新型ベントレー フライングスパーに与えられたパフォーマンス&テクノロジー【ベントレー特集】【PR】

ベントレーフライングスパーの走行イメージ

BENTLEY FLYING SPUR

ベントレー フライングスパー

 

 

極上の乗り心地と優れた静粛性

 

今年10月に南仏を舞台として行なわれたベントレー・フライングスパーの国際試乗会。そのときのことを思い起こそうとすると、必ず蘇ってくるシーンがある。フランスの高速道路“オートルート”を制限速度の130km/hで疾走しているのにドライバーである私は、なぜか木漏れ日を浴びながら小鳥のさえずりに耳を傾けているのだ。

 

いや、そんなことは現実的に起こるはずがない。たとえ道ばたに林があってもそれが車線上に木漏れ日を作り出すとは思えないし、高速で走る車内で小鳥のさえずりが聞こえるとも考えられない。だから、その情景は私が脳内で勝手に作り上げた空想でしかないのに、私はいまも木漏れ日の温もりと耳に心地いい小鳥の鳴き声を正確に思い起こすことができる。

 

きっと、フライングスパーがもたらす極上の乗り心地と優れた静粛性を味わった記憶が、私にそのような錯覚をもたらすのだろう。

 

ベントレーフライングスパーのコーナリング

ワインディングでは小型軽量なスポーツカーのように軽快かつパワフルに走る新型フライングスパー。後輪操舵の効果も極めて大きい。

 

小型軽量なスポーツカーをも彷彿とさせる走行性

 

そんな、高速道路では身もとろけるような感覚が味わえるフライングスパーが、ワインディングロードでは小型軽量なスポーツカーもかくやという敏捷な走りを披露したのだから、私は二度驚かずにはいられなかった。しかも、低速から高速までハンドリング特性はほぼニュートラルステアで変わらず、リアのスタビリティ感も文句なし。そして高速道路ではあれほど粛々と回り続けていたW12エンジンが、まるでチューニングを受けたストレート6のようにシャープな吹け上がりを示したのである。

 

つまり、エンジンは静かなのにパワフルでシャープ。シャシーは魔法のじゅうたんのような乗り心地なのにスポーツカー並みのハンドリングを備えていたのだ。

 

ベントレーフライングスパーのW12エンジン

気筒休止システムを装備するW12ツインターボエンジン。環境保全への意識は高いうえ、パワフルで扱いやすさも備える。

 

必要ない時は6気筒のみを働かせるW12エンジン

 

その技術的な根拠は、比較的簡単に説明できる。新型フライングスパーのパワートレインやサスペンションには最新の可変制御技術が目白押しなのだ。

 

たとえばW12エンジンは気筒休止技術といって、あまり多くのトルクを必要としない場合は6気筒分を休止させ、残る6気筒だけを働かせて熱効率を向上させる技術が備わっている。また、燃料を噴射するインジェクターは気筒ごとにシリンダーとインテークマニフォールドの2ヵ所に装備されており、大負荷時はシリンダー内のインジェクター、小負荷時にはインテークマニフォールドのインジェクターが中心的役割を果たして最適な燃焼を実現する。くわえて2基のターボチャージャーと最新のエンジン・コントロール・ユニットが理想的な燃焼を常に維持するのに貢献していることはいうまでもないだろう。

 

ベントレーフライングスパーのリヤからの走行イメージ

4WS=後輪操舵の効果は絶大。こうしたワインディングはもちろん、高速でのレーンチェンジや、街中での取り回しやすさは前作と一線を画するほど。

 

低速では小回り、高速域ではスタビリティを確保する後輪操舵

 

同様のことはシャシーについてもいえる。エアサスペンションは3チャンバー式とされて内部の空気容量を60%もアップ。ソフトでしなやかな足にもソリッドでしっかりした足にも自在に変化できる。48V系を用いたアクティブ・アンチロールバーのベントレー・ダイナミック・ライド・システムも最新の可変技術のひとつ。新型フライングスパーでは、さらにベントレー初の4WSシステム“エレクトロニック・オール・ホイール・ステアリング”まで装備。これも低速域での小回り性から高速域でのスタビリティ確保まで幅広く活躍する。

 

4WDが可変式となったのも、フライングスパーではこの3代目が初めてだ。基本的に前後のトルク配分が40:60で固定だった従来のトルセン式と異なり、新型は電子制御式油圧多板クラッチ式を採用することにより、コーナーの入り口、中ほど、出口のそれぞれで最適なトルク配分を実現。いかにも4WD的な弱アンダーステアではなく、後輪駆動的(実際、トルク配分は全般にリア寄りに設定されている)なステアリング特性を際立たせるのである。

 

ベントレーフライングスパーの走行イメージ

如何なるシーンでも、どのドライブモードを選択しても快適性を維持する技術はベントレーならでは。4ドアのグランドツアラーと主張するだけのことはある。

 

快適性とスポーツ性の共存

 

そのほかにも様々な可変技術が搭載されているのだが、もっとも注目すべきは、それらがフライングスパーに二面性を与えるのではなく、多様性というかある種の奥深さをもたらしている点にある。

 

というのも、二面的といえば、どこかで急激に特性が変化するように思われるが、フライングスパーにそれはない。サスペンションでいえば快適な乗り心地の状態からスポーツカー並みのシャープなハンドリングまで連続的に、そして穏やかに変化していくのだ。だから「動か静か」の二者択一ではなく、「動でもあり静でもある」という一種の多元的状態に思えるのだ。

 

ベントレーフライングスパーのリヤからの走行イメージ

ラグジュアリーの極みとも言うべき快適性と高いパフォーマンスを両立できるのは、100年の歴史があるからこそ。その一貫性もこれまで一切ぶれたことがない。

 

100年かけて辿り着いた奥深き悦楽性

 

同じことはドライバーが抱く悦楽性についてもいえる。フライングスパーはタウンスピードで走っていても深い喜びを味わえるし、速度を高めていっても同様の喜びを堪能できる。愉悦のスイートスポットが広いといってもいいだろう。だから、どれほど長い時間ステアリングを握り続けても飽きることがない。これぞ、グランドツアラーの面目躍如というべき側面である。

 

ベントレーは100年もの歳月を費やして、こうした奥深い悦楽性を生み出す術を手に入れた。それは伝統あるラグジュアリーカーブランドだけに許された奥義というべきものであろう。

 

 

REPORT/大谷達也(Tatsuya OTANI)

 

 

 

 

【SPECIFICATION】

ベントレー フライングスパー

ボディサイズ:全長5316 全幅1978 全高1484mm

ホイールベース:3194mm

トレッド:前1670 後1664mm

車両重量:2437kg

前後重量配分:53.7対46.3%

 

エンジン:W型12気筒DOHCツインターボ

総排気量:5950cc

ボア×ストローク:84×89.5mm

最高出力:467kW(635ps)/6000rpm

最大トルク:900Nm/1350-4500rpm

トランスミッション:8速DCT

駆動方式:AWD

 

サスペンション:前ダブルウイッシュボーン 後マルチリンク

ブレーキシステム:前後ベンチレーテッドディスク

ローター径:前420×40 後380×30mm

キャリパー:前後10ピストン

タイヤサイズ(リム幅):前265/40ZR21 後305/35ZR21

 

最高速度:333km/h

0-100km/h加速:3.8秒

CO2排出量(WLTP):337g/km

燃料消費量(WLTP):14.8L/100km

 

【車両本体価格(税込)】

2667万4000円

 

【問い合わせ先】

・ベントレーコール

TEL 0120-97-7797

 

 

【関連リンク】

・ベントレー公式サイト

https://www.bentleymotors.jp

 

 

Sponsored by ベントレー モーターズ ジャパン