アストンマーティン、「V12 スピードスター」を予告。88台のみのオープン2シーターは2020年後半に発表

アストンマーティン V12 スピードスターの告知イメージ

Aston Martin V12 Speedster

アストンマーティン V12 スピードスター

 

 

2020年後半に正式発表予定のオープン2シータースポーツ

 

アストンマーティンは、2020年1月8日に2シーターオープンの限定モデル「V12 スピードスター」の発売を告知した。正式な発表タイミングは2020年の後半を予定している。

 

V12 スピードスターは、同社のエンジニアとデザイナーがビスポーク部門のQ by アストンマーティンと手を組んで仕立てる特別なモデル。先進のモータースポーツ技術および航空テクノロジーを採り入れた、エンスージアストのためのドライバーオリエンテッドな2シータースポーツカーを作り上げる。

 

アストンマーティン DBR1のフロントイメージ

V12 スピードスターのデザインは、伝説のマシンDBR1がモチーフとなっているという。むろん使用素材やテクノロジーは最新にこだわる。

 

伝説のマシン「DBR1」がデザインの原点

 

V12 スピードスターのデザインは、アストンマーティンのデザインチームとQ by アストンマーティンが組み12ヵ月以上もの時間をかけて綿密に作業を行なった。

 

デザインにインスピレーションを与えたのは、1959年にル・マンとニュルブルクリンク1000kmで勝利した伝説のマシン、DBR1。そして同社創立100周年の2013年に登場したコンセプトカー「CC100 スピードスター コンセプト」にも着想を得ている。

 

ル・マンと世界スポーツカー選手権の両方を同じ年に制したマシンは1950年代を通してたった3台であり、DBR1はそのうちの1台。スポーツカーとしての性能はもちろんのこと、アストンマーティンの信条としてエレガントなデザインも兼ね備えていた。

 

アストンマーティン CC100 スピードスター コンセプトのフロントイメージ

アストンマーティンの創立100周年を祝った2013年に登場した「CC100 スピードスター コンセプト」。このクルマのデザインもV12 スピードスターへヒントを与えているという。

 

V12エンジン+トランスアクスル方式を採用

 

心臓部に搭載するのは同社を象徴する5.2リッターV12ツインターボユニット。出力、トルクはおよそ700ps/700Nmに達するはずだ。

 

有無を言わさぬ性能と官能的なサウンドを奏でるV12にはZF製の8速ATを組み合わせ、ユニットを後軸側に搭載するトランスアクスルレイアウトを採る。

 

アストンマーティン CC100 スピードスター コンセプトとDBR1のイメージ

DBR1とCC100 スピードスター コンセプト。アストンマーティンのマシンにとっては、パフォーマンスだけでなく優雅なスタイリングも不可欠な要素。

 

限定88台で2021年第1四半期に納車を開始

 

アストンマーティン・ラゴンダのアンディ・パーマー社長兼グループ最高経営責任者(CEO)は説明する。

 

「我々の野望と独創性を主張し、かつ比類なき歴史を祝うモデルとして、本日V12 スピードスターの存在を明らかにできたことを誇りに思っています。アストンマーティン史に新たに加わるアイコンのキーを手にできるのは、88人のエンスージアストやコレクターの方々です」

 

88台のV12 スピードスターはすべてハンドビルドで生産される。すでに注文は受け付けており、デリバリー開始は2021年第1四半期を予定している。