、今回のグランツーリスモとのコラボレーションについて以下のように説明した。

 

「ランボルギーニはとても若いブランドです。今回、レーシングゲームで楽しむことができる、将来のビジョンと、そのフルスケールモデルを紹介することができました。このコンセプトカーには、若い世代のゲームファンやスーパースポーツカーファンが楽しめる、未来的でクールなデザインを与えました」

 

バーチャルモデルとはいえ、ランボルギーニが本気で制作しているだけに実践的だ。驚くことにパワートレインは、ハイブリッドモデルのFLP 37と共通という。

 

パワートレインはシアン FKP 37のハイブリッドシステムを採用

 

今回、ランボルギーニのデザイン部門であるチェントロスティーレが、ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモのデザインを担当。同社初のハイブリッドモデルであるシアン FKP 37のパワートレインが使用されている。

 

そのデザインはランボルギーニのDNAが色濃く反映されており、ゲーム内ではパッセンジャーシートが必要とされていないことから、シングリシーターが採用された。

 

エアロダイナミクスも抜かりはない。しかもサイドウインドウのデザインは、1968年のコンセプトカー、マルツァルからイメージしたというからヘリテージをも尊重している。

 

マルツァルから着想を得た6角形のサイドウインドウ

 

非常に高度なエアロダイナミクスコンセプトを採用。Y字型テールラリトを配置したリヤセクションには、2分割されたガルウイング形状の大型リヤウイングを装着する。メインボディはフェンダーから切り離されており、サイドウインドウのヘキサゴン形状は、1968年に発表されたコンセプトカー「マルツァル」からイスピレーションを得たものだ。

 

イメージしたのはジェット戦闘機。キャノピーを跳ね上げてドライバーは乗車し、シングルシーターに乗り込む。

 

最新鋭戦闘機を思わせるシングルシーターのコクピット

 

コクピットは最新鋭のジェット戦闘機をイメージし、キャノピーが上方に跳ね上がり、ドライバーが乗り込む。操作系統は未来的なデザインのステアリグホイールに集約。速度やエンジン回転数などのドライブ情報は、すべてヴァーチャル映像としてドライバーの目の前に映し出される。

 

ゲーム中のマシンとはいえ、現在ランボルギーニが力を入れている軽量素材やハイブリッドシステムなどを搭載する。

 

将来的にランボルギーニの市販車に採用される技術を投入

 

ランボルギーニ・チェントロ・スティーレを率いる、ミトヤ・ボーカートは今回の試みについて以下のようにコメントした。

 

「ランボ V12 ヴィジョン グランツーリスモは、ランボルギーニを愛し、そして未来を担う若いファンやゲーマーに究極のバーチャルカーを提供するために制作されました。ランボルギーニのデザイナーがその才能を自由に伸ばし、すべてのランボルギーニ車と同様に最高のドライビング体験ができる1台となっています。また、軽量素材技術やハイブリッドなど、ランボルギーニが進めている最先端のテクノロジーをここでも具現化しています」