“マイバッハ”を冠するGLSが登場。これぞメルセデス製SUVのトップ・オブ・トップ

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックのフロント走行イメージ

Mercedes-Maybach GLS 600 4MATIC

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティック

 

 

スーパーラグジュアリーSUV界の大型新人

 

メルセデス・ベンツは、2019年11月21日に「メルセデス マイバッハ GLS 600 4 マティック」を初公開した。中国・広州モーターショーのプレビューイベントが初披露の舞台となった。

 

メルセデス・ベンツにとって、虎の子の高級ブランド「マイバッハ」。設計の王様の名前を戴く伝説の看板として、現行ではフラッグシップサルーン、Sクラスの最高級レンジにのみ使用されている。

 

今回、栄光のブランド名が与えられたのは、自ら「SUV界のSクラス」と称する旗艦SUVモデルの「GLS」。ロールス・ロイス カリナンやベントレー ベンテイガ、アストンマーティンDBXなどが属するスーパーラグジュアリーSUVセグメントに新たな刺客が加わった格好だ。5シーター、もしくは贅を極めた4シーターのいずれかを選ぶことができる。

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックの正面イメージ

繊細なピンストライプ風のフロントグリルが、マイバッハの血統を伝える。もちろん、ボディカラーにはクラシカルな2トーン仕様を用意する

 

AMG系統のV8ユニットを搭載

 

パワーユニットは、AMG GT系と共有するM177型の4リッターV型8気筒ツインターボを搭載。558hp/730Nmという内燃機性能に加え、22hp/250NmのISG(インテグレーテッド・スターター・ジェネレーター)を組み合わせた“EQブースト(=48Vマイルドハイブリッド)”仕様である。トランスミッションは9速ATの9Gトロニックを組み合わせる。

 

大トルクで巨艦を悠然と運ぶV8エンジンは、一方で気筒休止システムも採用することで効率向上も図っている。走行モードで「コンフォート」を選択し、エンジンが800〜3250rpmの回転域でパーシャルモードに入った場合、2、3、5、8番のシリンダーを休止して燃料消費を節約。ドライバーがスロットルペダルをひとたび踏み込めば、1000分の1秒以内で通常モードに復帰する。

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックのパノラミックガラスルーフイメージ

広大なガラスルーフに、広々とした足元空間、見晴らしの良い視界、優れた乗降性とスペース効率。フルサイズSUVならではの特性が、ショーファードリブンとしての強みに直結している

 

ショーファー向けの走行モードも

 

もちろんエアサスペンション仕様が標準となり、カメラや各種センサーで路面状況などをスキャンし、横Gや不快な振動を制御する「Eアクティブ ボディ コントロール」も用意した。48Vシステムによって各サスペンションを個別に制御する最新テクノロジーだ。

 

また、ショーファードリブンとしての用途を考慮し、後席乗員の快適性を優先したドライブプログラムも用意。2速スタートやアイドリングストップOFF、加速マナーの穏やかな調整などにより、乗員に余計なGや振動を感じさせないスムーズなドライビングを実現する。すなわち“ショーファー”モードである。

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックのリヤシートイメージ

1mを超える広大なニールームを確保したリヤシート。バックレストを27度の通常角度に立てたときのヘッドルームは1020mmと、頭上空間にも余裕がある

 

1メートル超のニールーム

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックの着座位置は、Sクラスに比較して運転席で25cm、後席で28cm高い。くわえて、ドアを開ければ電動のステップが登場するので、スマートに、かつスムーズに乗降することができる。

 

特等席はなんといってもリヤシートで、GLSに比較して座席位置を120mm後方に移動することで、1103mmという広大なニールームを確保した。助手席をショーファー用のポジションへ設定すれば、最大1340mmまで足元空間が広がる。43.5度までリクライニングするバックレストを備え、時にオフィスとして、またはリラクゼーションのための居室として、あるいは貴重な睡眠時間を確保する場として、多忙な現代人にプライベートな空間を提供する。

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックのステップボードイメージ

乗員が乗り込む際に静かに登場するステップボード。マイバッハのエンブレムが誇らしげに刻まれる

 

新世代のショーファードリブン

 

導管を塞がないオープンポア仕上げのウッドトリムやナッパレザーなど、インテリアはどこを見渡しても上質な雰囲気が漂う。4シーターの場合、ロック可能なセンターコンソールや、750mlのシャンパンボトルを収納できる大容量の冷蔵機能付きコンパートメントが備わる。アームレストにヒーターを追加することもできるという。

 

リヤシート用のMBUX(メルセデス・ベンツ ユーザー エクスペリエンス)タブレットは7インチのディスプレイを搭載。ホルダーから取り外して使うこともでき、様々なアメニティ系機能の操作を行うことが可能だ。

 

メルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックのドア開俯瞰イメージ

48Vシステムの採用により、「Eアクティブ ボディ コントロール」も搭載可能となった。カメラや各種センサーで路面状況などをスキャンして、各サスペンションを個別に調整。不快な振動やピッチング、ロールを抑制する

 

正統派サルーンであるSクラスのオーセンティック性には敵わぬものの、視界よく乗降性よく室内空間も広く、ずば抜けた威容を誇るメルセデス マイバッハ GLS 600 4マティックは、新世代のショーファードリブンとして注目を集めるだろう。

 

市場への投入は2020年後半を予定している。日本への導入時期、および価格は未定。