ベントレー、新型フライングスパーを堪能できるARアプリをリリース

新型ベントレーフライングスパー用ARアプリのイメージカット

BENTLEY FLYING SPUR

ベントレー フライングスパー

 

 

デリバリーを前にフライングスパーをチェック

 

ベントレーは、新型フライングスパーの発売に合わせ、世界最高のグランドツーリングサルーンを堪能できる拡張現実(AR:オーグメンテッド・リアリティ)アプリケーション「Bentley AR Visualiser」を用意した。

 

このアプリを使用することでカスタマーだけでなく、自動車ファンも2020年前半を予定しているフライングスパーのデリバリーを前に、エクステアリアやインテリアを拡張現実下であらゆる角度から体験することが可能。アプリは、AppleとAndroidユーザー向けにリリースされる。

 

新型フライングスパー用に開発された拡張現実(AR:オーグメンテッド・リアリティ)アプリケーション「Bentley AR Visualiser」。これを使用すれば、好みの仕様がイメージしやすくなる。

 

ラグジュアリーとパフォーマンス、ふたつの仕様を用意

 

アプリ内のフライングスパーは、2つの重要な特徴である「ラグジュアリー(luxury)」と「パフォーマンス(performance)」を堪能できるよう、ふたつのスペックが用意された。「ラグジュアリー」は、メテオのボディカラーが採用され、インテリアはブルネルとリネンで仕上げられた。

 

一方、「パフォーマンス」は、エクストリームシルバーのボディカラーに、ホットスパーステッチが施されたベルーガレザーのインテリアが組み合わされている。

 

どちらのスペックも「マリナー ドライビング スペック」、「リヤシート エンターテイメント」、「ベントレー ローテーションディスプレイ」、そして新形状のフライングBマスコットを装備。さらに「パフォーマンス」仕様には、新たに発表された「ブラックライン」も用意されている。

 

インテリアの仕様選びは購入者を悩ませることが多いため、こうしたアプリを利用すれば、イメージしやすいだろう。しかもテストドライブも可能だ。

 

最新の拡張現実テクノロジーを活用したアプリ

 

このアプリは最新の拡張現実テクノロジーを使用しており、自動車業界で最も先進的なシステムを採用。複数の仕様が選択できるだけでなく、ユーザーはアプリ内でクルマのサイズを変更したり、テーブルトップに表示することも可能。フライングスパーで拡張現実内でのテストドライブも楽しむことができる。

 

「Bentley AR Visualiser」は、Android用はGoogle Play ストアにて、iPhone/iPad用はApple App Storeで、無料でダウンロードが可能となっている。