超ハイスペックEV「バッティスタ」上陸! ピニンファリーナの最新ハイパーカー日本発売開始

ピニンファリーナ・バッティスタ発表会のフォトセッション

Pininfarina Battista

ピニンファリーナ バッティスタ

 

 

創業者の名を戴くモニュメント的ハイパーカー

 

アウトモビリ・ピニンファリーナは、2019年12月3日、2020年に発売予定のEVハイパーカー「バッティスタ」を日本で初公開した。

 

バッティスタは、2018年に設立したアウトモビリ・ピニンファリーナが世に放つ、渾身の第一弾。「イタリア史上最強のパフォーマンス」を標榜するフルEVのハイパーカーだ。車名にカロッツェリア・ピニンファリーナ創業主の名前を冠する、モニュメント的な1台となる。

 

日本での販売は、数々のプレミアムブランドを扱うSKYグループが新たにピニンファリーナ・ジャパンを設立し、その窓口を担う。特にショールームなどは設けられていないものの、世界限定150台ということもあり、実際の購入者はピニンファリーナ本社へ出向いて仕様を決めることになる。こうした販売方法は、この手のハイパーカーの場合、けっして珍しくはない。完全なエクスクルーシブな世界、オートクチュールとなるだけに完成までの過程も楽しめる。

 

ピニンファリーナ・バッティスタの俯瞰

ピニンファリーナが自社の風洞実験装置で得たノウハウを最大限に活かし、さらにEVのメリットを重ねることで優れたエアロダイナミクスを実現している。

 

0-100km/h加速は2秒以内

 

パワーユニットはクロアチアのEVスタートアップ・リマック社との共同開発。フロア下およびトンネル部分に120kW分のバッテリーパックを搭載し、各輪に備わる4基のエレクトリックモーターを駆動するEVハイパーカーは、最高出力1900ps、最大トルク2300Nmという前代未聞のスペックと、最高速度350km/h以上、0-100km/h加速2秒以内のパフォーマンスを謳い、最大500kmの航続距離を可能としている。

 

これまでピニンファリーナは、独自の風洞実験装置を用い、数々のスーパースポーツカーのエアロダイナミクスを追求し続けてきたメーカーだ。その実績と歴史、そして実力は、最新のバッティスタのプロポーションにも反映されており、CFD(Computational Fluid Dynamics=数値流体力学)や風洞実験、動的シミュレーションを複合的に活用しながら調整を重ねてきた。

 

有機的で滑らかな造形は、空気抵抗を減らし、冷却効率を高め、ダウンフォースを稼ぎ出す。左右のドアはルーフの一部と一緒に上方へ跳ね上がるデザインとした。テールエンドには2分割形状のフラップを装備。足元には、パートナーシップを結ぶピレリPゼロタイヤと21インチのホイールを組み合わせる。

 

ピニンファリーナ・バッティスタのリヤスタイル

ミッドシップのスーパースポーツを思わせながらも、新世代のハイパーカーらしいデザインに仕上げられたのは、ピニンファリーナの為せる技。近未来の姿を具現化した印象だ。

 

フォーミュラEからの技術をフィードバック

 

現在、アウトモビリ・ピニンファリーナはインドの自動車メーカーであるマヒンドラ・アンド・マヒンドラの傘下にあり、フォーミュラEでもマヒンドラ・レーシングと戦略的提携関係を結んでいる。ゆえに、バッティスタの運動性能には、レーストラックで実証されたフォーミュラEのテクノロジーが積極的に採り入れられているという。テスト及び開発ドライバーを務めているのは元F1ドライバーのニック・ハイドフェルド。しかも開発陣の中には、元ポルシェのエンジニアも在籍し、タイカンを担当した者を責任者として起用。テスラで腕を磨いたエンジニアもいるため、EVにおける技術力と信頼性は保証されたようなものだろう。

 

ピニンファリーナ・バティスタのコクピット

コクピットもハイパーカーらしく、左右に大型モニター、その中央に小型のディスプレイを配置。機能性を重視したデザインにまとめられている。

 

イタリア史上最速のスポーツカーを目指す

 

同車のプロジェクトを総括するのは、バッティスタの孫であり、現ピニンファリーナの会長であるパウロ・ピニンファリーナ。バッティスタ計画の始動にあたっては、アウトモビリ・ピニンファリーナのミハエル・ペンシュケCEO、およびマヒンドラ・アンド・マヒンドラ・グループのアナンド・マヒンドラと以下の点で合意を結んでいる。

 

すなわち「イタリアで設計・製造される最速にして最もパワフルなクルマに、自分の祖父の名をつけること」と「そのクルマは少量生産のハイパーカーであること」。かくして「PF0(ピニンファリーナ・ゼロ)」のコードネームを掲げ、フルEVのハイパーGTのプロジェクトがスタートした。2018年12月には、正式車名がバッティスタとなることを発表している。

 

ピニンファリーナ・バティスタのシート

左右で異なるカラーのシートを採用するとは、カロッツェリアらしいピニンファリーナのセンス。最高速度350km/h、0→100km/h加速2.0秒以下を誇るバッティスタの激しいコーナリング時でも耐えうるようホールド性の高いシートが与えられている。

 

邦貨約2億4000万円、生産総数150台

 

アウトモビリ・ピニンファリーナはトリノ近郊、カンビアーノに拠点を置くピニンファリーナS.p.A.と新たなパートナーシップを締結。バッティスタおよび将来の製品の設計、開発、製造の土台づくりとして、2000万ユーロ(約24億1600万円)を投じている。

 

アウトモビリ・ピニンファリーナは、2018年の創設以来、世界有数の自動車販売会社との提携交渉を続けてきた。今後、世界中に25〜40のディーラー網を整備すると言われている。北米ではロサンゼルス、マイアミ、ニューヨーク、サンフランシスコ、トロント、バンクーバーに、欧州ではロンドン、バーミンガム、モナコ、ブリュッセル、デュッセルドルフ、シュトゥットガルトに、アジアは香港とシンガポール、中東はドバイとリヤドに販売店を展開する予定だ。

 

価格は200万ユーロ(約2億4000万円)で、全150台をハンドビルドで生産。販売するマーケットは北米、ヨーロッパ、アジア、中東で、それぞれ50台ずつの割り当てを計画しているという。ペブルビーチ コンクール デレガンスの週末にも内覧会を実施するなど、限られた幸運なカスタマーとの対面の場は世界中で順次設けられている。

 

次世代ハイパーEV、バティスタの顧客へのデリバリーは2020年末に始まる予定だ。

 

 

【SPECIFICATIONS】

ピニンファリーナ バッティスタ

最大出力:1900ps(1400kW)

最大トルク:2300Nm

最高速度:350km/h以上

0→100km/h加速:2.0秒以下

0→300km/h加速:12.0秒以下

航続可能距離:500km

駆動:AWD(トルクベクタリング機能付き)

駆動モード:5段階可変

ボディ構造:カーボンファイバー製ボディパネル/フルカーボンモノコック/アルミニウムサブフレーム(フロント&リヤ)

バッテリー:120kWh

充電:DC高速充電

ブレーキ:前後6ピストン(カーボンセラミック)

ディスク径:前後390mm

タイヤ:ピレリ Pゼロ(バッティスタ専用 21インチ)

※すべてメーカーによる目標推定値

 

【問い合わせ】

ピニンファリーナ・ジャパン

TEL 03-5798-2121

住所:東京都港区南麻布5-2-32 6F

営業時間:9:00〜19:00

定休日:日曜

 

 

【関連記事】

ピニンファリーナのカスタマー、ヘレス・サーキットでバティスタとフォーミュラEを経験

1900psを発揮するハイパーEV「ピニンファリーナ バティスタ」、公道テストに向けて風洞実験をスタート

ハイパーEV「ピニンファリーナ バティスタ」、トリノ・オートショーで進化したエクステリアを公開