V10登場10周年記念モデル「アウディR8 Decennium」、納車式を富士スピードウェイで開催

アウディR8デセニウムの納車式に参加したブノア・トルレイエ銭湯

Audi R8 Decennium

アウディ R8 デセニウム

 

 

09年の「5.2 FSI quattro」からスタートしたV10の歴史

 

アウディ ジャパンは、フラッグシップスポーツモデル「R8」のV10エンジン搭載モデルのデビュー10周年を記念した限定仕様「R8 Decennium」納車式を、オーダーしたオーナー5組8名を迎えて、11月26日に富士スピードウェイで行った。

 

「Decennium(デセニウム)」はラテン語に由来する言葉で「10年」を意味する。これはR8のV型10気筒エンジン搭載モデルの10年にわたる成功を意味している。初代R8がデビューしたのは2006年。当初は4.2リッターV8エンジンでスタートしたが、2009年に5.2リッターエンジンを搭載した「5.2 FSI quattro」を追加した。ここからV10エンジンのヒストリーが始まっている。

 

アウディR8デセニウムの納車式に参加したブノア・トルレイエ選手

富士スピードウェイで開催されたアウディR8 デセニウムの納車式には、スーパーGTとDTMの交流戦に参戦したブノア・トルレイエ選手が参加し、R8のパフォーマンスについて語った

 

スーパーGT&DTM交流戦に参加したばかりのトルレイエも参加

 

この納車式では、アウディ ジャパンのフィリップ・ノアック社長が、オーナーへの限定車証明書を車両とともに授与。また、先週末に行われたスーパーGTとDTM(ドイツ・ツーリングカー選手権)特別交流戦に参戦したばかりのレーシングドライバー、ブノア・トルレイエがゲストとして参加。R8のパフォーマンスをオーナーに説明している。

 

R8に搭載される自然吸気5.2リッターV10エンジンは、アウディの市販モデルとして過去最高となる最高出力620psを発揮。これに7速Sトロニックトランスミッションが組み合わせられる。電子制御油圧多板クラッチ式quattroフルタイム4輪駆動システムは、運転状況に応じて駆動トルクを自動で分配し、極限の状況では、前輪または後輪のいずれかへ100%のトルクを伝達することも可能となっている。

 

また、低負荷時にはエンジンの片バンクを休止させるシリンダー・オン・デマンド(COD)を採用。アクセルペダルをオフにしたときにはエンジンを駆動系から切り離すコースティングモードとあわせて優れた環境性能を両立する。

 

アウディR8デセニウムのインテークマニホールド

R8 デセニウムはR8 V10 performance 5.2 FSI quattro S tronicをベースとし、アウディの市販モデル史上最強の最高出力620psを発揮。特別感に溢れたマットブロンズカラーをインマニに施している

 

マットブロンズカラーにペイントされたインテークマニホールド

 

今回納車式を行ったR8 Decenniumは、アウディ・スポーツGmbHの責任のもと、高度なスキルをもった従業員によってそのプロセスの多くは手作業で行われ、世界限定222台のみの生産。日本国内の割当はわずか10台となっている。

 

クーペモデルの「R8 V10 performance 5.2 FSI quattro S tronic」をベースに、ダイナミックステアリングをはじめ数々の特別装備を採用。エクステリアはデイトナグレーマットエフェクトのボディカラーに、ハイグロスブラックスタイルパッケージ(グロスブラックのフロントスポイラー、サイドシル、ディフューザーなど)を組み合わせた。

 

またフロントフード上のフォーリングスのバッジもブラックとなる。アルミホイールはマットブロンズの20インチ、インテークマニホールドも同様にマットブロンズカラーに彩られている。

 

アウディR8デセニウムのインテリア

インテリアはデコラティブパネルグロスカーボンとアルカンターラヘッドライニングを採用。随所に“Decennium”のロゴが施されるが、特にセンターコンソールのロゴはアウディが特許を祝した部分マット仕上げを用いている

 

特許を取得した部分マット仕上げの“Decennium”ロゴを配置

 

インテリアでは“Decennium”のロゴをセンターコンソールやドアなどに配置。特にグロスカーボンファイバー仕上げが施されたセンターコンソール上の“Decennium”ロゴは、アウディが特許を取得した部分マット仕上げを特徴としている。これは素材の表面に特殊な粉末を使用し、数千分の1mm単位で粗面化処理が施されている。

 

さらに電動調整機能付きスポーツシートや、デコラティブパネルグロスカーボン、アルカンターラヘッドライニングなどを装備。550Wのアンプと13個のスピーカーによるBang & Olufsenサウンドシステムも備えている。