6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_3F1_tylM1116 | 8枚目の写真 (全8枚)

公開日 : 2019/11/30 17:55 最終更新日 : 2019/11/30 17:55

  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_PM1117 | 1枚目の写真 (全8枚)
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_IMG_9119 | 2枚目の写真 (全8枚) 搭載するフォードDVFエンジンがガソリン漏れを起こし走行不能になったティレルP34。その修理をハナシマレーシングの花島氏が手掛けた
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_IMG_9724のコピー | 3枚目の写真 (全8枚) 1976年と77年にF1GPを戦ったティレルP34は、空気抵抗を低減するためにタイヤを小径化。トレードオフとなる接地性能と制動性能を補うための6輪化を実施した。そのユニークな姿は根強い人気をもつ
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_IMG_8606 | 4枚目の写真 (全8枚)
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_IMG_8309 | 5枚目の写真 (全8枚) 唯一無二の6輪F1マシンとして異彩を放つティレルP34がSSOEに参加するため来日。オーナーは1980〜90年代にミナルディF1で活躍したピエルルイジ・マルティニで、自らステアリングを握り鈴鹿サーキットを走行した
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_IMG_8330 | 6枚目の写真 (全8枚) SSOEにはタミヤ模型が所有しているティレルP34が展示されたが、ピエルルイジ・マルティニはこの個体に会うのを楽しみにしていたという。自身が所有するP34のレストアの参考にと大量に撮影していたのが印象的
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_75625363_3392729724100418_5075140821053865984_o | 7枚目の写真 (全8枚)
  • 6輪のF1マシン「ティレル P34」が鈴鹿サーキットを激走【鈴鹿サウンド・オブ・エンジン 2019 Part.2】 | GQW_SSOE_3F1_tylM1116 | 8枚目の写真 (全8枚)

※ スワイプで前後の画像を表示