ランボルギーニ「Amazon アレクサ」をウラカン EVOに搭載。CES2020において発表

ランボルギーニ ウラカンEVOに搭載されたAmazonアレクサ

自動車メーカーとして初めてAmazon アレクサを採用

 

アウトモビリ・ランボルギーニは、ラスベガスで開催中の電子機器見本市「コンシューマー・エレクトロニクス・ショー 2020(CES 2020)」において、自動車メーカーとして初めて「Amazon アレクサ(Alexa)」を車内システムに統合したことを発表した。この試みは、アウトモビリ・ランボルギーニとAmazonの戦略的コラボレーションの最初のステップとなる。

 

2020年モデルのウラカン EVOからアレクサのシステムが搭載され、Amazonのクラウドシステムをベースとした音声サービスをスタートする。つまり、車内で「アレクサ、私のウラカン EVOに暖房を入れて!」と発声することで、エアコンが作動するというわけだ。アレクサを搭載した最初のウラカン EVOは、1月10日までCES 2020の会場に展示される。

 

ランボルギーニ ウラカンEVOに搭載されたAmazonアレクサ

エアコンやオーディオの操作をAmazonアレクサによって音声で操作できるため、視線を移すことなくドライビングに集中することができると、ランボルギーニはその利点を語る。

 

音声入力の採用により、ドライビングに集中

 

ランボルギーニは、ウラカン EVOにおいて、スーパースポーツとしては初となるデジタルサービスを備えたコネクテッド・インフォテインメント・システムを導入。さらに、今回の発表により、Amazonが展開するアレクサを導入した最初の自動車メーカーとなった。

 

ドライバーは、エアーコンディショナーや室内の照明、オーディオ、シートヒーターなどの機能を音声で簡単に操作できるため、これまで以上にドライビングに集中できるようになる。アレクサのシステムは、ウラカン EVOに搭載される「LDVI ダイナミックセットアップ」に完全に統合されており、ニュースや天気など様々な最新情報を得ることも可能だ。

 

また、自宅で使用しているアレクサとのリンクにより、車両から直接ガレージの入場ゲートを開閉したり、家の冷暖房や照明まで、すべてをコントロールすることができる。

 

ランボルギーニ ウラカンEVO RWDのエクステリア

2020年早々に後輪駆動仕様のウラカン EVO RWDを発表したランボルギーニ。今回、採用が明らかになったAmazonアレクサは、2020年中にも全てのウラカン EVOファミリーで利用が可能になるという。

 

Lamborghini Huracan EVO RWD

ランボルギーニ ウラカン EVO RWD

 

2020年中に全てのウラカン EVOシリーズで利用可能に

 

アウトモビリ・ランボルギーニの会長兼CEOのステファノ・ドメニカリは、今回のAmazon アレクサの導入に喜びを隠さない。

 

「ウラカン EVOは優れたドライバーズカーですが、コネクティビティ性能の進化により、カスタマーはこれまでになく運転に集中することができるでしょう。ランボルギーニは未来を切り開く存在です。車内の様々な制御とAmazonアレクサを統合するのは、自動車メーカーとしては初の試みなのです」

 

Amazonのアレクサ・オート担当副社長のネッド・キューリックもランボルギーニとの協力関係の重要性を強調した。

 

「私たちが目指しているのは、自然で直感的にアレクサを使用できる運転環境です。そして今回、ランボルギーニは車載搭載インフォメントシステムに、アレクサを直接統合することを受け入れてくれました。システムの統合により、ランボルギーニのオーナーは、インテリジェントな音声サービスの利便性を得つつ、同時にランボルギーニのドライビングに集中することができます」

 

ランボルギーニは、2020年早々にウラカン EVOの後輪駆動仕様 (RWD)を発表。RWDを含め、ウラカン EVOの全モデルにおいて、2020年中にもAmazon アレクサの利用が可能になる予定だ。