アポロ IEが華を添えた、新体制「アポロ フューチャー モビリティ グループ」の事業展開とは?

アポロIE市販モデルのフロントスタイル1

Apollo IE

アポロ IE

 

 

モビリティ開発に大きく舵を切る

 

香港に拠点を置くベンチャーキャピタルのWe Solutions Ltdは、2019年にアポロ オートモビルを傘下に収めたのに続き、2020年1月からはアポロの名称を冠した新グループ「APOLLO FUTURE MOBILITY GROUP」として展開すると発表した。

 

「We Solutions Ltd 新事業戦略/新グループ体制発表会」の会場には、日本初上陸となるアポロ IEの市販バージョンがディスプレイされ、さらにその個体のオーナーへの納車式も行われた。

 

We Solutions Ltdの新体制発表会では、グループ内に収まるアポロ・オートモビルが製造したIEの納車式が同時に披露された

 

APOLLO FUTURE MOBILITY GROUPとは?

 

アポロとはグンペルト・シュポルトヴァーゲン社がかつて生産し、世界最速記録を樹立したスーパースポーツの車名。そしてグンペルト・シュポルトヴァーゲン社が2013年に経営破綻後に再建された際、世界最速記録保持車の高い知名度からアポロ・オートモビルを名乗るようになる。

 

そして今回、そのアポロ・オートモビルを傘下に収めたWe Solutions Ltdも、同様にアポロの自動車業界における知名度を利するため自らのグループ名をアポロ フューチャー モビリティ グループ(AFMG)へと変更し、モビリティ事業への本格参入を強く印象づけるカタチとなった。

 

We Solutions Ltdのリチャード・スンCEOが今後の新体制として「APOLLO FUTURE MOBILITY GROUP」への名称変更や事業形態に関してプレゼンを行った

 

AFMG(旧We Solutions Ltd)はこれまで多種多様な業態への投資を行ってきたが、その中には日本発のEVベンチャーカンパニー・GLMも含まれる。ピュアEVのトミーカイラGG市販化を始め様々な企業とその技術力で協業を果たしているGLMは、AFMGのアドバンスド・テクノロジー・ジャパンとしても展開していくという。

 

さらに、2019年のグッドウッド・フェスティバル・オブ・スピードで披露されたデ・トマソP72や、アウディeトロンGTの開発にも参画しているドイツのIdeenion(イデニオン)もAFMGに参入することが発表された。イデニオンはグループのアドバンスド・テクノロジー・ヨーロッパという位置づけになる。

 

会場内に持ちこまれたアポロIEの市販モデル。限定生産数10台はすでにすべて売約済みで、オーナーの趣向をふんだんに採り入れた車両の価格は3億円とも

 

アポロIEは完売。今後はその技術を活かして他のハイパーカーに

 

AFMGのモビリティ事業は、自動車メーカーとのアウトソーシングサービスやブランド構築、そしてハイパーカーの開発及び販売も含まれる。発表会場に持ち込まれたアポロIEはすでに限定生産台数の10台すべてがソールドアウトしているが、IEで培ったオールカーボンシャシーなどのコアテクノロジーは今後AFMGがプロデュースするハイパーカーに投入される予定だ。その萌芽はすでにカタチとなっており、例えば、デ・トマソP72のユニットやシャシー他多くはアポロIEと共通のものになっている。

 

今後はグループ内で技術共有が進められ、アポロ・オートモビル、イデニオン、GLMそれぞれの強みが結集されたモビリティが生み出されていくはずだ。