TOYO TIRE、オートサロンの展示内容決定! ケン・ブロックと“マッド・マイク”、川畑真人選手も登場【PR】

TOKYO AUTO SALON 2020にTOYO TIRESとNITTOが出展。TOYO TIRESブースイメージ

ドリフトファン必見の3選手がトーク&サイン会を実施

 

 

TOYO TIREは、2020年1月10日(金)から12日(日)にかけて幕張メッセで開催される「TOKYO AUTO SALON 2020」に、TOYO TIRESとNITTOの両ブランドでブース出展を行うと発表した。

 

TOKYO AUTO SALON 2020にTOYO TIRESとNITTOが出展。ケン・ブロックのドリフト

「ドリフトドライバーと言えばケン・ブロック」というくらいの人気者。TOKYO AUTO SALON 2020のTOYO TIRESブースでトーク&サイン会を実施予定。

 

TOYO TIRESのブースは「まだ、走ったことのない道へ。」をテーマに展開し、フラッグシップタイヤの「PROXES」シリーズと、SUV用タイヤブランド「OPEN COUNTRY」シリーズの豊富なラインナップをディスプレイする。また、先日タイヤサイズの拡充を発表した「OPEN COUNTRY」シリーズはホワイトレタータイヤも披露する予定だ。

 

会期中には、TOYO TIREがサポートするKen Block(ケン・ブロック)選手、Team TOYO TIRES DRIFT所属の川畑真人選手、ニュージーランド出身で“マッド・マイク”の愛称をもつドリフトドライバーのMichael Whiddett(マイケル・ウィデット)選手がブースに登場。トークセッションやサイン会を実施し、TOYO TIRESの世界観をアピールする。

 

TOKYO AUTO SALON 2020にTOYO TIRESとNITTOが出展。NITTOブースイメージ

NITTOブースにはアメリカンイメージの車両やSUV・ピックアップ用タイヤ「Grappler」シリーズを展示。チョークアーティストによるライブペインティングも開催する。

 

アメリカのストリートを想起させる世界観が人気のNITTOは、マッスルカーやSUVでブースを飾り、北米で好評を得ているSUV・ピックアップ用タイヤ「Grappler」をはじめとした幅広いラインナップを展示する。ブースの壁面にはSUV・ピックアップユーザーから熱狂的な支持を集める「Mad Grappleer(マッド・グラップラー)」をテーマに、チョークアーティスト「moe」によるライブペインティングも開催。

 

また、前回のTOKYO AUTO SALONでも好評を博したInstagram投稿キャンペーンを展開予定。さらにTOYO TIRESとNITTOの両ブース来場キャンペーンも実施する。

 

 

【開催概要】

TOKYO AUTO SALON 2020

会期:2020年1月10日(金)〜12日(日)

会場:幕張メッセ国際展示場(日本コンベンションセンター/千葉県千葉市美浜区中瀬2-1)

展示ブース:TOYO TIRES(西1ホール125)、NITTO(西1ホール116)

 

 

【関連リンク】

・TOYO TIRE 公式サイト

https://www.toyotires.co.jp/

 

・TOKYO AUTO SALON 2020公式サイト

https://www.tokyoautosalon.jp/2020/

 

 

 

Sponsored by TOYO TIRES