ベントレー ミュルザンヌ、ロングホイールベース仕様の中国限定モデルを製作

公開日 : 2019/12/20 16:55 最終更新日 : 2019/12/20 16:55


ミュルザンヌ中国限定仕様のエクステリア

Bentley Mulsanne “CHINA EDITION”

ベントレー ミュルザンヌ “チャイナ・エディション”

 

 

マリナーが“英国”をテーマに中国向け限定仕様を投入

 

ベントレーのビスポーク部門である「マリナー(Mulliner)」は、フラッグシップモデルのミュルザンヌをロングホイールベースに仕立てた中国市場限定仕様を製作した。英国クルーにおいてハンドメイドで作られた美しいリムジンは、ディテールのそこかしこに“英国製”であることを主張している。

 

ミュルザンヌ中国限定仕様のホイールとウェルカムランプ

リムジンらしく落ち着いた趣を持つ「オニキス」のボディカラーは、ベントレーのラインナップで最も深い黒色となる。フェンダーラインには、アクセントとして手書きでゴールドのラインが入れられた。

 

ボディカラーは味わいの異なるふたつのブラック

 

ボディは2色のシングルトーン仕上げが用意された。「オニキス(Onyx)」はダークブルーをベースにより暗いトーンを混ぜることで、ベントレーが提供するカラーで最も深いブラック仕上げを実現した。一方「ブラックベルベット(Black Velvet)」はブラックチェリーにインスパイアされており、レッドの顔料を含んだより芳醇な味わいを持つカラーと言えるだろう。

 

クルーのミュルザンヌ専用ボディショップにおいてハンドメイドで仕上げられたボディには、アクセントとして職人による手書きのゴールドラインが入れられている。

 

ミュルザンヌ中国限定仕様のインテリア

インテリアは3種類のカラーの組み合わせからチョイスできる。ユニオンジャックと現代のロンドンの街並みをイメージしたロゴマークは、各シートに加えて助手席側のウッドパネルにも入れられた。

 

現代のロンドンの街並みをモチーフとしたロゴマーク

 

インテリアでは、最高級のハンドメイドウッドパネルにメタルとレザーが印象的に配置されている。これらはすべてマリナーのオーダーメイドプログラムによって仕立てられた。各シートには現代のロンドンの風景とユニオンジャックを表現したロゴが刺繍され、このモチーフは助手席側のインストゥルメントパネルにも入れられた。

 

カスタマーは「ニューマーケットタン/バーントオーク」「ファイアグロー/インペリアルブルー」「ショートブレッド/レッドウッド」という、3つの異なるインテリアカラーの組み合わせから選択が可能。これらはマリナーが展開するミュルザンヌ限定のカラーバリエーションから展開されている。

 

ミュルザンヌ中国限定仕様のトレッドプレート

Cピラーには控えめな印象ながらも、マリナー限定ステンレス製トレッドプレートのユニオンジャックが配された。フロントマスクにもオプションの「セレニティグリル」を採用する。

 

マリナー特製ステンレスユニオンジャックプレート

 

21インチの14スポーク「ラディアンス(Radiance)」ホイールは、美しい光沢を放つポリッシュ仕上げをチョイス。また、フロントにはマリナー限定の「セレニティグリル」が装着された。これは複雑なダブルダイヤモンドキルトパターンを採り入れたデザインとなり、標準モデルのストレートベーングリルから大きく表情が変わっている。

 

さらに、ユニオンジャックをモチーフとしたステンレス製「マリナー・トレッドプレート」がピラーに配置され、路面に「Mulliner」の文字を照射するウェルカムランプも採用。ベントレー ミュルザンヌ “チャイナ・エディション”は、中国のカスタマーのみに販売され、価格は装備によって変更される。