新型「ディスカバリー スポーツ」受注開始。 エクステリアを一新、インテリアの質感も向上

ディスカバリースポーツ外観01

Land Rover Discovery Sport

ランドローバー ディスカバリー スポーツ

 

 

ひと目でディスカバリーファミリーと分かるデザイン

 

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは、プレミアムコンパクトSUV「ディスカバリー スポーツ」の2020年モデルの受注を全国のジャガー・ランドローバー・ジャパン正規販売ディーラーネットワークにおいてスタートした。

 

今回、ひと目でディスカバリーファミリーだと分かるデザインへとエクステリアを一新。フロントグリルや前後バンパーを変更し、新たにシグネチャーLEDヘッドライトを採用している。

 

ボティタイプはスポーティな「R-DYNAMIC」を加えた2種類を展開し、ラインアップは全10モデルを揃える。2020年モデルからランドローバー最新のアーキテクチャー「PTA(Premium Transverse Architecture)」を採用したことで、剛性が大幅に進化。走行中のノイズや振動を抑え、安全性と快適性も向上している。

 

ディスカバリースポーツ外観02

エンジンマウント位置が従来よりも低く変更されたことで、低重心化が進み、コーナーリング性能が大幅に向上。同時に高い静粛性も実現している。

 

ディーゼル1機種、ガソリン2機種のエンジンラインアップ

 

エンジンは、最高出力180ps&最大トルク430Nmを発揮する2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(D180)に加えて、2.0リッター直列4気筒INGENIUMガソリンエンジン(P200:最高出力200ps&最大トルク320Nm/P250:最高出力249ps&最大トルク365Nm)の3種類をラインアップ。

 

フロントシャシー部分のアーキテクチャーを刷新したことで、エンジンマウント位置を従来よりも低く設定。低重心化を図り、コーナーリング時のステアリングレスポンスを改善しながら、高い操縦性能と静粛性を実現した。

 

ディスカバリースポーツ内装03

素材を見直すことで、インテリアの質感も向上。7人乗車が可能な3列シートに加えて、多彩なシートアレンジもディスカバリー スポーツの魅力だ。

 

クオリティと耐久性が大幅に向上したインテリア

 

素材を見直したことでインテリアの質感も大幅に向上しており、さらに耐久性を高めている。コンパクトSUVでありながら、7人乗車が可能な3列シートと、スライド&リクライニング機構を備えた40:20:40の分割可倒式2列目シートも採用した。この結果、24通りものシートアレンジを可能にし、実用性と多用途性をさらに強化している。

 

オプションとして、センターコンソールのくぼみに置くだけで、スマートフォンなどの充電が可能になる「ワイヤレス・デバイス・チャージング」や、後方視界が悪い時に視野角50度の高解像度映像をルームミラーに映し出して視認性を高める「ClearSightインテリア・リヤビューミラー」、主要情報をフロントガラスに映し出すヘッドアップディスプレイ(HUD)、スライド&リクライニング機能(2列目シート)など、利便性の高い最新機能も用意されている。

 

路面状況に応じて最適なサスペンション、トランスミッション、トラクションなどの車両設定を自動制御する「テレイン・レスポンス2」や、エマージェンシーブレーキ、クルーズコントロール、レーンキープアシストに加えて、ボンネットがないかのように、フロント下180度の視角を確保する「ClearSightグラウンドビュー」など、充実したドライバー支援システムも標準装備する。

 

 

【車両本体価格(税込)】

ディスカバリー スポーツ D180:513万円

ディスカバリー スポーツ S D180:576万円

ディスカバリー スポーツ R-DYNAMIC S D180:609万円

ディスカバリー スポーツ R-DYNAMIC SE D180:660万円

ディスカバリー スポーツ P200:450万円

ディスカバリー スポーツ S P200:513万円

ディスカバリー スポーツ SE P200:563万円

ディスカバリー スポーツ R-DYNAMIC S P250:589万円

ディスカバリー スポーツ R-DYNAMIC SE P250:639万円

ディスカバリー スポーツ R-DYNAMIC HSE P250:701万円

 
 
【問い合わせ】

ランドローバーコール

TEL 0120-18-5568
 
 
【関連リンク】

・ランドローバー公式サイト

https://www.landrover.co.jp