ロータス・カップ・ジャパン最終戦富士、今季初参戦の山本健一が4連勝で王座決める

ロータス・カップ・ジャパンのレースシーン1

ドライで行われた予選でポールポジションを獲得した山本

 

JAF(日本自動車連盟)公認レース「LOTUS Cup Japan」、2019年シーズン第5戦が11月17日(日)に、静岡県・富士スピードウェイで開催された。ロタース・エキシージで争われるクラス1は山本健一、エリーゼ中心のクラス2は松尾 修が勝利。最終戦を終えてクラス1の年間タイトルは山本、クラス2は秋葉有一がそれぞれ手にしている。

 

秋らしい雲ひとつない晴天に恵まれ、午前9時10分にスタートした予選は2回目のアタックラップで1’53.044を記録した山本がポールポジション。昨年のチャンピオンの飯田敏雄が1’53.566と2番手タイムを刻み、フロントロウの一角を確保している。

 

クラス2は2戦ぶりの参戦となる松尾が2’01.783の好タイムを叩き出し、予選トップを獲得した。このレースにタイトルが掛かっている秋葉は、最終アタックでミスを喫したこともあり、2’02.158と松尾のタイムに届かず、予選2位に留まった。決勝では秋葉が2位以上かつ、現在ポイントリーダーの西面 一を上回る順位でフィニッシュすると逆転で秋葉の連覇が決まる。

 

2019年のロータス・カップ・ジャパンもいよいよ山場。クラス1はここまで3連勝中の山本健一選手がポイントリーダーであり、レースの結果如何ではシーズンチャンピオンが決まる

 

好スタートを決めた昨年の王者飯田が山本をパス

 

午後に行われた決勝レースも予選に続いて晴天が広がり、ロータス・カップとしては久々に予選・決勝ともにドライコンディションで行われることになった。

 

抜群の蹴り出しを見せた飯田は1コーナーにポールの山本に迫るポジションで侵入すると、2コーナーで前に出る。さらに予選4番手からスタートした清水友一も山本に遅いかかかり、2番手に浮上。その後方、予選3番手の佐藤考洋はセンサートラブルから無念のピットイン。優勝争いは飯田、清水、山本に絞られることになった。

 

スタートで出遅れた山本だったが、1周目のストレートで前を行く清水をパス。さらに2周目の最終コーナーで前を走る飯田を射程圏内に捉えるとストレートでスリップストリームに入り、そのままオーバーテイクを披露。早々にトップに復帰する。続く3周目は予選タイムに近い1分35秒台にペースを上げて、一気に飯田を引き離して見せた。

 

スタートで後塵を拝して一時は3番手までポジションを落とした山本選手だったが、徐々にペースを掴みトップに返り咲く。2位は飯田選手、3位には清水選手が入った

 

一時3番手までポジションを落とした山本が逆転勝利

 

山本は8周目のダンロップコーナーでは飯田にインに飛び込まれるシーンもあったが、しっかりと首位の座をキープ。残り2周はペースを取り戻し4連勝を達成した。ロータス・カップ初参戦のシーズンながらも、見事クラス1タイトルを獲得している。

 

「かなり激しい展開のレースになりました。スタートを失敗したのが痛かったです。中盤以降は苦しく、またやられるかな・・・と思いながら、なんとか落ち着きを取り戻して先頭でチェッカーを受けることができました。ロータス・カップは今回のような接戦が毎戦繰り広げられています。本当に楽しいレースですし、自分自身が成長できるシリーズだと思います」と山本は笑顔で喜びを語った。

 

2位の飯田は「苦しいシーズンだったが、ようやく最後に光が見えた」と振り返った。3位は来シーズンからの本格参戦を計画している清水。トラブルを解消した上でコースに復帰した佐藤は4位でレースを走り切っている。

 

クラス2は2番グリッドの秋葉選手がスタートで前に出てレースをコントロールするが、2周目に松尾選手がトップを奪取しそのままゴール。嬉しい初優勝を飾った

 

クラス2は参戦2戦目の松本が初勝利、秋葉が王座決める

 

クラス2は2番グリッドの秋葉が抜群のスタートを決めて松尾をパス。しかし、スピードに勝る松尾が2周目のストレートで秋葉を抜いてトップに浮上。そのままペースを落とすことなく後続を引き離し、嬉しいロータス・カップ初勝利を手にした。

 

「スタートで秋葉選手が速かったので、1周目は後ろにつきました。10周あったので落ち着いて走れました。予選から決勝にかけてとてもいいムードのなかでレースを楽しむことができました。来シーズンはタイトルを掛けてフル参戦を考えています」と、初優勝の松本は来シーズンのタイトル獲得を誓っている。

 

2位に入った秋葉が、このレースを4位で終えた西面と同ポイントながらも、選手権規定により2018年に続きクラス2連覇を達成した。