あらゆる“頂”を目指す冒険のツール、ロールス・ロイスのSUV「カリナン」の世界

ロールス・ロイス カリナンのフロントイメージ

Rolls-Royce Cullinan

ロールス・ロイス カリナン

 

 

ロールス・ロイス初の四輪駆動

 

ロールス・ロイス初のSUVとして2018年に誕生した「カリナン」。全長5341mm、全幅2000mm、全高1835mm。ホイールベース3295mm。寸法的にはベントレー ベンテイガに近いがエッジの張ったボクシーなボディはまるで走る金庫のような威容だ。

 

現状、カリナンは、フラッグシップ「ファントム」とベースを共有する唯一のモデルとなる。軽量なオールアルミ製のスペースフレーム構造を用いた「アーキテクチャー・オブ・ラグジュアリー」と、6.75リッターのV型12気筒ツインターボエンジンは基本的に同じ。最大の違いは、カリナンが「ロールス・ロイス初の四輪駆動」という点である。

 

電子制御多板クラッチを用いて前後車軸へトルク配分を行う4WDは、基本的には50:50に設定されている。センターコンソールには、かつてロールス・ロイスに備わったことのない「オフロード」スイッチが用意され、これを押せば4WDやESCの制御が未舗装路向けに切り替わる。同時に車高も40mmアップし、同社の謳う「Effortless, Everywhere(どこにでも、易々と)」が実現する。

 

ロールス・ロイス カリナンのコクピットイメージ

見晴らし性が素晴らしいカリナンの運転席。センターコンソールに備わる「オフロード」スイッチを押せば、4WDやESCのセッティングが“未舗装路”向けのモードに切り替わる

 

ロールス・ロイス的ホスピタリティ

 

カリナンの「史上初」はまだある。たとえばテールゲート。クーペやサルーン、ドロップヘッドというボディバリエーションの歴史はあれど、大きく開口するゲートがリヤに存在するロールス・ロイスはこれまでなかった。音もなくスイッチひとつで開閉するのは当然として、荷室との間にパーテーションを設けることで外気がキャビンへ流れ込まないようにするという、いかにもロールス・ロイスらしい心配りも用意されている。

 

遥か前方まで見渡すことのできるアップライトなポジションもドライバーに安心感と開放感をもたらす。この圧倒的な視野の広さに、2.6トンの巨体をやすやすと運ぶV12の力強さ、しっとり感と正確さが共存する操舵感、ショックの収束が素早いサスペンションがあいまって、運転のしやすさは現行ラインナップ中随一だ。

 

ロールス・ロイス カリナンのリヤビュー

キーを持ったドライバーがドアハンドルに触れると、自動で車高が40mm下がり乗降性を高めてくれる。まるで紳士に手をとられて室内へ導かれるよう

 

また、乗車の際にドアハンドルに触れると車高が40mm自動で下がり、エンジンをスタートすると元に戻る仕組みや、乗り降りの際に足が汚れないようサイドシルをカバーするドアの設計などロールス・ロイス的ホスピタリティが随所に存在する。格納式のチェアとカクテルテーブルを備えた「ビューイングスイート」のアイデアといい、SUVの最高峰を目指そうという冒険心がそこかしこに見える。カリナンは乗る人の冒険心を満たすだけでなく、エンジニア自身にも冒険を楽しませるクルマ。そういうことなのかもしれない。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ロールス・ロイス カリナン

ボディサイズ:全長5341 全幅2000 全高1835mm

ホイールベース:3295mm

エンジン:V型12気筒DOHC48バルブツインターボ

総排気量:6748cc

最高出力:420kW(571ps)/5000rpm

最大トルク:850Nm/1600rpm

トランスミッション:8速AT

駆動方式:AWD

車両本体価格(税込):3967万円

 

 

【問い合わせ】

ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京

TEL 03-6809-5450

 

【関連リンク】

・ロールス・ロイス・モーター・カーズ東京公式サイト

https://www.rolls-roycemotorcars-cornes.com/

 

【関連記事】

現代を走る神話! ロールス・ロイスのフラッグシップ「ファントム」再考