アストンマーティン「DBX」がついに発表。106年の歴史で初となるSUVで攻勢をかける

アストンマーティン DBXの正面イメージ

Aston Martin DBX

アストンマーティン DBX

 

プラットフォームもボディも専用

 

アストンマーティンは、初の5人乗りSUV「DBX」を2019年11月20日に発表した。

 

アストンマーティン DBXのフロント走行イメージ

アストンマーティン初のSUVとして誕生した「DBX」。5人乗りで、ボディサイズはポルシェ カイエンとベントレー ベンテイガの中間くらいに位置する

 

「DBX」は、まったく白紙の状態から開発を始めた同社にとって最初のSUVモデル。SUV専用の新しいプラットフォームをベースに、接着アルミニウム構造の軽量・堅牢な専用ボディを採用している。

 

車体寸法は全長5039mm×全幅1998mm×全高1680mm、ホイールベースが3060mm。サイズ的にはポルシェ カイエンとベントレー ベンテイガの中間くらいに位置づけられる。

 

アストンマーティン DBXのサイドビュー

エンジンはDB11やヴァンテージに搭載する、4リッターV型8気筒ツインターボユニット。最高出力が550ps/6500rpm、最大トルクは700Nm/2200〜5000rpmを発生

 

550psのV8で0-100km/h加速4.5秒

 

フード下にフロントミッドマウントするエンジンは、DB11やヴァンテージに搭載する、4リッターV型8気筒ツインターボユニット。最高出力が550ps/6500rpm、最大トルクは700Nm/2200〜5000rpmで、0-100km/h加速が4.5秒、最高速度は291km/hに達している。

 

アクティブ・セントラル・ディファレンシャルにくわえ、リヤにeデフを備えた四輪駆動で、トランスミッションは9速ATを組み合わせる。足回りはフロントがダブルウィッシュボーン、リヤにマルチリンクという構成で、アダプティブ・トリプルチャンバー・エアサスペンションを装備。車高が最大45mm上昇、50mm下降する。

 

アストンマーティン DBXのフロントシートイメージ

レザーとアルカンターラをふんだんに使用するエレガントな雰囲気の室内。ブリッジ上のセンターコンソール下にバッグなどを収納できるようデザインされている

 

48V採用でスポーティな走りを実現

 

48Vシステムを採用しており、電制のアンチロール・コントロール・システム(eARC)とアダプティブダンパーを搭載。ボディのロールを抑えたスポーティーな走りから、最大5人の乗員と荷物を満載してもなお快適な乗り心地の両方を実現するという。

 

計算流体力学(CFD)を用いたテストを実施するなど、空力性能の開発にも注力。フロントにはデイタイムランニングライトに統合した空力ダクトは、ホイールアーチからサイドパネルまでの空気の流れを導き、ブレーキを冷却しつつ抵抗と揚力の両方を低減する。また、ルーフ上からリヤウイング、リヤウインドウ、リヤフラップまでの空気の流れも整えることで、走行中にリヤウィンドウをクリーンな状態に保つよう配慮した。空力性能を徹底して追求することで、キャビンのノイズレベルも最小限に抑えているという。

 

アストンマーティン DBXのテールイメージ

マスの大きなSUVだからこそ、スポーツカーづくりで培ったアストンマーティン流の空力設計がものをいう。空気の流れは徹底的に計算、分析、テストを重ねた上で整えられた

 

キャビンにはアストン流のエレガンスを

 

ラゲージルームの容量は632リッターで、後席は40:20:40の可倒式。「スノー」や「ペット」など、テーマ別に設けた多彩なパッケージオプションを用意し、広大なキャビンやラゲージルームをそれぞれの世界観に合わせてカスタマイズできるようにした。

 

シートには長年のパートナーである「ブリッジ オブ ウィアー」社によるフルグレインレザーを使用。ヘッドライニングと電動ルーフ用ブラインドにはアルカンターラを配した。センターコンソールはブリッジタイプの形状とすることで、貴重品を手元すぐに収納可能にするとともに、荷物が露わにならないデザインとしている。

 

アストンマーティン DBXのペットパックイメージ

「ペット」「ツーリング」「アドベンチャー」など、様々なテーマに分けたアクセサリーパッケージも用意。アストンマーティン史上最多のオプションを備えている

 

500台の限定仕様車も発売

 

最初の限定モデルとして500台の「1913 パッケージ」も用意。専用のバッジや検査プレートを備え、同社CEOであるアンディ・パーマー自身による承認・検査を経てのちデリバリーされる。さらに、バイスプレジデント兼チーフクリエイティブオフィサーのマレク・ライヒマンの署名入りビルドブックやウォルドーフ・アストリアで行われるカクテルパーティーへの招待状も贈られるという。

 

アストンマーティン DBXのリヤビュー

生産はウェールズに建設したセント・アサン工場のみで行う。同工場では今後ラゴンダモデルも生産する模様

 

DBXはウェールズに新設したセント・アサン工場で生産される。希望小売価格は、英国が15万8000ポンド(約2213万円)、ドイツが19万3000ユーロ(約2319万円)、米国が18万9900ドル(約2060万円)から。3地域ではすでに注文を受け付けており、納車開始は2020年第2四半期を予定している。

 

日本市場への導入時期、価格などは未定。