フェラーリ ローマ 発表! 620psを誇るV8ツインターボ搭載のエレンガントな新型FRスポーツ

フェラーリ・ローマのフロントスタイル

Ferrari Roma

フェラーリ ローマ

 

 

ポルトフィーノの後継車

 

11月13日、フェラーリはカリフォルニアやポルトフィーノに代わるフロントエンジンモデルの新型車「ローマ」を発表した。

 

詳細こそまだ明かされていないが、この新たな2+2クーペは、これまで4年連続でインターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに輝いた、V8ツインターボエンジンを搭載。620psの最高出力と、760Nmという最大トルクを発揮する。

 

フェラーリ・ローマのサイドビュー

フェラーリの新型2+2モデル「ローマ」。車名の通り、イタリアの首都ローマで発表された。

 

タイムレスなデザイン

 

洗練されたエクステリアは、自ら“タイムレス”なデザインと表し、1950〜1960年代のローマで見られた、自由で心地のよい生き方=ドルチェヴィータの世界観を今に伝えると主張。カリフォルニアやポルトフィーノの流れをくむものの、過去にない新しいフェラーリに仕上がっている。ラグジュアリー感も加わり、エレガントさが増しているのも特徴だろう。

 

フェラーリ・ローマのコクピット

新型ハイブリッド・スーパースポーツのSF90にも通じるコクピットデザイン。

 

コクピットのデザインも過去の2+2とは一線を画する。SF90ストラダーレにも近い印象で、積極的にデジタル表示を使用、より新生代のGTカーらしい仕上がりを見せている。

 

フェラーリ・ローマのリヤスタイル

過去のフェラーリとは決別したかのようなリヤのテール周り。新時代の到来を示しているようだ。

 

 

【SPECIFICATIONS】

フェラーリ ローマ

ボディサイズ:全長4656 全幅1974 全高1301mm

ホイールベース:2670mm

乾燥重量:1472kg

 

エンジン:V型8気筒ツインターボ

総排気量:3855cc

ボア×ストローク:86.5×82mm

最高出力:456kW(620ps)/5750〜7500rpm

最大トルク:760Nm/3000〜5750rpm

最高許容範囲回転数:7500rpm

 

最高速度:320km/h

0→100km/h加速:3.4秒

0→200km/h加速:9.3秒